このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

塩とアーモンドの相性抜群!クランキーから夏ピッタリの新商品登場!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年6月12日

サクサク食感がやみつきになるクランキーチョコレートから、この夏にピッタリな新商品が登場する。今回のテーマは塩とアーモンドだ。甘じょっぱい味が好きな方にはたまらない商品だろう。今回は、ロッテのチョコレートの歴史を振り返るとともに「クランキー スリムパック 塩アーモンド」の魅力を解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ロッテのチョコはガーナミルクが原点! クランキーはいつから発売されている?

数々のお菓子を発売してきたロッテは、1964年に初のチョコレートとなる「ガーナミルク」を発売。本場スイス以上の味を目指すため、開発の際にヨーロッパチョコレート界の権威であるマックス・ブラック氏を招いている。そのおかげもあり、本格的なチョコレートとして誕生したガーナミルクは、発売と同時に大反響だったそうだ。それからおよそ10年後に「クランキー」が発売された。

チョコレートのサクサク食感は、ここから浸透していくことになる。その後、コアラのキャラクターがかわいい「コアラのマーチ」や、メッシュ状のチョコレートの「紗々」、チョレートが手につかないスティック形状の「トッポ」などがロッテのチョコレートの歴史を紡いでいく。そして、この夏に発売されるのが「クランキー スリムパック 塩アーモンド」である。

2. 新発売のクランキーはアーモンドで後味さっぱり!

今回新発売の「クランキー スリムパック 塩アーモンド」は、チョコレートに塩とクラッシュしたアーモンドを組み合わせている。塩味とチョコの相性がいいのはもちろん、アーモンドによって後味がすっきりしているところが絶妙だ。

それに加えて、スナックパフのサクサク食感が合わさるから飽きづらい。パッケージには、アーモンドがはじける傍らに、塩が散りばめられている。全体的に水色を基調としているため、涼しげで夏らしさを感じるデザインだ。クランキーのパッケージの形態はさまざまあるが、今回は、持ち運びに便利なスライドカートンタイプを採用している。

またひとつひとつが個包装されているため、食べたい分だけ取り出せる。いつでもどこでも、軽快にチョコレートを楽しめるのは魅力的だ。

結論

「クランキー スリムパック 塩アーモンド」は6月11日(火)に発売する。そのまま食べても美味しいが、夏の季節にあわせて凍らせて食べるのもおすすめだ。サクサク食感だけでなく、ひんやりしてパリッとした食感を楽しめる。ちなみに公式HPには焼きクランキーの作り方が詳しく紹介されている。気になる方は、こちらも試してみるとよいだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ