このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ネットショップ限定!旬のじゃがいも使用のポテトチップスが予約受付開始!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年6月30日

たっぷりと日の光を浴びた今が旬の三方原産のじゃがいも。この新鮮な採れたてじゃがいもを使用したポテトチップスが、定番の味「うすしお味」と「のり塩」の2つのラインナップで大手菓子メーカーの湖池屋から7月中旬よりオンラインショップで限定販売されることとなった。現在予約が開始され絶賛受付中だ。半世紀以上にわたり湖池屋が積み重ねてきたノウハウを詰め込んだプレミアムなこの「三方原ポテトチップス」、一体どんな新商品なのだろうか?

1. 新商品「三方原ポテトチップス」の魅力

これまでもワンランク上のポテトチップスを世に送り出してきた湖池屋だが、今回の新商品は、じゃがいもそのものに深くこだわったものとなっている。この時期に旬を迎える三方原産の高級ブランドだからこそ味わえる高品位な味わいをより引き立てている。オンラインショップでのみ販売する理由もそこにある。穫れたてのじゃがいもへの徹底的なこだわりを守るため収穫でき次第の加工となるからだ。

美味しいじゃがいもは例外なくデンプンの含有量が多い反面、油を使う調理では焦げやすく適していないといわれている。そんな難題を加工の細部に至るまで築き上げたノウハウで乗り越えて実現させている。

2つの新商品は、1つはじゃがいも本来の美味しさをダイレクトに感じることができる「うすしお味」、もう1つは上品な青のりと青さをまぶし香ばしさが際立つ「のり塩」だ。どちらも素材の味を贅沢に味わうことができる逸品に違いない。

2. 高級ブランド三方原馬鈴薯とは?

静岡県浜松市、浜名湖近くに位置する三方原台地。この一帯は日本の中でも日照時間が非常に長い地域だ。この地域のじゃがいもは男爵いもの初物としても有名で、その収穫期は5~7月と名産地として有名な北海道よりも随分と早い。馬鈴薯の栽培には涼しい環境が適しているが、三方原馬鈴薯が夏本番を前に旬を迎える理由はそこだと考えられる。

この三方原台地ですくすくと育ったじゃがいもは、白い果肉と高いデンプンによるきめ細やかさとふくよかな甘みが最大の特徴と言われている。本来粘り気が強い赤土は、根がつき辛く水はけもよくないため、じゃがいもの栽培には難しい土壌。しかし三方原では生産農家がじっくり手間をかけて畑の管理と栽培をすることで、このブランドじゃがいもならではの特徴を生み出している。

3. じゃがいもをもっとよく知ろう!

馬鈴薯って正確には何?

なぜじゃがいもを馬鈴薯と呼ぶのか気になった方もいることだろう。馬鈴薯という名前の由縁は馬の首につけられていた鈴といもの形がよく似ていたからだとする説が有力だ。

代表的なじゃがいもの種類

世界の4大穀物にも数えられるじゃがいもだが、世界中で古くより栽培されてきただけあってその種類は数えきれないほどある。その中でよくスーパーなどで見かけるのが男爵とメークインの2つだ。

含まれるデンプンの量で大きく分類されるが、その量が多くホクホクのとろける食感が特徴の代表格が男爵。球体に近い形をしており、加熱すると崩れやすくサラダやマッシュに向いている。一方デンプン量が少なめの代表格がメークインだ。細長い見た目で、加熱しても崩れにくいのでポトフやシチューやカレーなど煮込み料理に向いている。

美味しさを保つ保存方法

じゃがいもは光に反応して成長するので暗い場所で保管するのがおすすめだ。光を当てると芽が出てきてその分栄養が逃げてしまうことになる。また芽には毒素が含まれているため調理上芽取りが欠かせない。また温度は常温が最適だ。

水分を多く含んでいるので冷凍してしまうと味も落ちてしまうし保存期間も短くなってしまう。いい保管場所がなければ新聞紙でくるんで保存すると良いだろう。ビニール袋に入れたまま保存すると水分で蒸れるなどして腐りやすくなってしまうので注意が必要だ。

簡単な皮むきの方法

ピーラーや包丁での皮むきは意外と面倒ではないだろうか。しかし皮をむく前に火を通すことで簡単に皮がむけるようになる。まず、皮のついたままのじゃがいもの真ん中にぐるっと一回り浅く切れ込みを入れ、茹でるorラップでくるんでレンジで加熱しよう。

火が通ったら熱いうちにキッチンペーパーで火傷しないよう切れ込みが開いていくように外へ皮を引っ張る。最後に残った芽をスプーンやナイフでとればOKだ。もうこれで必死になって皮むきをしなくて済むので、ぜひ一度お試しいただきたい。

結論

はちきれんばかりの美味しさが詰まったブランド新じゃがの良さを生かすことにこだわった「三方原ポテトチップス」、その魅力について解説をした。2種類の味を用意したこの新商品は、それぞれ1袋75gを6袋で1箱税込1480円、味くらべとして各1箱ずつのセットが税込2812円(ともに送料別)だ。この時期しか味わえないプレミアムなポテトチップス、早く手に入れるためにも今のうちに予約しておいてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ