このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コインランドリーを使って毛布を洗うメリットは?料金、時間の目安も

コインランドリーを使って毛布を洗うメリットは?料金、時間の目安も

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月 8日

毛布の洗濯はどうしているだろうか?コインランドリーが近くにあるなら、ぜひ毛布を洗濯してみてほしい。今回は毛布をコインランドリーで洗うメリット、実際の洗い方や注意点、料金と時間の目安などをお伝えしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 毛布はコインランドリーで洗うべき?

毛布など、大物洗い用のコースが搭載された洗濯機も多い。だが、もし近所にコインランドリーがあるなら一度は毛布を洗濯してみてほしい。コインランドリーをおすすめする理由は、メリットが多いからだ。

コインランドリーを使って毛布を洗うメリット

  • ダニ退治、消臭、殺菌効果がある
  • 早く乾燥させられる
  • ふんわり仕上がる
  • 家の洗濯機よりもキレイになる
コインランドリーのタンブラー乾燥機は高温だ。天日干しよりも高いダニ退治、消臭、殺菌効果が得られる。短時間で乾燥できるので時短になるうえ、毛布が大型のドラム槽の中で回転することによってしっかり起毛し、ふわふわに仕上がりやすい。

洗濯機も大型なので毛布全体に洗剤が行き届きやすく、皮脂、汗といった汚れをしっかり洗い流してくれるはずだ。お金がかかる、持ち運びの手間がかかるといったデメリットを差し引いても、十分利用する価値はあるだろう。

2. コインランドリーでの毛布の洗い方

毛布をコインランドリーで洗うときの予備知識、実際の使い方から乾燥までの手順を解説する。

予備知識

洗剤

備え付けの洗剤が自動投入されるコインランドリーも増えている。したがって基本的に洗剤は不要だが、初めて行くコインランドリーで自動投入かどうか分からないときは、念のため毛布1回分の洗剤を持参しよう。

洗濯ネット

毛布用の洗濯ネットがあれば事前に準備しておきたい。素材が傷んだり、毛玉ができたりするのを防ぐためだ。

小銭の用意

コインランドリーの多くは100円玉しか使えない。両替機がない場合、ジュースなどを買ってくずす羽目になるので、できれば小銭を用意していこう。

洗える毛布と洗えない毛布

  • 洗える:アクリル、ポリエステル、マイヤー、マイクロマティークなど
  • 洗えない:カシミヤ、シルク、キャメル、ウールなど
毛布によって若干異なるが、基本的に洗える毛布と洗えない毛布はこのように分かれる。念のため洗濯表示を確認し、洗濯がOKかどうか確認しておこう。

乾燥機OKの毛布とNGの毛布

コインランドリーはタンブラー乾燥だ。洗濯表示の乾燥機に「×」がついていたり「タンブラーはNG」といった注釈があったりした毛布の場合、コインランドリーではなく天日干しや陰干しで乾かそう。

洗濯方法

洗濯ネットに入れた毛布を洗濯機にセットする。洗剤を手動で投入するときはこのタイミングで入れよう。あとはお金を入れてスタートボタンを押せば自動で脱水まで進む。なお、洗濯機は大きさに余裕があるものを選ぶことをおすすめする。

乾燥方法

洗濯が終わったら毛布を取り出し、洗濯ネットも外して乾燥機に入れる。お金を入れてスタートボタンを押せば乾燥が始まる。乾燥が終わったらすぐに取り出して畳もう。なかなか取り出さない利用者もいるが、次の方が使えないし盗難のリスクもあるので気をつけたい。

3. 毛布はいくら?コインランドリーの料金と時間の目安

コインランドリーに行って毛布を洗濯し乾燥までした場合、料金や時間の目安も覚えておこう。

料金と時間の目安

  • 洗濯:500〜600円(30〜40分)
  • 乾燥:400〜500円(30〜40分)
毛布1枚をコインランドリーで洗濯・乾燥した場合の目安だ。毛布の枚数や洗濯機の大きさ、乾燥時間、またコインランドリーによっても異なるが、トータル1,000円前後、時間にして60〜80分程度と思っておくといいだろう。

4. コインランドリーが使えない毛布は?

コインランドリーでは洗えない毛布、または洗えるがコインランドリーのタンブラー乾燥が使用できない毛布は、次のいずれかでキレイにしよう。

洗濯・手洗いはOK、タンブラー乾燥がNG

洗濯表示にしたがい、家庭用洗濯機または手洗いで汚れを落とし、風通しのいい場所で自然乾燥させる。浴室乾燥機があれば効率的なので利用したい。完全に乾かすことが雑菌を繁殖させないコツになる。毛布によっては1〜2日かかることもあるので、時間に余裕があるタイミングで行う。

洗濯・手洗い・タンブラー乾燥すべてNG

普段は天日干し(陰干し)などで対応し、汚れや臭いが目立ってきたらクリーニングに出す。コインランドリーよりもコストはかかるが、その代わりプロがキレイに仕上げてくれる。

結論

毛布は家でも洗えるが、近くにコインランドリーがあるならぜひ一度、使ってみてほしい。ただし洗濯機やタンブラー乾燥が可能かは事前に確認しておこう。コインランドリーでふわふわに仕上がった毛布でゆっくり寝るのもいいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >