このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
要らなくなった洋服を処分する方法!ゴミとして出しても大丈夫?

要らなくなった洋服を処分する方法!ゴミとして出しても大丈夫?

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年3月23日

タンスの中に着なくなった洋服があふれ、置き場所に困っていないだろうか?そのようなときは思い切って洋服を処分してしまおう。要らなくなった洋服をお金をかけずに処分する方法や、燃えるゴミに出しても大丈夫かについて解説していく。洋服を処分するベストなタイミングやメリットも紹介するので、ぜひこの機会にタンスやクローゼットをスッキリさせよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洋服を処分するベストタイミング

ほしい洋服を次々と購入していると、タンスやクローゼットの中身が増える一方だ。手持ちの洋服の中に着ない服があると、置き場所が圧迫される、タンスの中が片付きにくい、服を探すのに時間がかかってしまうなどと、さまざまなデメリットがある。

そこで、いらない洋服は定期的に処分して部屋をスッキリさせよう。洋服を処分する時期や基準は人それぞれだが、迷った場合は以下の項目に当てはまるかどうかで処分を決めるのもいいだろう。

・その洋服を1年間まったく着ていない
・サイズが変わって着られなくなった
・デザインが流行のものではない
・似たような洋服がいくつもある

「いつか着るかも」と取ってある洋服は思い切って処分を

「サイズが合わないけれど痩せたら着るかも」「お下がりで親戚にあげるかも」と思っていると、洋服はなかなか捨てられない。着たり渡したりする予定が立っている場合は取っておくのもいいが、曖昧なときは思い切って処分したほうがいいだろう。「いつか使う」と思っているだけでは、何年も処分できずにタンスの肥やしになってしまう可能性が高い。

2. 洋服を処分するメリット

洋服はたくさん持っていればいいものでもない。ここでは、洋服を処分することで得られるメリットを見ていこう。

タンスやクローゼットがスッキリする

スペースは有限なので、洋服の置き場所は限られる。要らない洋服を処分すると、タンスや衣装ケース、クローゼットが片付き、見た目がキレイになるというメリットがある。整理整頓や掃除がしやすくなり、部屋の中がスッキリするだろう。

持っている洋服を把握しやすくなる

洋服が多すぎると、持っている服の把握が難しくなる。そのため同じような服を何着も購入したり、どの服をどこにしまったかわからなくなって、探すのに手間取ったりすることも。処分して量を減らすことで大切な洋服を把握できるようになり、お金と時間の無駄をなくすことにもつながるのだ。

3. 不要になった洋服を無料で処分する方法

せっかく洋服を捨てるのなら、費用をかけずに処分したい。ここからは、要らない洋服を無料で処分する方法を紹介しよう。方法は複数あるので、それぞれのメリットや手間なども考え、自分に合ったものを選んでほしい。

NPOやボランティア団体に寄付する

処分したい洋服がまだ着られるのなら、寄付するというのも1つの選択肢だ。寄付できる先は、NPO法人やボランティア団体などさまざまだ。洋服が流行のデザインでない、サイズが合わないなどの理由で処分したい場合は検討してみるといい。
ただし、NPO法人やボランティア団体によっては洋服を送る送料が必要なところもある。お金をかけたくない場合は、送料や手数料が無料の団体を探してみよう。

フリマアプリで出品する

近年流行しているのが、フリーマーケットサイトで販売するという方法だ。メルカリやラクマなどのフリマアプリを使えば、スマートフォンで写真を撮って簡単に出品できる。もし売れれば、要らない洋服がお金になるという利点もある。洋服の状態がいい場合はぜひ使ってみるといい。

買い取り業者に売る

洋服をリサイクルショップに持っていき、買い取ってもらうという方法もある。梱包する手間や送料の支払いがなく便利だが、状態によっては買い取り不可の場合や、ノーブランドの洋服を受け付けていない店もあるので注意しよう。

回収ボックスに入れる

洋服メーカーの販売店や百貨店には、洋服を入れるだけでリサイクルしてくれるボックスを設置しているところもある。要らない洋服がリサイクルされるので、手軽なうえエコな処分ができるだろう。メジャーなところではユニクロやGU、無印良品などに設置されている。

4. 洋服は燃えるゴミとして処分できる?

あまりにも状態の悪い洋服は、売ったり寄付したりするのはNGだ。そういうときは、要らなくなった洋服を「燃えるゴミ」として処分するといい。
ただしゴミとして処分する際は、お住まいの地域のゴミ出しルールに従わなくてはいけない。洋服は「燃えるゴミ」とされるのが一般的だが、地域によってはまれに「資源ゴミ」として扱われることもある。処分する前に、必ずその地域のルールを確認しよう。

結論

要らなくなった洋服を処分する方法はいくつもある。買い取り業者やフリマアプリに売るとお金になる可能性もあるが、店に持ち込んだり梱包したりするのが面倒な場合は店頭の回収ボックスに入れる、傷んだ服などはゴミとして出すなど、自分に合った方法で処分してほしい。不要な服を処分し、部屋をキレイにして気持ちもスッキリさせよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >