このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

辛さと食べごたえMAX!暑い季節をさらに熱くする「勝浦タンタンメン 油そば」が新登場!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年6月22日

ラーメンとは一味違った濃厚感を味わえる油そばだが、専門店に出向かなければなかなか食べられない。今回、エースコックから「勝浦タンタンメン油そば」が新発売される。なんでも千葉県勝浦のご当地グルメを油そばにアレンジしたものだという。いずれにせよ新商品の登場で油そばがより身近な存在となることを期待したい。千葉県勝浦市と担々麺の関係とともに、早速新商品の特徴を解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 勝浦ではなぜタンタンメンが有名?その秘密は海にあった!

今回発売される新商品で最も気になるのは勝浦タンタンメンの存在だろう。まず、勝浦といえば海が思い浮かぶ。当然、そこでは海女さんや漁師たちが海仕事をしているわけだが、寒い仕事で冷えた体を温めるのにとあるメニューが定番だったという。

何を隠そうそれがタンタンメンである。通常の担々麺と違うところはゴマ系でなく、醤油ベースのスープにラー油が多く使われているところだ。今回の新商品はそんな勝浦タンタンメンを油そばに仕立て上げている。キレのあるしょうゆだれと真っ赤なラー油の辛さ、そこに玉ねぎの甘みまで加わっている。

どれも勝浦タンタンメンの特徴を存分に活かしているといえよう。この夏、辛さと食べごたえがやみつきになる油そばをぜひお試しあれ。

2. 新商品はBー1グランプリ優勝グループが監修!いったいどんなイベント?

今回の新商品には欠かせない注目ポイントがある。「熱血!!勝浦タンタンメン船団」が監修している点だ。このグループは第10回B―1グランプリin十和田でゴールドグランプリを受賞している。

B-1グランプリとは、食のまちおこしを目的とした日本最大級のイベントである。地元に愛されている料理の提供を行うのが主で、食べ物を売るのはもちろん禁止。ちなみにBは地域BRAND(ブランド)のBを意味しているとのことだ。今では全国的に知られるようになったイベントだが、意外なところに原点がある。

青森八戸を盛り上げるために何かしたいと、焼き鳥屋で語り合われたことが全ての始まりだそう。そんなB―1でゴールドグランプリを受賞している地元グループが監修しているのだから、今回の新商品はご当地グルメとしても限りなくふさわしい逸品といえるだろう。

3. 本場の担々麺は汁がない?担々麺の特徴と名前の由来を解説!

本場の担々麺は汁がない!

ラーメンチェーン店でもよく見かける担々麺だが、それぞれアレンジされているため、実は本来の担々麺とは少し姿が違っているようだ。

本場の中国四川省では、花椒とラー油が効いた醤油ベースに酢や塩などを加えてから麺を入れる。その後、豚肉のそぼろ、もやし、ネギ、いりごま、刻みピーナッツなどを添えていく。そして出来上がるのが、なんと汁なし担々麺である。

今回の新商品が油そばになっているのも、実は本場の担々麺に近づける狙いがあるのではなかろうか。

担々麺の名前の由来は?

担々麺はなぜこのような名前で呼ばれるようになったのだろうか?それは名前にある「坦」の字に理由が隠されている。当時は、坦坦と呼ばれる天秤棒の端に担々麺を吊り下げ、棒を担ぎながら担々麺を売っていたそうだ。

当然、運ぶときに不安定であり、汁が入っているとこぼれる恐れがある。その経緯から汁なし担々麺が提供されるようになったのだとか。担々麺の「担」は担ぐという意味なのは意外であろう。

結論

「勝浦タンタンメン油そば」を担々麺の概要とともにお伝えしたがいかがだったろうか。新商品は7月15日(月)から全国のスーパーやコンビニで発売予定だ。炎をあしらった赤を基調としたデザインのパッケージなので売り場で目に付きやすいだろう。この夏、見かけたらぜひ手に取ってみることをおすすめする。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ