このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リビングにテーブルを置く?テーブルのメリットと便利な活用方法

リビングにテーブルを置く?テーブルのメリットと便利な活用方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月20日

リビングは家族のくつろぐスペースとして活用される。そのスペースにテーブルを置くかどうかレイアウトをどうするかは悩みどころではないだろうか。テーブルを置くことによるメリットとデメリットを知り、どう配置するのがいいのか、ご家庭にあったスタイルを考えてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リビングテーブルの正しい選び方

リビングにテーブルがあるとなにかと便利である。食事面や学習面、コミュニケーション面にそれぞれメリットがある。
もちろんテーブルを置かない場合のメリットもあるため、家庭にあった選択をしてほしい。

食事面

リビングにテーブルがあると食事をとるスペースとしても活用することができる。キッチンの近くにテーブルがあれば、作った料理を運ぶのも簡単になる。
また、テーブルがあればくつろぐ場所と食事をする場所との区別を付けられるため、生活にメリハリを付けやすい。

学習面

テーブルは学習机としても活躍する。近年ではリビングで勉強をする「リビング学習」がスタンダードになりつつあるのだ。
リビング学習は適度な騒音があり集中力をアップさせる効果があるため、成績アップが期待できるといわれている。

コミュニケーション面

リビングにテーブルがあるとコミュニケーション面でもメリットがある。
料理をしながら子どもと会話ができたり、勉強を教えたりできるため親子の絆が深まるのだ。

逆にテーブルを置かない場合のメリットとしては空間を広く使える、小さいお子さんがいる家庭でも安全に生活できるなどがある。

空間を広く使える

テーブルはだいたいはテーブルのみでなく、椅子もセットになってくる。大きな家具を置くとそれだけ圧迫感が生まれてしまう。
テーブルを置かない場合は圧迫感もなく、空間も広く使うことができる。

小さなお子さんがいる家庭でも安全に生活できる

家具にはどうしても角というものがある。角を丸く削ったり、クッション材を取り付けたりしても小さなお子さんがいる家庭ではどうしても不安材料となってしまう。
周りへの注意力が低いお子さんがいる家庭ではそういった危険性をなくすためにも、テーブルを置かないことがメリットになる。

2. リビングテーブルの正しい選び方

リビングテーブルにはたくさんの種類があるため、どういったタイプがいいのか迷ってしまう。そんな方には、サイズと形、素材・塗装などをポイントに選んでほしい。

サイズ

サイズを決める場合は理想と現実の照らし合わせが大切である。理想のサイズをまず考えてみてほしい。
だいたい1人あたりに必要なスペースは横幅60〜70cm、奥行き30〜50cmほどである。
上記の数値をもとにサイズを考え、次に現実と照らし合わせてほしい。
実際にテーブルを置くスペースにテーブルを置いたと仮定し、動線をみる。
椅子に座るためには椅子の後ろに60cmほどのスペースが必要となり、座っている人の後ろを人が通る場合、90〜150cmほどのスペースが必要となる。
動線を確保できないようであれば、形状を変更するなど工夫が必要となる。

リビングテーブルの形状には一般的な長形テーブルだけなく、角に丸みがありお子さんがいる家庭でも安心して使える角丸型テーブル、座る人数を限定しない円形テーブル、壁面に設置でき自由にレイアウトできる半円形テーブルや変形テーブルなどがある。
テーブルの足の数も4本だけでなく2本のタイプもある。

素材・塗装

リビングテーブルに使用されている素材は購入後のメンテナンスに大きく関わってくる。
天然の素材をそのまま使用した無垢材や薄くスライスした木材をベニヤ板などにはりつけた突板、熱や汚れなどに強いメラミン樹脂など素材は様々である。
塗装にもオイル塗装やウレタン塗装とあり、同じ素材でも見た目が大きく異なってくる場合がある。

3. リビングテーブルのDIYアイデア事例集

リビングにテーブルを置く場合、レイアウトにはこだわってほしい。設置の仕方ひとつで部屋が広く見えたり、使い勝手にも繋がってくる。
収納スペースを作ったり、活用の幅を広げることも可能である。

テーブル下に収納スペース

リビングテーブルのしたに突っ張り棒を取り付け、掃除道具を引っ掛けると、テーブルでのアクシデントにすぐに対応することができる。机の上だと邪魔になってしまう道具でも机の下なら邪魔にならないのでおすすめである。
アイアンバーを2本設置するとトレーやフードカバーを収納するスペースとして使うこともできる。

DIY

小さいリビングテーブルであれば、ご自身で作成することも可能である。
100円均一で販売されている材料のみで作ることのできるDIYもあるので、休日の楽しみにもなる。

結論

リビングテーブルには多くのタイプがあり、家庭にあったタイプを探すのは大変である。部屋が狭かったり、特殊な形をしていると規定のサイズでは満足のいく商品を見つけられない場合もある。しかし1点ものの商品などもあり、こだわって見つけた家具であれば愛着もわいてくるものである。コミュニケーションの場としても有効なテーブルなのでぴったりな商品を見つけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ