このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

刺激的で健康的!?令和の猛チョ(暑)はドクタームーチョで乗り切ろう

投稿者:
オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年6月 7日

刺激が足りない方に朗報だ。お菓子とは思えない刺激で人気の、カラムーチョとすっぱムーチョの新作「ドクタームーチョ」が発売となる。ホットチリ味と、す~っぱい梅味の二種類展開で、新たな刺激をもたらしてくれる。までのカラムーチョとすっぱムーチョとの違いは何なのか、早速それぞれの詳細を紹介していこう!

1. カラムーチョとすっぱムーチョの関係性

1984年に誕生したカラムーチョ。当時は辛いポテトチップスはあまり流行っておらず、お店に並ぶことも珍しかったとのこと。しかし、とあるお店で販売したことがきっかけで爆発的ヒットを記録。それ以降、ヒーおばあちゃんというイメージキャラクターとともに、30年にわたって、辛いポテトチップスとして親しまれている。
一方、すっぱムーチョは、カラムーチョの姉妹ブランドとして誕生した。1993年に発売された「さっぱりビネガー味」は、ほどよいお酢の酸味と塩加減が止まらないと好評。2006年に登場した「さっぱり梅味」は、梅の香りと味わいでほっと和めるのが特徴的だ。ちなみに、イメージキャラクターはヒーヒーおばあちゃん。意外なことに、カラムーチョのヒーおばあちゃんとは別人であるところが興味深い。
ムーチョの意味はなんだろう?と感じている方もいることだろう。スペイン語で「もっと」を意味する言葉だそうだ。

2. 新作「ドクタームーチョ」のコンセプトは?

新作で目に留まるドクターのコンセプトは、辛味や酸味で猛チョ【暑】を元気に乗り切ること。「ドクターカラムーチョ 辛さ300%ホットチリ味」は、カプサイシン300%と9種のスパイスを配合し、辛さとスパイスで元気を引き出してくれる。
「ドクターすっぱムーチョ すーっぱい梅味」は、クエン酸を250%配合し、梅と塩分で疲れた体と気分を癒してくれる。また、それぞれのチップスの形状はVカットの厚切りタイプで満足感もあるところも嬉しいポイントだ。パッケージからも、食べる人が元気になれるようにとの思いが伝わってくる。
暑い夏を、ドクタームーチョの辛さとさっぱりした酸味で乗り切ろう!

結論

以上、カラムーチョとすっぱムーチョについて、歴史をからめながら新作を紹介したがいかがだっただろうか。「ドクターカラムーチョ 辛さ300%ホットチリ味」と「ドクターすっぱムーチョ すーっぱい梅味」は、6月3日(月)より、全国ので販売される。暑い夏を元気にしてくれるお医者さんの存在は心強い。刺激的で健康的な夏を過ごすために、ぜひつまんでみるとよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ