このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電気ケトルの掃除はクエン酸で簡単すっきり!酢の掃除方法も公開

電気ケトルの掃除はクエン酸で簡単すっきり!酢の掃除方法も公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月25日

使いたいタイミングでサッと湯を沸かせる電気ポット。非常に便利で使い勝手のよいアイテムだが、掃除は日頃から行っているだろうか。中身は水だからといって放置していると、水垢や汚れの宝庫にもなりかねない。そこで今回は、クエン酸や酢を使った電気ケトルの掃除術について解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電気ケトルの掃除に用意するものとは

  • クエン酸
  • 重曹
  • 容器
  • 布巾
用意するものは、わずか4つだ。クエン酸や重曹は100均でも販売されているので、手軽に掃除ができるだろう。ちなみに電気ケトルに目立つ汚れは、水道水に含まれているカルシウムやミネラルが熱を帯びて蓄積したものである。また茶色い汚れの多くは、水に含まれる鉄分や不純物が固まったものなのだ。衛生面を考慮すると、飲食物に使用するだけに汚れはできるだけ取り除いておきたい。

電気ケトルに付着している汚れの殆どが、アルカリ性である水垢に分類される。アルカリ性の汚れを分解するのには、酸性であるクエン酸が効果バツグンなのだ。またクエン酸には、水垢を落とす力だけではなく、消臭効果や防菌作用もある。さらに揮発性がないため酸のにおいも残りにくく、自然由来で安全性の高いクリーナーといえる。とくに子どもがいる家庭では、人体に影響の少ないクエン酸であれば、安心して使用できおすすめである。

2. クエン酸を使った電気ケトルの掃除方法と掃除頻度とは

電気ケトルの掃除方法は至って簡単だ。こちらでは、掃除方法や掃除のタイミングについて順に説明していこう。

電気ケトルの掃除方法

内側

  • 電気ケトルの最大容量まで水を入れる。注ぎ口にフィルターが付いている場合は、一緒にケトル内に入れる。
  • そこにクエン酸を大さじ1~2杯入れ、スイッチを入れて沸かす。
  • 沸騰したらそのまま1時間ほど放置する。
  • 中の湯を捨て、水で丁寧にすすぐ。

外側

  • 容器に水100mlと重曹小さじ1杯程度を入れよく混ぜ重曹水を作る。
  • 重曹水を染み込ませた布巾で、電気ケトルの外側を拭く。最後は乾拭きで仕上げる
電気ケトルの内側にはクエン酸、外側には重曹を使う。クエン酸を入れて沸かすだけで、内側に付着していた水垢がすっきりと取り除けるだろう。また重曹は、油分や皮脂を分解する性質があるため、持ち手に付いた手垢汚れなどをキレイに落とすことができる。

電気ケトルは内側だけでなく外側もかなり汚れているので、内側と外側を同時にキレイにするといい。汚れの特性に合わせクリーナーを使い分ければ、効率よく汚れを落とせるのだ。

掃除の頻度

使用頻度の高い電気ケトルは、定期的な手入れが必要となる。掃除の頻度は、およそ1ヶ月に1度を目安にしてほしい。あまりに時間を空けると、再び水垢が発生してしまう恐れもある。衛生的に保つためにも、1ヶ月に1度は掃除を実施しよう。

3. 電気ケトルの掃除には酢も効果的

電気ケトルの掃除には、クエン酸のほかにも同じ酸性である酢も有用なのだ。酢を使った掃除方法を紹介する。
  • 電気ケトルに水を最大容量まで入れ、酢を大さじ1~2杯入れる。
  • スイッチを入れ沸騰させる。
  • 沸騰後1時間以上放置し、中身を捨ててケトル内を丁寧にすすぐ。
基本的な掃除方法は、クエン酸と同様だ。クエン酸が手元にない場合であっても、調味料である酢であれば手軽に掃除できるだろう。ただし、酢はツーンとしたにおいが残りやすいため、気になる方はすすぎの回数を増やすかクエン酸の使用をおすすめする。

結論

電気ケトルに付きやすい水垢などの汚れには、酸性であるクエン酸や酢が効果的である。用意するものが少なく、沸騰させたら後は放置するだけなので手間もかからない。衛生面を守るためにも、ぜひ1ヶ月に1度は電気ケトルの掃除を実践しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ