このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレタンクの掃除方法を徹底解説!頑固な汚れは重曹で落とせる?

トイレタンクの掃除方法を徹底解説!頑固な汚れは重曹で落とせる?

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

鉛筆アイコン 2021年10月11日

トイレ掃除はこまめにしていても、トイレタンクまではできていないというご家庭も多いのではないだろうか。今回は、トイレタンクの掃除方法について、わかりやすく解説していく。頑固な汚れの落とし方やおすすめの洗浄剤、注意点などをまとめていくので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. トイレタンクの掃除の必要性とは?

トイレタンクには、どのような汚れが溜まるのだろうか。まずはその汚れの正体と、放置するリスクについて解説しよう。

トイレタンクに溜まる汚れとは?

水で満たされているトイレタンク内には湿気がこもり、雑菌が繁殖しやすい。掃除をせずにいると、「黒カビ」「ヌメリ」「水垢」などの汚れが溜まっていく。

掃除をせずにいるとカビや黒ずみの元に

トイレの水を流すと、タンク内の汚れが水と一緒に便器に流れていく。すると、便器にもカビが付着し、繁殖しやすくなってしまう。掃除をせずに放置すると、トイレタンクだけでなく、便器のカビや黒ずみの元にもなるのだ。しっかりとトイレ掃除をしているにもかかわらず、黒ずみや嫌なにおいが気になる場合、タンク内の汚れや発生したカビが原因として考えられる。

2. トイレタンクのふたを開けて掃除する方法

トイレタンクの掃除方法は、大きく分けて2パターンある。「ふたを開けて掃除する方法」と「ふたを開けずに掃除する方法」だ。まずはふたを開けてタンク内を掃除する方法から解説していく。

用意するもの

  • トイレ用中性洗剤
  • 布(掃除用シートでもよい)
  • 歯ブラシ
  • マイナスドライバー
  • ゴム手袋

止水栓を閉めてふたを外す

まずマイナスドライバーを使って止水栓を閉める。トイレタンクのふたを慎重に外したら、邪魔にならない所に置いておこう。

基本の外し方は上に持ち上げるだけだ。ただし、手洗いが付属しているタイプだと、ナットで固定されていることもある。1人で作業するのは難しいので、協力者にふたを持ってもらい、スパナを使って外していこう。

ふたの裏にも汚れが付着するので、布とトイレ用中性洗剤を使って拭き掃除をする。中ぶたがついている場合は、一緒に外してキレイにしておくとよい。

トイレタンク掃除の手順

  • トイレ用中性洗剤をトイレタンクの内部にかける
  • 使い古した歯ブラシや布を使ってこする
  • 止水栓を緩め、タンクに水を貯めてふたを戻す
  • レバーを回して水を2回流す
トイレのタンク内は、中性洗剤をつけた布や歯ブラシを使い、細かい部分までこすって黒カビを落とす。トイレのタンク内にはパイプや部品があるので、ゴム手袋をつけて手を保護し、部品を外さないように注意しながら掃除しよう。タンクの底も同様に、中性洗剤をつけた布や歯ブラシを使い、細かい部分まで黒カビをこすって落とそう。汚れが落とせたら、止水栓を緩めて水をタンクに貯め、ふたを元に戻す。このとき、止水栓を閉め過ぎると水がタンクに貯まらない。反対に緩め過ぎるとタンクから水が溢れてしまうため、必ず止水栓を調節してからふたを元に戻そう。最後に水を2回流して、洗剤も流し、トイレタンクの掃除は完了だ。

トイレタンクの頑固な汚れは重曹が効く

水に溶けにくい重曹には研磨作用があり、トイレタンク内の頑固な汚れ掃除にも効果を発揮する。歯ブラシに重曹をつけて、汚れをこすり落としてみよう。

サンドペーパーを使う方法もあるが、タンクの素材によっては細かい傷がつくため、最終手段と考えるべきだ。傷がつくとその部分に汚れが溜まりやすくなるため、あまり推奨はできない。

3. トイレタンクのふたを開けずに掃除する方法

続いて、ふたを開けずにトイレのタンク内を掃除する方法を解説しよう。

洗浄剤を使えばふたを開けずに掃除できる

専用の洗浄剤を使って雑菌や汚れを除去すれば、黒カビの発生を抑えることが可能だ。フタを外す必要がなく、誰でも手軽に掃除ができる。

洗浄剤を使ったトイレタンクの掃除方法

  • 水が流れる穴から洗浄剤を投入する
  • 2時間ほど放置したあとに水を流す
トイレ用の洗浄剤は、ドラッグストアなどで販売されている。トイレタンク上部にある、水が流れ込む穴から洗浄剤を投入しよう。手洗いがないトイレタンクの場合は、ふたを開けてから洗浄剤を投入する。洗剤を入れると、タンク内で泡が発生して汚れを落とす。2時間ほど放置したあとに水を流せば完了だ。ただし、使い方や放置する時間は商品によって異なることがあるので、説明書を読んで確認しておこう。また、洗浄剤はトイレタンクの上部に付着した汚れには届かない。ふたを開けてからブラシでこするといった掃除が必要だ。

4. トイレタンクの掃除におすすめの洗浄剤3選

トイレタンク掃除のための、おすすめの洗浄剤を3つ紹介しよう。

小林製薬「液体ブルーレットおくだけ トイレタンク芳香洗浄剤 詰め替え用 せっけんの香り 70ml×4個」

洗浄・防汚成分が配合された洗浄剤。手洗いにおくだけで、洗浄・防汚成分がトイレタンク内へと溜まっていく。水を流すことで、泡立ちながら汚れも洗い流してくれる。また、便器の汚れの原因の1つは傷にあるという。本商品は、流す度に表面コートが傷を埋めるため、便器の汚れも防いでくれるのだ。
洗浄・防汚成分が配合された洗浄剤。手洗いにおくだけで、洗浄・防汚成分がトイレタンク内へと溜まっていく。水を流すことで、泡立ちながら汚れも洗い流してくれる。また、便器の汚れの原因の1つは傷にあるという。本商品は、流す度に表面コートが傷を埋めるため、便器の汚れも防いでくれるのだ。
おすすめ商品

小林製薬「ブルーレットドボン漂白剤 トイレタンク洗浄剤 無色の水 120g×3個」

トイレタンク内にドボンと入れておくだけの手軽な漂白剤。タンクに入れて5分くらいは水を流さずにおく必要がある。また、排水口をふさがないよう、水道管とは反対の隅の方に入れておこう。水を流す度に漂白し、黒ずみの発生を防いでくれる。
おすすめ商品

木村石鹸「トイレタンク洗浄剤35g×3包」

水垢や黄ばみ、カビなどの汚れを酸素の力で洗浄してくれる、トイレタンク洗浄剤。粉末タイプのため、一度水を流したのち、手洗いから投入するだけでよい。2時間以上放置し、泡がなくなるまで2〜3度水を流せば完了だ。
おすすめ商品

5. トイレタンクを掃除する上での注意点!カビキラーはダメ?

ここまでトイレのタンクを掃除する方法について解説してきたが、注意しておきたい点も見ていこう。

トイレタンクのふたの取り扱いに気をつける

トイレタンクは、その多くが陶器でできている。頑丈で劣化しにくいが、掃除の際に外すふたをぶつけると、ひび割れるおそれがある。また、足の上に落とすなどすると重さがあるため危険だ。ふたの取り扱いには注意しよう。

細かな部品の破損や外れに気をつける

ふたを開けてトイレタンクの掃除をする際、汚れを落とそうとつい力を入れ過ぎると、細かい部品が外れたり、破損したりするおそれがある。できるだけやさしくこすり洗いしよう。

カビキラーは使用しないほうがよい?

トイレタンクにカビが発生しているなら、カビキラーを使えばよいのでは?と思うかもしれない。しかしトイレタンク内の掃除には、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使うのはよくない。タンク内の樹脂やゴム製のパーツを劣化させてしまうおそれがあるのだ。最悪の場合、タンクからの水漏れなどにつながることもあるため注意しよう。
この記事もcheck!

6. トイレタンクはどれくらいの頻度で掃除すべき?

目安は月1回

トイレタンクをキレイに保つために、月1回を目安に掃除するとよい。洗浄剤を使って雑菌や汚れを除去すれば、トイレタンクの黒カビ発生リスクを抑えられる。便座掃除と一緒に行ったり、掃除する日を決めておいたりすれば、忘れる心配は少ないだろう。
この記事もcheck!

7. 掃除したトイレタンクをキレイに保つなら重曹がおすすめ

トイレタンクに一切汚れがつかないような方法は残念ながらないが、掃除の手間を軽減し、キレイな状態をキープするアイデアを解説しよう。

重曹を使った浸け置きのやり方

掃除の手間を減らしたいなら、汚れの付着を防止することが重要だ。月に1回、洗浄剤を使用したあとのトイレタンクにカップ1杯程度の重曹を入れ、6時間以上放置する。浸け置き後は水を流すだけで完了だ。消臭や黒カビの原因であるタンパク質を分解することで、清潔な状態を長く保つことができる。浸け置きしている間はトイレが使用できないため、外出前や就寝前のタイミングがよいだろう。

「置くタイプ」の洗浄剤を使う方法も

置くタイプの洗浄剤を使用すれば、水を流す度に洗剤が流れる。手軽に使用でき掃除の手間を減らせるが、色付きのタイプだとトイレタンクが染まるので注意しよう。一度つくとなかなか落ちないので、水に色がついていないタイプがおすすめだ。また、中性の洗浄剤を選ぶようにする。酸性やアルカリ性の洗剤は、タンク内のパーツを傷めるおそれがあるためだ。

8. トイレタンクの掃除を業者に依頼する手もある

ここまでトイレタンク掃除をする方法について解説してきた。しかし、自力での掃除に限界を感じることもあるかもしれない。そのような場合には、専門の業者に依頼する手もある。トイレタンクの汚れが落ちない、アンモニア臭が取れないなど、気になったタイミングで依頼してみよう。掃除の際にトイレタンクのパーツなどを破損させてしまうのが心配な方も、プロへの依頼を検討するのがおすすめだ。

9. タンクを定期的に掃除をして清潔なトイレに

トイレタンクが汚れると、水を流すときに便器にもカビが付着し、繁殖するおそれがある。トイレタンクを掃除して清潔を保つことは、便器の清潔にもつながるのだ。月に1度ほど、定期的にトイレタンクを掃除してキレイな状態をキープするのが望ましい。掃除のあとは、汚れの予防も忘れずに行おう。

結論

トイレはこまめに掃除していても、タンクの中は忘れがちだ。しかしタンク内には水が満たされているため、湿気が充満し、雑菌が繁殖しやすい環境になっている。放置すれば水垢やヌメリ、黒カビが発生してしまう。掃除方法や汚れの予防方法、おすすめの洗浄剤などを知りたいときは、ぜひ当記事を参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2021年10月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング