このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フローリングの傷を身近にあるモノで簡単に目立たなくする方法とは?

フローリングの傷を身近にあるモノで簡単に目立たなくする方法とは?

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月31日

フローリングにうっかり傷をつけてしまうことがある。ショックかもしれないが、浅い傷なら身近にあるモノで簡単に目立たなくできる可能性がある。今回は、フローリングの傷の対処法とともに補修に便利なグッズも紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フローリングの傷は放置NG?

フローリングは、木材特有の温もりを感じられる素晴らしい床材のひとつ。とくに新築なら傷ひとつなく、気持ちのいいものだ。だが、どんなに気をつけていてもフローリングにうっかり傷をつけてしまうことがある。かすかな傷ならまだしも、放置すると思わぬトラブルに発展するケースもあるため注意したい。

フローリングの傷を放置するリスク

フローリングの種類や傷の程度にもよるため一概には言えないが、たとえば凹んだ部分に割れが生じている場合、温度や湿度の影響を受けて割れが拡大することがある。ゴミが溜まれば、その部分だけ湿度が高くなりやすいため症状が悪化することもある。傷から水が侵入しフローリングの内部に達すると、板材の剥がれを招くこともある。

2. フローリングの傷を身近なモノで補修する方法

フローリングの傷は、身近なモノで簡単に補修できることがある。

表面の薄い引っかき傷はハンドクリームで補修

ハンドクリームを乾いた布につけ、フローリングの傷に優しく塗り込んでいく。ワックスが剥がれた程度の引っかき傷なら、これで目立たなくできる可能性が高い。

軽度の凹み傷はアイロンを使って補修

アイロン、雑巾、コップ1杯の水を用意する。まずは雑巾を水で濡らして固く絞り、フローリングの補修したい傷にかぶせる。その上からアイロンを60秒ほどあてる。いったんアイロンを離し、コップの水を雑巾に少量含ませたのち、再度、アイロンを60秒あてる。3回ほど繰り返すと傷が目立たなくなることがある。

これは、フローリングに使用されている木材が蒸気を吸って膨らむためで、特にモノを落としてできた軽度のへこみ傷などに効果を発揮する。フローリングのへこみにお悩みの方は、ぜひ一度試してほしい。ただし、ひっかき傷やえぐり傷などにはあまり効果的ではないため、注意が必要である。

3. 賃貸のフローリング、傷つけたときは?

賃貸物件のフローリングに傷がついた場合、気になるのは賃借人(借主)・賃貸人(大家)どちらが負担するのか、費用は退去費用から引かれてしまうのか、といったことだろう。

経年劣化や通常使用によって生じたフローリングの傷は、賃貸人が費用を負担することが多い。一方、故意・過失・通常使用以外によるフローリングの傷は、賃借人が負担する可能性が高い。

前述の方法やホームセンターの修繕グッズなどを使い、自分で直せるなら直したいと思うかもしれない。だが契約内容によっては、勝手に補修すると問題になることもある。面倒でも、念のため管理会社や大家に確認しておくことをおすすめする。

4. フローリングの傷を目立たなくする便利グッズ3選

フローリングの傷を目立たなくできるグッズは多数販売されているが、その中でもとくに、手軽に使えるものを3選紹介する。なお、掲載価格はすべて税込みで2019年12月12日の調査時点のものだ。最新価格は各サイトでチェックしよう。

高森コーキ「キズかくしカラーパテ」(Amazon価格:999円)

フローリングの傷にパテを流し込んだら、あとは硬化するのを待つだけ。仕上げ不要の便利グッズだ。カラーバリエーションは10種類と豊富なので選びやすいだろう。

建築の友「かくれん棒 ねんどパテ」(公式サイト価格:924円)

必要な分だけカットして練り、フローリングにできた傷を埋めるだけの手軽なパテだ。乾くととても硬くなる。また、ヤスリがけや塗装は24時間経過すれば可能だ。

ハウスボックス「イージーリペアキット」(Amazon価格:3,265円)

リペアスティックを電池式のコテで溶かして埋めるという、少し本格的な補修グッズだ。凹み、えぐれ、線傷などフローリングに生じるさまざまな傷に対応している。

5. フローリングの傷を防ぐ方法

フローリングはどうしても傷がついてしまうものだが、ちょっとした工夫で減らせる傷もある。たとえばイスの脚にカバーやソックスを穿かせる方法や、チェアマットを敷く方法がある。

子どもがいるご家庭では、ラグマットを敷くだけでも、食器やオモチャを落としたときにフローリングが傷つくのを防げるはずだ。

ほかにも、フローリング専用ブラシがついた掃除機や、ヘッド部分に回転ブラシがなくフローリングの傷つきをおさえる掃除機を導入するといった方法がある。

もちろん実用性がもっとも大切だが、こうしたアイテムをそろえてフローリングを傷つきにくくするのもありだろう。

結論

フローリングの傷を身近にあるモノで簡単に補修する方法や市販のグッズを紹介してきた。フローリングがキレイだと気分もいい。気になる傷がある方は、ぜひこの機会にフローリングの修復にチャレンジしてみてはいかがだろうか?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ