このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おいしいのに低カロリー!?大戸屋からブラッドオレンジデザートが新登場

投稿者:オリひと プレス班 清水貴熙(しみずたかひろ)

2019年6月 7日

大戸屋から爽やかな酸味とコクのある甘さがマッチした「ブラッドオレンジのデザート」が新登場となる。大戸屋といえば、家庭的な味を落ち着いて楽しむことができ、幅広い世代から愛されている大衆食堂である。大戸屋の魅力とともに、新発売デザートの特徴も解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大戸屋の歴史と魅力

1人、もしくはご家族で一度は行かれたことがあるだろう「大戸屋」だが、歴史は長く、なんと東京タワーが完成した1958年まで遡る。創業当初、日本人の約4人に1人が栄養不足と言われていたなか、"安くておいしいものを、お腹いっぱい食べてほしい"という思いのもと、池袋に構えられた大衆食堂が大戸屋であった。48坪ほどのお店だったが、1日約1,000人以上が訪れたというから驚きだ。2005年から海外へも進出、2013年には国内300店舗を突破するなど、幅広い世代に親しまれる大衆食堂へと躍進している。
毎日お店で出汁をひき、手造り豆腐もその名の通りすべてお店で手造りするなど、食材から調理方法にいたるまでこだわり抜いた、大戸屋ならではのこだわりが、多くの人から愛されている理由だろう。老若男女問わず、どんな人でもまるで我が家のようにくつろげる、そんな「もうひとつの食卓」である大戸屋にぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

2. 新発売「ブラッドオレンジのデザート」とは

今回新発売となる「ブラッドオレンジのデザート」は、その名の通りブラッドオレンジを使用している。ブラッドオレンジの特徴は、すっきりとした酸味とコクのある甘味のバランスが取れており、味わいは勿論、健康的にも嬉しい素材であることだろう。また今回の「ブラッドオレンジのデザート」には、愛媛の柑橘王国でつくられた、希少な国産ブラッドオレンジが使用されており、贅沢な逸品だ。
サヴァイヨンクリームとレモンゼリーが、ブラッドオレンジのコクのある甘さとの絶妙なマッチを実現しただけでなく、なんと1食107kcalと、デザートなのにヘルシーという魅力も合わせもっている。暑くなるこれからの時期にぜひ「ブラッドオレンジのデザート」で爽やかな甘さをお楽しみいただきたい。

結論

新発売の「ブラッドオレンジのデザート」と併せ、大戸屋の歴史とこだわりをご紹介したがいかがだっただろうか。落ち着けるもうひとつの食卓として、こだわり抜かれた大戸屋の味わいと、ヘルシーなブラッドオレンジデザートをお試ししてほしい。なお、新商品は5月16日(木)から発売開始となっている。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ