このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
毛布の洗い方3選!洗濯機を使わない方法や普段のお手入れも紹介!

毛布の洗い方3選!洗濯機を使わない方法や普段のお手入れも紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月 9日

肌に触れることが多い毛布は、こまめに洗濯をしてキレイにしておきたい。自宅での洗い方からコインランドリーを使った洗い方までポイントを絞って分かりやすくまとめた。毛布を洗う際の注意点などとあわせて参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 毛布の洗い方の基礎知識

毛布の洗い方の前に、注意点を含めた基礎知識を身につけておこう。

毛布の洗濯タグをチェック

毛布の洗濯タグに「洗濯桶(または洗濯機)」「手洗いのマーク(または手洗イの文字)」があれば、自宅でいずれかの洗い方ができる。

洗濯機が対応しているかをチェック

お使いの洗濯機が「毛布」「大物」といった洗い方に対応しているか確認しよう。説明書を開き、その洗濯機で洗える素材かどうか、重さは問題ないかなども確認しておくと安心だ。

毛布の洗濯に使う洗剤と柔軟剤

毛布の洗濯には、素材にやさしい「中性洗剤」がおすすめ。オシャレ着用洗剤があればぜひ使おう。柔軟剤は必須ではないが、使用すればフワッとした仕上がりになる、静電気を抑えられるなどメリットがある。好みで使い分けるといいだろう。

毛布を洗濯する前の準備と注意点

  • 汚れを払い落としておく
  • シミなど気になる汚れは前処理をしておく
  • 洗濯機で洗う際は大きめのネットを用意しておく
  • 色柄物は事前に色落ちチェックをしておく
効率のいい洗い方をするためには事前準備が大切になる。毛布を物干し竿にかけるなどし、表面のホコリなどを払い落としておこう。汚れが気になる部分には中性洗剤の原液を垂らし、キャップの底面でトントン叩いて前処理をしておくと汚れが落ちやすくなる。

また、毛布は水分を含むとかなり重くなる。そのまま入れると洗濯槽が回らなくなって、中断したり故障したりする可能性がある。説明書で洗濯ネットの使用について書かれている場合はそれに従ってほしい。

そのほか、色柄物の毛布を洗う際は念のため色落ちチェックをしておくと安心だ。目立たない部分に中性洗剤を垂らし、しばらく待ってから白い布などで叩いて、色が移らないかどうか確認しよう。

2. 自宅での毛布の洗い方!洗濯機に入らないときは?

自宅の洗濯機を使った洗い方と、洗濯機に入らないとき、または手洗い指定だったときの洗い方を紹介する。

洗濯機を使った毛布の洗い方

  • ネットに入れた毛布を洗濯機に投入する
  • 「毛布」「大物」「手洗い」など優しく洗えるコースで洗う
まずは洗濯機を使った洗い方から見ていこう。汚れている面が外側にくるように毛布を折りたたみ、ネットに入れる。あとは、洗濯機に入れて洗剤をセットし、優しく洗えるコースでスタートすればOKだ。

ただ、毛布は空気を含んでいると浮きやすい。水が溜まった時点で一度停止し、手で沈めながら空気を押し出してあげるといいだろう。

洗濯機以外の毛布の洗い方

  • 浴槽に40℃ほどのぬるま湯をはり、中性洗剤を溶かす
  • 折りたたんだ毛布を浸す
  • 足で全体をくまなく踏み洗いする
  • いったんお湯を抜き、シャワーをあてながら踏み洗いをする
  • キレイなぬるま湯を溜め、踏み洗いですすぐ
  • 「4」「5」を2〜3回繰り返す
以上が、洗濯機を使えないときの毛布の洗い方だ。少し手間は増えるが、どうせ洗うならしっかり汚れを落としたほうがいい。すすぎの水に泡が出なくなったら、浴槽にかけて水を切ろう。

洗濯した毛布の乾かし方

洗い方と同じように乾かし方も大切になる。洗濯機を使ったときは、脱水が終わった時点ですぐに取り出そう。手洗いしたときは、1時間ほど水切りをしてからのほうがいい。

干し方は、物干し竿を2本使う「M字干し」がおすすめ。途中で裏返しつつ、完全に乾くまでじっくり干そう。なお、素材によっては天日干しでダメージを受けてしまうものがある。洗濯タグで陰干しが指定されているときは、風通しのいい日陰に干そう。

3. ダニ対策にも有効!コインランドリーを使った毛布の洗い方

続いて、コインランドリーを利用した毛布の洗い方を紹介する。コインランドリーの場合、高温の乾燥機で乾かすことでダニ対策にもなる。

コインランドリーを使う際のポイント

  • 洗濯タグで水洗いOKかどうかをチェックする
  • やや大きめの洗濯機や乾燥機を選ぶ
自宅での洗い方と同じように、洗濯タグは必ず確認しておこう。とくに「タンブル乾燥」がNGの場合は、乾燥機の使用を控えたほうがいい。また、毛布全体に洗濯液や温風が効率よく行き渡るよう、やや大きめの洗濯機と乾燥機を選ぼう。

コインランドリーを使った毛布の洗い方

  • 洗濯機に毛布を投入する
  • コインを入れる
  • コースが選べるようなら「毛布」などを選んでスタートする
  • 洗濯が終わったら取り出して乾燥機に移す
  • コインを入れ30分を目安に乾燥機にかける
普通の洗濯物の洗い方と同じ流れだ。洗剤は、自動投入のものと手動で投入しなければならないものがある。念のため中性洗剤を持参するといいだろう。30分経ったら一度取り出し、湿っていれば10分ずつ(または100円分ずつ)追加して完全に乾かそう。

4. 毛布は洗い方と同じくらいお手入れが大切

毛布は、洗い方と同様にお手入れも重要だ。肌に触れることが多いため、皮脂や垢、汗といった汚れが溜まりやすい。せっかく洗い方を覚えても、お手入れを怠るとすぐに汚れが溜まり、ダニなどが繁殖してしまう。

毛布のお手入れ

  • 消臭や除菌作用のあるスプレーを吹き付ける
  • 洗濯しなくてもときどき風通しのいい場所に干して乾燥させる
毎日のケアは、ファブリーズなど、布に使える消臭・除菌スプレーを使おう。また、週に1回くらいは天日干しまたは陰干しをして、毛布の湿気を飛ばしておくこともおすすめしたい。

洗い方と同時にお手入れも覚えておけば、キレイな毛布を長くキープできるはずだ。手間はかかるが、ぜひ取り入れてほしい。

結論

毛布は、洗濯機やコインランドリーが利用できれば洗い方は簡単だ。とくにコインランドリーは、お金はかかるがダニ対策になるのでおすすめしたい。また、手洗いとなるとやや面倒だが、汚れを落とせれば衛生的だし、肌触りもよくなる。ぜひチャレンジしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >