このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
狭い部屋の収納不足を解消するアイデアとは?根本を解決する裏ワザも

狭い部屋の収納不足を解消するアイデアとは?根本を解決する裏ワザも

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月 7日

賃貸など一人暮らしの方はとくに、狭い部屋の収納不足にお悩みではないだろうか?うまく収納するコツや、狭い部屋の収納不足を根本から解消するためのアドバイスをお送りする。ぜひ参考にしていただき、自分なりの収納方法につなげてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 狭い部屋でもうまく収納するコツはある?

狭い部屋の収納問題には「単純に収納スペースが足りない」場合と「空間をうまく使えていない」場合がある。

そもそも狭い部屋でクローゼットがない、押入れがないといった場合は物理的に仕方がないため悩ましい問題だ。だが、狭い部屋に加えて空間をうまく使えていないことが原因で収納不足に陥っているなら、解消できる可能性がある。

デッドスペースを埋める

たとえば狭い部屋はクローゼットも狭いことが多い。その場合、クローゼットの上段に「前後2列」になっているハンガーラックを設置しよう。奥行きを生かして収納力をアップさせるのがコツだ。

チェストベッドはもはや鉄板

もうひとつ、引き出しが多いチェストベッドを設置するのも、狭い部屋においては重要な収納方法となる。何を(どういった大きさのモノを)収納するかなど事前に吟味し、それに見合ったチェストベッドを選ぼう。

多機能ソファもあなどれない

狭い部屋にピッタリな、収納庫が付いているソファベッドもある。寝るときにソファさえ広げられればOKなので、ベッドを設置するよりもスペースを有効活用できるだろう。空いたスペースを収納に回せればベストだ。

上記は一例だが、このように狭い部屋でも収納力をアップさせるコツはある。もう少し具体的に、どういったアイデアがあるか見ていこう。

2. 狭い部屋の収納問題を解消するためのアイデア

狭い部屋の収納問題を解消するアイデアをいくつか紹介する。実際にはお住まいの部屋の形状などによっても変わってくるが、少しでも狭い部屋の収納に悩める方のヒントになれば幸いだ。

ロフトベッドを設置する

ベッドひとつ分のスペースがあれば、下段にテレビまたはデスク、本棚などをまとめて収納できる。狭い部屋の収納にお悩みなら、ロフトベッドはぜひ検討したいアイテムだ。

クローゼットを自作する

メタルラックなどを設置し、突っ張り棒を通した布で隠せば立派なクローゼットになる。狭い部屋で圧迫感が不安だという方は、明るめの色の布を使うといいだろう。もしくは、メタルラックではなくハンガークローゼットを購入する方法もおすすめだ。

クローゼットに収納するアイテムは丈の長さ順にする

狭い部屋でもクローゼットがあるなら、その収納力を最大限に生かしたい。端にコートなど丈が長いアイテム、中央に向かうにしたがってTシャツなど丈が短いアイテムをかけていく。するとクローゼットの下部にスペースが生まれる。そこへ見合うサイズのカラーボックスを置いていくというアイデアだ。要するに「枡記号」のようにするわけだ。

見せる収納を取り入れる

収納スペースを新たに創り出す余裕がない場合もあるだろう。たとえば、ラダーシェルフ(壁に立てかける、はしご型をした収納アイテム)を設置してモノをかけたり、よく着る服はハンガーラックにかけて出しておいたりなど、「見せる収納」のテクニックも狭い部屋では重要になる。突っ張り棒にS字フックをかけるだけでも色々なアイテムを収納できる。ぜひ試してみてほしい。

3. 狭い部屋の収納問題を根本から解消する裏ワザ

狭い部屋に加えてモノが多すぎることで収納不足になっている場合、根本を見直すことが大切になる。狭い部屋だから、収納自体が最初から足りなかったからと諦めず、少し視点を変えてみよう。

断捨離とまではいかなくても、本当に必要なアイテムとそうでないアイテムを分けられれば、レンタルクローゼットに預ける、フリマアプリなどで売却する、捨てるなどしてモノを減らせるはずだ。

たとえば服などは「また着るかもしれない」と思ってなかなか捨てられない方も多いだろう。だが、狭い部屋で収納不足に陥っているなら、その根本を見直すしかない。季節モノはある程度仕方がないにせよ、たとえば
  • よく着る服
  • 半年などしばらく着ていない服
に分けて数週間〜数カ月過ごしてみよう。それでも着なかった服は、今は必要ない服なのかもしれない。期限を設けることで気持ちも切り替えやすくなるので、モノを減らすことにも目を向けてみることをおすすめしたい。

結論

狭い部屋に限らず、収納不足に悩んでいる方は意外と多い。工夫して収納スペースを創出することとあわせて「モノを買うときはスペースを作ってから」「本当に必要なモノを見極める」など、自分自身とモノとの付き合い方を見直す機会にしてみるのも、大いに意味があるのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ