このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダニは掃除機で取れない!?一掃できる合わせ技を紹介!

ダニは掃除機で取れない!?一掃できる合わせ技を紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月 7日

掃除機だけでダニを完全に撃退することは難しい。コツは「あわせ技」にある。ダニの駆除に苦労している方は、ぜひ掃除機とのあわせ技を身につけ、実践してほしい。掃除機選びのポイントとあわせてダニの撃退法を解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掃除機では不十分!ダニの駆除が難しい理由とは

ダニは寝具にソファー、カーペットなど布製品に多く存在する。掃除機を掛けただけでは駆除しきれないため、苦労している方も多いのではないだろうか?噛まれれば痒みや皮膚炎のリスクが、死骸やフンを吸い込めばアレルギーのリスクがあるため、できる限り駆除しておきたい害虫の一種だろう。

掃除機だけでは不十分な理由

掃除機で吸い込めるのは、表面にあるダニの死骸やフンなど。生きたダニが吸い込まれることもあるが、多くのダニは全力で繊維にしがみつき、掃除機の吸引に耐えてしまうという。

表面がキレイになることで、一時的なアレルギー対策にはなるかもしれない。だが、生きたダニを減らさなければ、結局死骸やフンはなくならないのである。これが、掃除機だけではダニの駆除が難しいと言われる理由だ。

2. 効果的なダニ撃退は掃除機との「あわせ技」が正解!

正しいダニ撃退法は、生きたダニを駆除したのち、掃除機で死骸やフンをごっそり吸い取ること。まずは生きているダニをなんとかすることが肝心だ。掃除機とのあわせ技を紹介する。

天日干し+掃除機は微妙

もっとも手軽な方法が天日干しと掃除機のあわせ技だろう。だが、天日干しをして乾燥させることはできても、ダニが死滅すると言われる50℃以上の高温になることはほぼない。それに、ソファーなど大型の家具は天日干しするのも大変だ。

しかも、生きたダニは熱くない方へ逃げてしまう。もちろん何もしないよりはマシだが、効率がいい方法とは言い難いのではないだろうか。

薬剤+掃除機

アースやキンチョーなどから発売になっている、防ダニスプレーをシュッと吹き付けて生きたダニを殺す方法は有効だろう。布団以外のソファーやカーペットなどにも幅広く使える。そのうえで掃除機を掛けて吸い込めば、効率よくダニを撃退できるはずだ。

ただし薬剤によるアレルギーの可能性はゼロではない。いきなり使いまくるのは控えたほうがいいかもしれない。

布団乾燥機+掃除機

布団乾燥機の多くに「ダニ退治」的なモードが搭載されている。温風を送りこんで熱でダニをやっつける機能だ。掃除機で吸い込めば、天日干しよりも効率よくダニを撃退できるうえ、薬剤を使用しないのでアレルギーの心配もない。ただ、布団以外のソファーやカーペットなどに応用が利くかどうかは微妙なところだ。

コインランドリー+掃除機

布団やカーペット、ソファーのカバーなどで、丸洗いできるものがあればぜひ、コインランドリーで洗濯と乾燥をしてみてほしい。とくに乾燥機は高温なので、ダニを死滅させる効果が期待できる。家に持ち帰ってから掃除機掛けすれば、表面の死骸などを一気に取り除けるだろう。

3. 布団のダニの駆除におすすめ!掃除機3選と選び方のポイント

あらゆる布製品の中でも、寝具にはとくに多くのダニが潜んでいる。寝ている間に噛まれたり死骸やフンを吸い込んでしまったりするリスクもあるため、入念に掃除機を掛けたい場所でもある。そこで思い浮かぶのが布団掃除機だ。

布団掃除機のメリットとデメリット

ダニの死骸やフンを除去するのに適した掃除機で、コンパクトなものが多い。普通の掃除機を使った場合、別の場所を掃除した際にヘッドに汚れが付着し、そのまま布団に汚れが移ってしまうことがあるが、布団掃除機ならその心配もない(別の場所を掃除しなければ)。

特段デメリットは浮かばないが、強いて挙げれば普通の掃除機と別に購入するコストがかかる点、布団以外には使わないほうがいい点などだろう。

布団掃除機の選び方

掃除機を選ぶポイントは「吸引力/機能」「集じん方式」などだろう。

吸引力/機能

吸引力が強ければ、それだけダニの死骸やフンを吸い込める確率が高くなる。吸引以外に温風でダニを退治する機能などが搭載されている機種もある。

集じん方式

フィルター方式はゴミが溜まると吸引力は落ちるが、フィルターを洗って乾かすだけなのでランニングコストはほとんどかからない。紙パック方式はごみ捨てが簡単だが、紙パックのランニングコストがかかる。

サイクロン式はランニングコストがかからず、吸引力も落ちにくいが導入コストがかかる。一長一短があり、コスパやお手入れのしやすさなどに関わるので、吟味して選びたい。

おすすめ布団掃除機3選

レイコップ「RAYCOP PRO」

約60℃の温風で布団の表面近くにいるダニを死滅させるという布団掃除機。人間工学の観点から設計されており、持ちやすさや操作性を重視したい方にもおすすめしたい。

ダイソン「V7 Mattress」

高い吸引力でダニをはじめとするハウスダストを一気に取り除く、サイクロン方式の布団掃除機。溜まったゴミをワンタッチで捨てられるのも便利だ。

アイリスオーヤマ「強力ふとんクリーナー IC-FAC3」

コスパに優れた布団掃除機ならこちら。布団たたき機能でダニを浮き上がらせてから吸い込むなど、効率よくダニを駆除できる。

結論

ダニの駆除は掃除機だけでは不十分だ。今回紹介した「あわせ技」を、できるところから取り入れて実践してほしい。可能なら、掃除機は布団専用のものを一台導入してみてはどうだろうか?ダニは全滅させることが難しいので、こまめなお手入れを心がけたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ