このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
柔軟剤スプレーはふわりと香る!おすすめの使い方と注意点をチェック

柔軟剤スプレーはふわりと香る!おすすめの使い方と注意点をチェック

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年5月23日

柔軟剤の柔らかな香りを好む方は多いだろう。柔軟剤スプレーを手作りすれば、シュッと吹きかけるだけで好みの香りを楽しめる。この記事では、お気に入りの柔軟剤を使って作る柔軟剤スプレーについて紹介しよう。使い方や作り方、チェックしておきたい注意点など、気になるポイントをまとめた。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 柔軟剤スプレーとは

まずは柔軟剤スプレーの基礎知識について解説する。使用するメリットと併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

柔軟剤スプレーとは?

柔軟剤スプレーとは柔軟剤に水を混ぜて作る手作りのスプレーだ。衣服や布製品に吹きかけるだけで、ふんわりと広がる香りを楽しめる。

洗濯機に入れて使う柔軟剤よりも使いやすく、外出前や外出先でも手軽に吹きかけられるのが特徴だ。簡単に作れていろいろな用途で活用ができるので、ぜひ試してみてほしい。

柔軟剤スプレーのメリット

柔軟剤には衣服のシワを取ったり静電気を防止したりといった効果がある。柔軟剤スプレーとして使っても、これらの効果は変わらない。

また、柔軟剤は香りにこだわった商品が多く種類も豊富だ。自分で気に入った柔軟剤を使用でき、使う商品を変えればまた違った香りが楽しめる。手軽に作れるため、季節やシーンで使い分けができるだろう。

2. 柔軟剤スプレーの効果的な使い方

柔軟剤スプレーにはさまざまな用途で活用できる。簡単に実践できる4つの使い方について詳しく解説しよう。

香水の代わり

柔軟剤スプレーを香水として使う方法だ。華やかな香りが多い香水だが、使い方によっては周囲の迷惑になる。人工的な強い香りが苦手と感じる方もいるだろう。

衣服に使用する柔軟剤は主張しすぎない柔らかな香りが魅力だ。水で薄めた柔軟剤スプレーはほのかに香るので、いろいろなシーンで活用できる。洗濯物に柔軟剤を使うより香りが持続しやすいのもメリットだ。

ファブリックスプレー

布製品に吹きかけるファブリックスプレーとして使用する。カーテンや布製のソファー、カーペットにシュッとひと吹きすれば、空間で香りを楽しむことが可能だ。消臭効果がある柔軟剤を使うと消臭剤としても使える。

衣服のシワ取り

柔軟剤スプレーをシワ取りスプレーとして使用する使い方だ。シワが気になる部分に多めに吹きかけたらハンガーでつるして乾かそう。頑固なシワへの効果は薄いが、軽いシワへの応急処置としておすすめだ。

拭き掃除に使う

柔軟剤スプレーを使って掃除をしよう。シュッと吹きかけて布で拭けば、コーディング作用で汚れがつきにくくなる。柔軟剤には静電気を防止する効果があるため、ホコリの吸着も防げるだろう。

フローリングや窓ガラス、ドアノブ、鏡など、さまざまな場所の拭き掃除に活躍する。窓やガラスを磨くときは新聞紙と合わせて使うと効果的だ。使いやすい大きさにカットして、クシャクシャに丸めた新聞紙で拭こう。

3. 柔軟剤スプレーの作り方

柔軟剤スプレーの作り方は簡単だ。詳しい割合や手順について解説するので、ぜひ試してみてほしい。

使用する柔軟剤の選び方

使用する柔軟剤は自由なので、好みの香りから選ぼう。柔軟剤として使うよりも濃くなることを考慮して、香りの強さに注目して選ぶのがポイントだ。

香り以外の効果を期待するなら成分にも注目してほしい。ファブリックのにおい消しは消臭、掃除なら除菌効果がある柔軟剤を選べば、より高い効果を期待できる。

柔軟剤スプレーの作り方

柔軟剤スプレーの作り方は、材料をスプレーボトルに入れてしっかりと混ぜるだけだ。また、消臭効果がある重曹を入れて溶かせば、消臭効果を実感できる。

■柔軟剤:25ml
■水(水道水):500ml

作る量を調整したい場合は水100mlにつき柔軟剤5mlが目安になる。柔軟剤の量が多いと濃くなりすぎるので、5%以下になるように薄めて調整してほしい。重曹は水100mlに2.5gくらいの量をプラスしよう。

アトマイザーが便利

アトマイザーとは、香水を持ち運ぶときに使うコンパクトなスプレー付き容器だ。柔軟剤スプレーを入れれば手軽に持ち運びができる。香りが薄くなったり食べ物や汗のにおいが気になったりしたときに、サッと吹きかけられるだろう。

4. 柔軟剤スプレーを使う際の注意点

手軽に作れる柔軟剤スプレーだが、いくつか注意点がある。トラブルやリスクを避けるために、あらかじめチェックしておこう。

短期間で使い切る

柔軟剤と水を混ぜると雑菌が繁殖しやすくなる。雑菌が繁殖した柔軟剤スプレーを使用すれば、香りが変わったり肌への悪影響が出たりといったリスクが発生するだろう。

3~4日くらいで悪くなることもあるので、それまでに使い切れる量を作ることが重要だ。使用後のスプレーボトルはキレイに洗って清潔に保つようにしてほしい。

つけすぎに注意

香水よりも香りが穏やかな柔軟剤スプレーでも、つけすぎには注意が必要だ。強すぎる香りは周囲の人を不快にし、気づかないうちに迷惑をかけることもある。

衣服から少し離して数回ほどプッシュするくらいで十分に香るだろう。香りの強さは柔軟剤によって異なるので、つける量は適度に調整してほしい。

肌が弱い人は避ける

人によっては、柔軟剤に含まれる化学物質でアレルギーを引き起こすリスクがある。(※1)柔軟剤スプレーは洗濯に使う場合よりも濃度が濃くなるので、リスクはさらに高くなるだろう。

肌に直接つけないように注意して、肌のかゆみや頭痛が起きるようなら使用は中止する。肌が弱い方やアレルギーがある方は、使用は避けた方がよい。

結論

柔軟剤スプレーは、水道水と柔軟剤で簡単に手作りができる。お気に入りの柔軟剤を、香水の代わりやファブリックスプレー、掃除に活用してほしい。ただし、柔軟剤スプレーは長期間放置すると雑菌が繁殖するため、短期間で使い切ることが重要だ。アレルギーのリスクもあるので、合わないと感じたらすぐに使用を中止しよう。
(参考文献)
※1出典:葛飾区役所「柔軟剤などのにおい製品によるアレルギーにご注意ください」
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000059/1003400/1021087.html
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月23日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ