このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ふきん掛けをきちんと選ぶといいことだらけ!選ぶコツとおすすめ紹介

ふきん掛けをきちんと選ぶといいことだらけ!選ぶコツとおすすめ紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年5月21日

「ふきん掛け」は、地味ではあるがご家庭には欠かせないアイテムのひとつだ。「100均などで間に合わせのために買ったふきん掛けを、結局今も使い続けている」というご家庭も多いのではないだろうか?ふきん掛けは、きちんと選べばいいことがたくさんある。選ぶコツやおすすめを紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お使いのふきん掛け、満足している?

「ふきん掛けなんてどれも同じ」と思っていないだろうか?ふきんを掛けるだけなので確かにその通りなのだが、少し視点を変えたりこだわりを持って選んだりしていくと、意外と利点が多いことに気がつくはずだ。

「ふきん掛け」をきちんと選べばいいことだらけ

キッチンのシンクの上に直接ふきんを置くと、ふきんがなかなか乾かないため雑菌が繁殖し不衛生になってしまう。生乾きのようなニオイがすれば要注意だ。ふきん掛けを使うことで効率よく乾燥させられれば、雑菌の繁殖を抑制できる。

また、ふきんをどこに置くか定まっていないご家庭もあるだろう。シンクのフチに置いたり蛇口に掛けたりすれば、それらの場所に雑菌が付着してしまうかもしれない。ふきん掛けを設置する場所が決まれば、おのずとふきんの定位置も決まる。これによりキッチン周りがすっきりすることだってある。

それに、最近ではデザイン性にすぐれたふきん掛けも登場しているし、ラップなどを一緒に掛けられる多機能のふきん掛けも販売されている。ふきん掛けには、キッチンまわりの「どこかゴチャッとした感じ」を一気に解消してくれる可能性がある。

このように、ふきん掛けは選び方ひとつでいいことがたくさんある。今お使いのふきん掛けに対して「何となく使いにくい」「ほとんど使っていない」と不満のある方は、この機会にふきん掛けを見直してみてはいかがだろうか?

2. ふきん掛け選びで目をつけるべきポイント

ふきん掛けはさまざまな種類が販売されているので、選ぶときに目移りしてしまうかもしれない。ご家庭に合ったふきん掛け選びのためにも、次のポイントに目をつけよう。

設置方法

ふきん掛けには大きく「スタンド」「引っ掛け」「マグネット」タイプがある。シンク周りなどスペースに余裕があるなら、スタンドタイプが使いやすいだろう。購入する際は、ふきんが下につかない高さであること、必要な枚数を掛けることができることなどがポイントだ。

一方、スペースに余裕がないなら、吊り戸棚などに引っ掛けて使うタイプが向いている。吊り戸棚の下はもともとデッドスペースになりやすいので、空間を有効に使うという意味でもおすすめだ。ただし、吊り戸棚のすぐ下に電球などがある場合、ふきんで影ができることもある。

冷蔵庫の横やレンジボードなどにピタッと貼り付けられる、マグネットタイプのふきん掛けも便利だ。吸盤式のものもあるが、安定感に勝るものとしてはマグネットをおすすめしたい。

乾きやすさ

複数枚のふきんを掛けたとき、ふきん同士の距離が密接していると乾きにくい。それどころか、一方のふきんの雑菌が他方のふきんに移ってしまうかもしれない。これでは本末転倒だ。高さが異なる、ふきん同士の距離が一定以上確保されているなど、ふきんを掛けたときに通気性がよさそうなものを選ぼう。

素材

サビにくさを重視するなら「ステンレス製」のふきん掛けがいいだろう。普段のお手入れも容易なので、清潔に保ちやすいのもポイントだ。一方で、色の種類やデザインが豊富なのは「スチール製」。ステンレスと比べるとサビには弱いかもしれないが、ふきん掛けの色や質感なども楽しみたいという方はスチール製のほうが探しやすいだろう。

使わないときの収納のしやすさ

ふきん掛けを常設しておくのか、使うときだけ出してくるのかといった使い方も考えておこう。後者なら、使わないときに折りたたんでコンパクトに収納できるものがおすすめだ。

3. おすすめのふきん掛け3選

最後に「スタンド」「引っ掛け」「マグネット」に分けて、おすすめを紹介しよう。

高儀「3連フキンスタンド」

スタンドタイプのふきん掛け。同時に3枚まで掛けることができ、それぞれ高さが異なるなど乾きやすさ、使いやすさ(取りやすさ)などが考えられている。スチール製でシンプルなホワイトカラーなので、いろいろなキッチンに合わせやすい。

ニトリ「吊り戸棚用ふきん掛け」

ニトリでは、吊り戸棚に引っ掛けて使用するステンレス製のふきん掛けを販売している。360℃回転するアームで、未使用時はコンパクトに寄せておくことができる。アームがW構造のため通気性が高いのも特徴だ。

山崎実業「マグネット布巾ハンガー タワー」

冷蔵庫の横などに手軽に取り付けができる、マグネットタイプのふきん掛け。スチール製のアームが3本付いており、それぞれ高さが異なる。設置スペースに余裕がない、吊戸棚では使いにくいといったご家庭に最適だろう。

結論

ふきんを衛生的に保つには、ふきん掛けが欠かせない。キッチンの環境などによって適したふきん掛けが変わってくるので「どこにふきん掛けがあると便利か?」「何枚かけられればよいか」などを決めてから絞り込んでいくといいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >