このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンの臭いの原因は?掃除で臭いのもとを排除しよう!

エアコンの臭いの原因は?掃除で臭いのもとを排除しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月27日

エアコンがなんだか臭うと感じるとき、エアコンの内部には知らないうちにカビや汚れが溜まっている場合がある。それ以外にも、エアコンから臭いがする原因はさまざま。原因に合わせた掃除方法を実践することで、さわやかな風を浴びることができるようになる。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアコンの嫌な臭いの原因は?

エアコンを稼働させると気になる臭い。臭いが発生するケースには、さまざまな原因が存在している。

エアコンの中でカビが繁殖している

エアコンの臭いが気になり始めたら、疑ってほしいのはエアコン内部にカビが発生しているかどうかである。カビは家のあらゆる場所で発生し、湿度や汚れがあることで繁殖を繰り返す厄介な存在だ。エアコン内には水分が残りやすいため、カビが繁殖しやすい環境になりえてしまうのである。

ペットの臭いを吸着してしまっている

ペットを飼っている方であれば、臭いをエアコンが吸い上げてしまっていることも原因となる。普段は鼻が慣れてしまっていて感じにくい場合でも、臭いのこまかい粒子はエアコンのフィルターに吸着されていくのだ。臭いの粒子が溜まり、風とともにエアコンから流れ出ている可能性もある。

こまかいゴミやほこりが詰まっている

家の中を掃除していても、空気中に舞い上がったほこりやこまかい汚れまではなかなか取り切れないものだ。タバコを吸わず、ペットも飼っていないのにエアコンが臭う場合は、エアコンそのものの汚れを排除する必要があるだろう。

2. エアコンの嫌な臭いを取る掃除方法

エアコンから嫌な臭いがするな、と感じた場合、まずは自分で対処してみよう。手軽な掃除道具だけでエアコンの掃除は可能なため、原因に合わせた掃除を試みることをおすすめする。

エアコン掃除の際に使う道具をそろえよう

エアコン掃除を自分で行う場合、専門的な機械はとくに用いない。使うのは以下の4点だ。
  • 雑巾(使わなくなった布でOK)
  • 家庭用掃除機
  • 家庭用洗剤
  • 歯ブラシ
ない場合でも、100均でそろえることができるものが多いため、今後の掃除のために複数用意しておくといいだろう。

エアコン掃除の簡単な手順を紹介

エアコン掃除の手順はそれほど複雑ではない。順序立てて行えば、初めてエアコン掃除を行うという方でも迷わずに終わらせることができるだろう。

1.雑巾を使い、エアコンの外部に付着しているおおまかな汚れをふき取る。

2.エアコンカバーを外してフィルターを取り、掃除機でフィルターに入り込んでいる汚れを吸いだそう。これでおおまかなほこりやペットの毛、ゴミを取り除くことができる。

3.掃除機を使い終わったら、次は歯ブラシと家庭用洗剤でフィルターのこまかい汚れを取り除く。洗剤を使うことでカビの抑制につながる。ひと通りこすったら、水洗いを忘れないようにしよう。

4.フィルターを陰干しで完全に乾かして装着し直せば完了だ。

フィルターを洗うときは、汚れが飛び散りやすいのでお風呂場やベランダで行うといいだろう。また、フィルターを外したついでに送風口の掃除も行っておくと、より臭い対策になる。

3. 自分でエアコン掃除しても臭いが取れない場合の対策

自分でひと通りエアコンの掃除を行ったにもかかわらず、なかなか臭いが解消されないケースもある。その場合の対処法についても知っておこう。

臭いが消えないのは根深い汚れのせい

フィルターや送風口の汚れを落としたのにもかかわらず、エアコンの臭いが消えない場合がある。その場合はフィルターに留まらず、エアコンの内部の深い部分にカビや汚れが付着していることが原因と考えられる。エアコン内部の深い部分を掃除するとなると、家電の専門知識がない方には難しい。業者に依頼したほうが無難であると言えるだろう。

業者に依頼した場合の相場や掃除内容

エアコンのクリーニングを行っている業者に依頼をした場合、相場はおおよそ8,000~16,000円ほどかかる。エアコンの取り付け方や型式、汚れ具合や作業時間によって変わってくることもあるため、あらかじめ見積もりを取っておくといいだろう。プロの業者は、高圧洗浄機や専用の業務用洗剤を用いて掃除を行ってくれる。取り切れなかった汚れを一掃したい場合に利用してみてはどうだろうか。

4. エアコンの嫌な臭いの予防方法

エアコンの臭いを取り除くには、何よりもエアコンに臭いを残さないように普段から意識することが大切である。

こまめな掃除でカビや汚れを定着させない

大掃除の際にエアコンの汚れを一掃することは問題ないが、できる限り普段からこまめにフィルターの掃除を行うべきだ。汚れは一度定着すると完全に取り切るのが難しくなる。その前に手を打っておくのが得策と言えるだろう。

換気や空気清浄機で部屋の空気をキレイにする

部屋の換気をこまめに行ったり、空気清浄機を使ったりして、空気そのものをキレイにすることもエアコンの臭い予防につながる。吸い込む汚れや臭いがなくなることで、エアコンに臭いが定着しにくくなるのだ。

送風機能を使って風通しをよくする

エアコンには送風機能というものが備わっている。エアコンを使ったあと、1時間ほど送風機能を作動させて送風運転を行うことで、エアコン内部から余分な汚れを排出することが期待できる。

洗浄スプレーを多用するのはおすすめできない

エアコン用の洗浄スプレーが販売されているが、洗浄スプレーをこまめにかけるだけで放置するのはあまりおすすめできない。除菌作用があるスプレーと言えど、カビが好む水分が残るうえに、カビが繁殖しやすい養分が含まれているかもしれないからだ。もし洗浄スプレーを使って臭い予防をするのであれば、使ったあとに軽く水分をふき取ったほうがいいだろう。

結論

エアコンの臭いはふとしたときに漂ってくる。こまめな掃除を行い、日々定期的に換気を行うことで予防ができる。しかし、それでも臭いがする場合は大掛かりな掃除を業者に依頼するのも一つの手である。専門的な知識がないと思わぬトラブルを引き起こすこともあるため、極力エアコン内部の深いところは触らないようにしてほしい。適切な掃除方法を用いて、エアコンの風そのものをクリーンにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >