このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大人気ファンタからクエン酸とビタミンCを配合した「ピンクグレープフルーツ」が新発売!

投稿者:オリひと プレス班 寺窪正昭(てらくぼまさあき)

2019年6月 7日

暑い日が増えてきて、炭酸飲料がおいしくなってきた時期ではないだろうか?炭酸飲料といえば、「ファンタ」と答える人も多いはず。今回、コカ・コーラの「ファンタ」ブランドから、期間限定の新製品「ファンタ よくばりミックス ピンクグレープフルーツ」が新発売される。なんと、よくばりにも“クエン酸”と“ビタミンC”が配合されているようだ。果たして、どんな商品なのか、その詳細を見ていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大人気ブランド「ファンタ」とは

ティーンを中心とし、幅広い世代に愛されている「ファンタ」。日本での製造販売が開始されたのが1958年であるから、60年以上も愛されている商品である。コカ・コーラ社の商品なので、アメリカが起源だと思われがちだが、なんと、「ファンタ」の起源はドイツ。第二次世界大戦中に、人気の「コカ・コーラ」の製造に必要な原液が入手できなくなったことから、代わりの飲料として開発されたのが「ファンタ」である。その後、イタリア、オーストラリアと広がっていき、現在では世界190カ国以上で展開されている。

これまで100種類以上のフレーバーが販売

常にお客様を飽きさせない工夫として、日本ではこれまで100種類以上のフレーバーが販売されている「ファンタ」。1958年から販売されている「グレープ」「オレンジ」といった定番フレーバーだけではなく、ユニークな期間限定のフレーバーが特徴だ。懐かしいフレーバーをいくつか紹介しよう。
  • マスカット:1992年に発売され、2013年に限定復活し大きな話題を呼んだ。
  • 謎のフルーツ:2007年に発売。「ファンタ」史上はじめて、何のフレーバーか明かされなかった商品。
  • ファン ミックス:2010年に発売。大人気の「コーラ」と「オレンジ」をミックスしたフレーバーだ。
  • シークワーサー:2015年に発売。「ファンタ」史上初となる沖縄由来の爽やかなフレーバー。

2. 「ファンタ よくばりミックス ピンクグレープフルーツ」の特徴

今回、新発売される「ファンタ よくばりミックス ピンクグレープフルーツ」は、元号が令和になってから「ファンタ」として初めて発売される新製品だ。"クエン酸"と"ビタミンC"が配合された"よくばり"な商品で、「ファンタ よくばりミックス」シリーズの第2弾として発売される。

「ファンタ よくばりミックス」シリーズとは

「ファンタ」ならではのフルーティーなおいしさを楽しみながら、フルーツにちなんだ健康サポート成分とビタミンを取ることができる、カラダにうれしいシリーズ。今年1月に発売された「ファンタ よくばりミックス ヨーグルバナナ」は、バナナ味の炭酸という驚きとそのおいしさが話題を呼んだ。

商品の特徴

5月に旬を迎え、幅広い年代から人気を集める、ピンクグレープフルーツがフレーバーだ。五月病という言葉があるほど、5月は気持ちが晴れない時期と言われるが、クエン酸やビタミンCが配合された商品であるため、初夏にリフレッシュすることができる。ただおいしいだけでなくカラダにもうれしい"よくばり"な商品である。

結論

100種類以上のフレーバーが販売されている「ファンタ」。今回新発売する「ファンタ よくばりミックス ピンクグレープフルーツ」は、おいしいだけではなく、カラダにも嬉しい"よくばり"な商品だ。2019年5月13日(月)から期間限定で販売されるので、ぜひ一度飲んでみることをおすすめする。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ