このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ティッシュまみれになった洗濯物や洗濯機を簡単にキレイにする対処法

ティッシュまみれになった洗濯物や洗濯機を簡単にキレイにする対処法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年12月13日

洗濯機でティッシュを一緒に洗ってしまって大失敗、なんて苦い経験はないだろうか。ポケットに入っていることに気づかず一緒に回してしまうと、散り散りになったティッシュが衣類にこびりついてとるのが大変だ。そこでこの記事では、洗濯物にまとわりついたティッシュを除去する方法やティッシュまみれになった洗濯機の掃除方法について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なぜ落ちない?洗濯物がティッシュまみれになる理由

洗濯物にこびりついたティッシュは、つまみ取るにも範囲が広すぎて本当に厄介なものだ。なぜ落ちないのか頭を抱えることも多いだろう。それもそのはず、衣類はそもそも異なる素材のもの同士が擦れ合うと静電気を発生させてプラスとマイナスの力でくっつこうとする性質がある。ティッシュもこの衣類の性質と同じように、タオルや衣服など異素材と擦れ合うことで帯電し、洗濯物にベッタリこびりついてしまうのだ。

さらにティッシュは柔らかい素材でできているので、洗濯機の回転でバラバラになりやすい。つまりティッシュが洗濯物にまとわりつくのは必然なので、洗濯物がティッシュまみれにならないように、あらかじめポケットにティッシュが入っていないかしっかり確認しよう。

2. 洗濯物にまとわりついたティッシュの洗い方

洗濯物にまとわりついたティッシュを洗濯機で取り除く方法を紹介する。とても簡単なので、家族分の洗濯物をまとめてキレイにしたい方におすすめの方法だ。

【ティッシュまみれの洗濯物の洗濯手順】
  • ティッシュがついたままの洗濯物を洗濯機に入れる
  • 柔軟剤かお酢(約200ml)を入れる
  • すすぎ1回+脱水1回で洗濯する
  • 洗濯槽・フィルター・排水ホースを掃除する
柔軟剤やお酢には静電気を防止する働きがあるので、洗濯物に貼りついたティッシュを効率的に落とすことができる。お酢に関してはニオイ移りすることはほとんどないので心配いらない。どちらも身近にあるものなので、手っ取り早い方法として覚えておくとよいだろう。また洗い終わったら目詰まりや再付着しないように、フィルターや排水ホース、洗濯槽を忘れずに掃除しよう。

3. 洗濯物が乾いてからティッシュを取る方法

ティッシュまみれになった洗濯物を、洗濯以外でキレイにする方法を3つ紹介する。

洗濯物を乾燥させる

ティッシュがまとわりついた洗濯物は、濡れたままの状態よりも乾いているときのほうが取りやすい。そして自然乾燥よりも乾燥機またはサーキュレーターなど風の力を利用して乾かしたほうが、ティッシュを吹き飛ばせるので効率的に除去できる。

ネットで除去する

玉ねぎなどの根菜類を入れる野菜ネットも、まとわりついたティッシュを取り除くのに便利だ。 なお、三角コーナーや排水口にかぶせる水切りネットなどで代用してもよい。使い方は簡単で、手にネットをはめて濡れた状態の洗濯物を手前から奥へと撫でるだけでOK。ネットの網目にティッシュが絡まるので、一度で広範囲をキレイにできる。洗濯槽や周囲に飛び散ったティッシュの掃除など、後片付けに時間を割きたくない方におすすめの方法だ。

粘着ローラーや掃除機を使う

ネットを使ってもティッシュが残ってしまう場合は、粘着ローラー(コロコロ)や掃除機を使ってみよう。粘着ローラーは衣類を傷めないようにティッシュの付着している部分に優しく当て、転がせばOK。掃除機も衣類を吸い込まないように先端部を外して弱めの風に調整し、ティッシュがついている部分に当てるだけよい。ただしこれらを使う際は、洗濯物が完全に乾いてから行うことを覚えておいてほしい。

4. ティッシュまみれになった洗濯機の掃除方法

前にも少し触れたが、ティッシュまみれの洗濯物を洗った洗濯機は、次の洗濯に備えて掃除する必要がある。とはいえ手順は簡単なので、要点を押さえてキレイにしよう。

1.洗濯槽の表面についているティッシュを拭き取る

まずは、底や洗濯槽など目に見える範囲のティッシュを取り除こう。

2.標準コースで洗濯機を回す(すすぎと排水)

洗濯機に満水まで水を入れ、すすぎと排水をする。ここまでで、洗濯槽に残ったティッシュはほぼ取り除くことができる。

3.糸くずフィルターに溜まったティッシュを取り除く

ティッシュがパンパンに溜まっている可能性があるので、フィルターは必ず掃除しよう。掃除しないまま次回使うと、残っていたティッシュが再び洗濯物についてしまうので要注意だ。フィルターにティッシュがへばりついて取れにくい場合は、ゴミの反対方向からシャワーを当てて押し流す方法がおすすめ。最後に洗濯槽にフィルターが確実にはまっていることを確認して、掃除完了だ。

結論

洗濯完了を告げる、洗濯機のメロディー。フタを開けた瞬間、目の前にティッシュまみれの洗濯物が現れたら一気に気持ちが沈んでしまう。まずは日頃から家族全員でポケットの中をチェックする心がけが大切だ。そして万が一の出し忘れに備えて、やはり洗濯機のスイッチを押す人が最後に確認するほうが安心といえるだろう。そしてもし洗濯物がティッシュまみれになってしまったら、この記事を参考にして取り除いてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ