このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

暑い夏にぴったりなビール!『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』が新発売

投稿者:オリひと プレス班 寺窪正昭(てらくぼまさあき)

2019年4月19日

だんだん暖かい日が増えてきて、夏が楽しみなってきている人も多いのではないだろうか?夏といえば、ビール。暑い日に飲むビールは、1日の疲れを忘れるおいしさだ。今回、サッポロビールから日本の夏にぴったりな、爽快なのどごしを実現した新商品『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』が発売される。果たして、どんな商品なのか、その詳細を見ていこう。

1. 「サッポロ生ビール黒ラベル」とは

サッポロ生ビール黒ラベルは、サッポロビールが販売する生ビール。「黒ラベル」の誕生は1977年と、その歴史は40年以上である。

1970年代は、熱処理を加えたビールが主役の時代。そんななか、「本当に美味しい生ビールをご家庭でも味わってもらいたい」と、開発されたのが「サッポロビン生」。ここから、サッポロ生ビール黒ラベルの歴史と生ビールの時代が始まったのである。当時、黒いラベルが印象的だったことから、「黒ラベル」の愛称で広まり、現在でもその愛称で親しまれているのだ。

2. 『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』の特徴

「サッポロ生ビール黒ラベル」のおいしさの決め手の一つと言われている、サッポロビール独自開発の「旨さ長持ち麦芽」。ビールの風味を劣化させる成分を持たない大麦から生まれた麦芽で、味や香りを新鮮に保ち、泡持ちの良さまでもアップする。

これを100%使用しているのが、2019年6月18日(火)に新発売する『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』である。

商品の特徴

『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』は、生ビールの「のどごしのうまさ」「爽快な後味」を実現し、さらに「完璧な生」を目指した特別なビール。国産の「旨さ長持ち麦芽」を初めて50%以上使用しており、日本の夏にぴったりなビールに仕上がっている。

結論

国産の「旨さ長持ち麦芽」を使用しており、まさに日本の夏にぴったりなビールである『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』。2019年6月18日(火)発売の限定醸造の商品なので、見つけた際はぜひ、一度味わってみることをおすすめする。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ