このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
Tシャツを収納しやすいたたみ方とは?便利な100均グッズも紹介

Tシャツを収納しやすいたたみ方とは?便利な100均グッズも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月13日

Tシャツのたたみ方は人それぞれだ。ざっくりとたたむ人もいれば、コンパクトにたたむ人もいるだろう。Tシャツは、大きさを揃えてキレイにたたむことで収納しやすくなり、シワの予防にもなる。そこで今回は、Tシャツを収納しやすいたたみ方と、収納に便利な100均グッズを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 半袖Tシャツのたたみ方

半袖Tシャツは長袖Tシャツに比べて袖が短いのでキレイにたたみやすい。Tシャツをたたむのが苦手な人は、まず半袖Tシャツで練習しよう。ここでは、半袖Tシャツのキレイなたたみ方を紹介する。

半袖Tシャツのたたみ方

まずは、Tシャツの背中側を上にして広げる。次に、両方の脇の部分を中心に集めるようにTシャツを長細く折る。このとき袖が横からはみ出る場合は中に折り込むとよい。最後にすそを襟に重ねるようにして二つ折りにし、Tシャツを表に返せば完成だ。こうすることで、胸部分が表にくるので、襟や柄を確認しやすくなる。

平置きする場合はこのまま収納すればよいが、立てて収納する場合は引き出しの高さに合わせて、さらに二つ折りや三つ折りにするとよい。引き出しの高さギリギリにたたむのではなく、やや小さめに折るのがポイントだ。半袖の場合は袖が短いので、小さく折ってもかさばりにくい。

早くたたむ裏ワザ

まず、Tシャツを表向きに置く。このとき、自分の右手側に襟、左手側にすそがくるように横向きに置くとたたみやすい。次に、Tシャツの縦半分、横4分の1の線が交わる点を左手でつまむ。脇の斜め下あたりを目安にするとよいだろう。

右手は、つまんだ点の延長線上が肩と交わる点をつまみ、そのまま延長線上のすそ部分も一緒につまむ。両手でTシャツをつまんだままTシャツを持ち上げ軽くはらうと、Tシャツの表が正面を向く形になる。最後に左右対称になるように形を整えれば完成だ。

少しややこしいが、慣れれば数秒でたためるようになるだろう。半袖Tシャツ以外の衣類にも応用できるたたみ方なので、一度試してみてほしい。

2. 長袖Tシャツのたたみ方

長袖Tシャツも半袖Tシャツと同様にたたむことができるが、袖が長いぶん、たたんだときに厚みが出やすい。ここでは長袖Tシャツをたたむときのポイントと、かさばりにくいたたみ方を紹介する。

袖の折り方がポイント

長袖Tシャツは半袖Tシャツと同じ方法でたたむことができる。まず背中側を上にして置き、両方の脇部分を中心に集めるように折る。半袖Tシャツと違うのは、ここで袖が余ることである。長袖Tシャツの場合は、肩部分の縫い目に沿って袖を内側に折り込むとキレイに仕上がる。

あとは、すそを襟に合わせるように二つ折りにして表に返せば完成だ。引き出しに収納する場合はここから三つ折りや四つ折りにするとよい。半袖Tシャツよりもかさばるので、収納スペースは広めに確保しておこう。

米軍式でコンパクトにたたむ

米軍式とはミリタリーロールとも呼ばれるたたみ方で、Tシャツをコンパクトに収納するときに便利なたたみ方である。かさばりやすい長袖Tシャツもコンパクトになるので、収納スペースが狭い人にもおすすめだ。

まず、Tシャツを広げて置き、すそ部分を5~10cm程度折り返す。次に、Tシャツを縦3等分になるように折り、細長い長方形を作る。長袖の場合は、肩の縫い目に沿って折り込んでおくとよい。最後に襟からすそに向けてくるくると巻いていき、生地をすそに入れ込むようにすれば完成だ。

3. Tシャツ収納に便利な100均グッズ

Tシャツのキレイなたたみ方をマスターしたら、次は収納の整理整頓方法も知っておこう。ここではTシャツ収納に便利な100均グッズを紹介する。

Tシャツロール

Tシャツロールはプラスチックの薄い板で、Tシャツを丸めて固定するのに便利な100均グッズだ。両端にツメと差込口があり、Tシャツのサイズに合わせてしっかりと固定できるのが特徴である。

使い方は簡単で、たたんだTシャツをTシャツロールの上に置き、ツメを差込口に通すだけで完成だ。立てて収納しづらい薄手のTシャツも自立するので、倒れにくくなる。たたむときの補助としておすすめのグッズである。

ブックエンド

Tシャツを引き出しに収納する際は、仕切りがあると便利だ。100均にも仕切りに使えるグッズが揃っている。本を立てるのに使用するブックエンドは、Tシャツを立てるのにも便利である。引き出しの中で好きな場所に置けるので、Tシャツが増えたり減ったりしたときでも対応できるのが特徴だ。

不織布ケース

不織布ケースは、Tシャツを種類ごとに分類するのに便利な100均グッズである。折り返すことができるタイプなら、引き出しの高さに合わせて調整することも可能だ。ケースで仕切ることで、Tシャツを持ち運ぶことができるようになるので、衣替えのときにも便利なグッズである。

結論

Tシャツをキレイに収納するためには、まずキレイなたたみ方を知る必要がある。長袖Tシャツは袖のたたみ方に注意すれば、キレイにたたむことができる。裏ワザや米軍式のたたみ方を活用して、Tシャツを早く、コンパクトにたたむこともできる。収納の補助として100均グッズを使うのもよいだろう。たたみ方や収納グッズを工夫して、自分に合った収納方法をみつけよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ