このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
温水洗浄便座のノズルは掃除が必要?清潔に保つ方法を紹介

温水洗浄便座のノズルは掃除が必要?清潔に保つ方法を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年8月 5日

温水洗浄便座のノズルに汚れがついていないか、気になっている方は多いだろう。自動で洗浄するタイプもあるが、それだけでは清潔に保つのは難しい。この記事では、ノズルをキレイに掃除する方法を解説する。掃除に必要な道具や清潔に保つための頻度なども詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 温水洗浄便座のノズル掃除が必要な理由

ノズルの掃除が必要な2つの理由について解説する。温水洗浄便座を汚れたままにするとどうなるのか、先に確かめておこう。

汚れが付着しやすい

トイレを使用したあとに温水洗浄便座を使うと、ノズルに汚水が跳ね返る。洗浄する機能がついていても、毎日使用していれば全てを除去するのは難しい。

汚れが付着したままだと、雑菌が繁殖するリスクがあるだろう。不潔なのはもちろん、噴射する水からの細菌感染といった可能性も考えられる。

掃除を怠れば汚れが蓄積されていくので、黄ばみなども発生しやすい。水を噴射する穴に詰まってしまえば、温水洗浄便座の故障にもつながるだろう。

カビに注意

カビが生えるためには、湿気と温度、栄養分が必要だ。常に水がたまっているトイレは湿度が高く、温水を噴射することで温度もあがる。ノズルにはエサになる汚れが付着するので、カビが発生しやすい条件がそろう。

カビが生えたまま温水洗浄便座を使用すれば、健康への被害も考えられる。カビが発生を防ぐためにも、小まめにノズルを掃除することが重要だ。

2. 温水洗浄便座のノズル掃除の頻度

温水洗浄便座のノズルをキレイに保ち、カビや詰まりといったリスクを減らすためには、定期的な掃除を行いたい。簡単な掃除と本格的な掃除、2つの頻度について解説する。

簡単な掃除は週に1回

ノズルをサッと拭くだけの簡単な掃除は1週間に1回ほど行おう。時間はそれほどかからないので、隙間時間で無理なく掃除ができる。

日常の汚れを除去することで細菌やカビへの対策ができる。掃除を行う曜日を決めておけば、忘れる心配が少ないだろう。

本格的な掃除は月に1回

トイレを使う人数や頻度でも変わるが、月に1回は本格的な掃除を行いたい。洗剤を使ってノズルを掃除することで、頑固な汚れもスッキリと落とせる。

普段は行わない細かい部分までキレイにすれば、雑菌やカビの繁殖や詰まりなどのトラブルを防げる。しっかり掃除するために、道具を用意しておこう。

3. ノズル掃除に必要な洗剤や道具

ノズルを掃除する前に準備しておきたい洗剤や道具について紹介する。掃除が楽になるアイテムと合わせて紹介するので、ぜひ用意してほしい。

ノズル掃除に必要な道具

簡単な掃除ならゴム手袋と布だけでOKだ。月に1回の掃除や汚れがひどい場合には、台所用中性洗剤を合わせて使おう。

また、細かい部分を磨きたいなら、使い古しの歯ブラシを用意する。綿棒や布を巻いた割り箸でも代用ができるので、使いやすい道具を選ぼう。

掃除が楽になるお助けアイテム

水拭きの代わりに流せる掃除用トイレシートを活用すれば、サッと取り出せて後片付けも簡単だ。除菌ができるタイプが多く、ノズル掃除に使うことで清潔に保ちやすくなる。

また、吹きかけるだけのノズル専用クリーナーがあれば、簡単に細かい部分まで掃除できる。時短にもつながるので、日頃のお手入れにぜひ取り入れてほしい。
商品情報
商品情報

4. トイレやノズルの掃除方法

温水洗浄便座ノズルの掃除について、詳しい方法をチェックしていこう。一緒に行いたい便座掃除の方法と一緒に解説するので、トイレを清潔に保ちたい方は必見だ。

ノズルの出し方

ノズル掃除専用のスイッチがあるなら押すだけでOKだ。自動で収納するように設定されているタイプもあるので、掃除中に戻ってしまったときはもう一度押そう。

また、掃除用のボタンがない場合、長押しなど一定の操作を行うことでノズルがでるタイプもある。説明書や公式ホームページで先に確認しておこう。専用の操作がないなら、手で先端をつまんで引っ張ることで出すことが可能だ。

ノズル掃除のやり方

1週間に一度の掃除であれば、布を使って水拭きをする。汚れがひどい場合や月に1回の掃除をするなら、水に溶かした台所用中性洗剤を含ませて拭こう。

ノズルの穴や付け根などの細かい部分は、使い古した歯ブラシや綿棒で磨く。汚れが落ちたのを確認したら、付着した中性洗剤を水拭きで拭き取ろう。

便座の掃除も一緒に行おう

汚れやすい便座はノズルと一緒に掃除しよう。薄めた台所用の中性洗剤を含ませた布を使って、水拭きをしていく。そのあとは便座のフタや便器、裏側なども、同じように拭いていこう。

あとは3分以内に水拭きをして、中性洗剤を落とせば終わりだ。掃除をしたあとは、便座と中のフタをしばらく開けておこう。

結論

毎日使うトイレは清潔に保ちたい。温水洗浄便座のノズルは汚れが付着しやすいので、定期的な掃除が必要だ。週に1回の軽い掃除を習慣にすれば、雑菌やカビへの対策になる。加えて月1回ほど台所用中性洗剤を使い、徹底的に汚れを落とせば完璧だ。家族が安心して使えるトイレになるよう、地道な努力を続けてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ