このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯機周りの収納まとめ!スッキリ収納するコツやオシャレなアイデア

洗濯機周りの収納まとめ!スッキリ収納するコツやオシャレなアイデア

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

監修者:整理収納アドバイザー 鳥山修史 (とりやましゅうじ)

2020年9月23日

洗剤や洗濯ネットなど、ランドリー用品を収納する洗濯機周りは散らかりやすい。収納スペースが足りなくなることで悩んでいる方は多いだろう。この記事では、洗濯機周りを使いやすく収納するコツと、場所別やアイテム別の収納術について紹介する。簡単にまねできる事例集や、アイテムの購入におすすめの店舗と併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯機周りをオシャレに収納するコツ

洗濯機周りをオシャレに収納したいならコツを覚えておこう。実践すればスッキリと収納できるので、ぜひチェックしてほしい。

生活感を隠す

洗濯機周りは洗剤や洗濯バサミなどの雑多なアイテムが多くなりがちだ。そのまま置くとゴチャゴチャした印象になり、生活感がでてしまう。

見えないように収納することで生活感を隠せる。洗剤や柔軟剤はパッケージがカラフルなので、形をそろえたシンプルな容器に詰め替えるのがおすすめだ。

色を合わせる

収納グッズや洗剤の容器は色を合わせると統一感がでる。洗濯バサミやハンガーなどの小物の色とも合わせてそろえておくと、スッキリとまとまった印象になるだろう。

洗濯機周りだけではなく、洗面所とのインテリアと合わせることも重要だ。テイストやカラーを決めてから収納グッズをそろえていけば、オシャレな洗濯機周りになる。

使用頻度で分類

洗濯機周りの収納は使いやすさが重要だ。よく使用するものとあまり使用しないものを分類して、不要なものは処分する。よく使用するものは出し入れしやすい場所にまとめて収納して、そのほかは奥や高い位置に置くと使いやすくなるだろう。

2. 洗濯機周りの収納術【場所別】

洗濯機の上と洗濯機の隣の空間を活用する方法を紹介する。洗濯機周りのスペースを生かすことで、収納力をアップさせることが可能だ。

洗濯機の上の空間

収納スペースが足りないならランドリーラックの設置がおすすめだ。洗濯機の上のデッドスペースを活用でき、使いやすく収納できる。デザインやサイズもさまざまなので、洗濯機周りにあったものを選ぼう。

ランドリーラックには置型と突っ張り棒型があるので、使いやすいタイプを選んでほしい。置型は収納力にすぐれた商品が多い、突っ張り棒型は省スペースで設置が簡単といったメリットがある。

洗濯機の隣の空間

洗濯機の隣に空間があるなら縦長の引き出し収納を並べよう。洗剤のストックがスッキリ収納でき、生活感を隠せる。スペースが狭いなら、珪藻土マットスタンドの置き場所にしてもよいだろう。

また、突っ張り棒とワイヤーネットを使えば洗濯機周りのかける収納になる。天井から床まで2本の突っ張り棒を設置して、その間に結束バンドでワイヤーネットを固定しよう。S字フックやフック付きのカゴをかければ、使いやすい収納になる。

3. 洗濯機周りの収納術【アイテム別】

洗濯機周りに置く洗剤や洗濯バサミ、ハンガーの収納にはコツが必要だ。散らからないように、アイテム別に収納する方法を紹介しよう。

洗剤

液体洗剤や柔軟剤は詰替え用のボトルに、粉洗剤や粉の漂白剤はフタ付きのケースに入れる。オシャレなデザインの容器でそろえれば、洗濯機周りの見せる収納になるだろう。

同じ容器に入れると中身がわからなくなるので、ラベルで分類するのがポイントだ。詰め替えのストックは雑多な印象があるため、中身が見えない収納ケースに入れて並べるとよいだろう。

洗濯バサミとハンガー

バラけやすい洗濯バサミやハンガーは収納ケースに入れる。角ハンガーにはスッキリと収まるサイズの紙袋を使えば、そのまま移動して使用できるだろう。

また、ハンガー収納にはファイルボックスがおすすめだ。斜めにカットされたタイプを横置きにして棚に入れれば出し入れがしやすい。洗濯機周りでは水を使う機会が多いので、プラスチック製を選ぼう。

4. 洗濯機周りの収納アイデア事例集

洗濯機周りの収納アイデアについて3つ紹介しよう。どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてほしい。

マグネットフック収納

洗濯機横にマグネットフックを取り付けるアイデアだ。洗濯機周りの狭い場所を活用した吊るす収納になるので、ショッピングバックなどもかけられる。洗濯ネットやハンガーなどの小物を入れれば、使うときにサッと取り出せるだろう。

洗濯ネット収納

大きめの洗濯ネットの中に洗濯ネットをまとめて入れれば、スッキリと収納できる。大きさで分類すると使うときにもわかりやすい。マグネットタイプのタオルバーを洗濯機横につけて、洗濯バサミで挟んでおくのがおすすめだ。

排水口上ラック

ホースと排水溝を隠せる排水口ラックを洗濯機周りの収納に活用する。上にカゴやケースを置くことで、デッドスペースの有効活用が可能だ。市販の商品を購入してもよいが、設置スペースに合わせてDIYをしてもよいだろう。

5. 洗濯機周りの収納に便利なアイテムを買うなら?

洗濯機周りで活躍する収納便利グッズは、どこで購入できるのだろうか?3つのお店の特徴について紹介するので、選ぶときの参考にしてみよう。

ニトリ

洗濯機周りになじみやすいシンプルなアイテムが特徴だ。機能的な収納アイテムがそろい、ランドリーラックだけでもいろいろな種類がある。洗濯バサミやハンガーなどの小物と収納グッズをニトリで統一すれば、スッキリとした洗濯機周りになるだろう。

100均

収納ボックスやファイルケース、詰替えボトルが100円で手に入る。同じアイテムを複数用意すれば、小物やランドリー用品の分類に使用することが可能だ。カラーやデザインが豊富なので、自宅の洗濯機周りに適したアイテムが見つかるだろう。

IKEA

スウェーデン発のIKEAならではのアイテムが多い。日本のアイテムと違った魅力がある、オシャレなデザインを楽しむことが可能だ。インテリア性を追求したいなら、IKEAの収納グッズをぜひ活用してほしい。

結論

洗濯機周りを使いやすくする収納のコツとアイデアを紹介した。工夫すれば収納力は格段にアップし、隠すことで生活感をなくせる。スッキリとしたオシャレな洗濯機周りを目指して、紹介した方法をぜひ取り入れてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ