このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

待ってました!大人気「ルンバ」等がお得に使える月額プラン新登場

投稿者:
オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年6月10日

とても便利な掃除ロボット「ルンバ」は、留守や他の用事の間に自動で部屋をきれいにしてくれることで今や有名な家電の一つとなっている。この度「アイロボットジャパン」では、この「ルンバ」をより多くの人々に気軽に導入してもらえるよう新サービスを6月8日(土)より開始することを発表した。では早速この新しいサービスの概要を「ルンバ」の魅力とともに紐解いていこう!

1. 「アイロボットジャパン」ってどんな会社?

日々の暮らしの中で家事を今よりもっと効率よくこなすことができたらどうだろう?その分作り出せた時間をもっとほかのことに有意義に使うことができたらどんなに素晴らしいだろうか。

「アイロボットジャパン」はその技術と研究の成果を製品に導入し人々の暮らしを助けることで、スマートかつより豊かな生活を可能にする商品開発をコンセプトとしている。

1990年の創業以来、ロボット家電業界のパイオニアである同社は、優秀なロボット工学の技術者たちの手によって日々生活を効果的に支援するためのロボット家電の開発に努めている。

2. ロボット掃除機「ルンバ」の魅力とは

自動で障害物を避けながら掃除を開始し、充電の残りが減ってくればこれまたおのずとあらかじめ設置した充電ホームに戻ってくる「ルンバ」。この賢い高性能ロボット掃除機の魅力を伝えるにあたってのポイントは大きく分けて3つある。

優秀なナビゲーションシステムを搭載

独自のシステムで空間全体を把握し自身がその空間内でどの位置に居るかを判断することで、掃除の途中で充電が必要になり作業を中断した場合でも再開時には中断した地点から再開することができる。また立体的に周囲を読み取ることでフローリングや畳は当然のことラグやカーペットといった段差を乗り越え、入り組んだ障害物も難なく避けることができる。

特許を取得したクリーニングシステム

「AeroForce」というクリーニングシステムを採用することで、隅々まで大きなものからごく小さなものまで確実にゴミを集めることができる。それだけでなくカーペットなどのゴミやホコリが取れにくい環境下では吸引部を真空にすることで細かな部分までしっかりとキャッチするのだ。

簡単かつ多機能な操作性能

ボタン一つ押すだけで起動するとても操作が簡単な「ルンバ」シリーズ。中でもi7+シリーズと980シリーズではスアホアプリと連携することで遠隔操作はもちろん本体が読み取ったフロアデータをマッピングし状況を把握することが可能となっている。さらにタイマー機能やモードの指定などもでき、自分好みの掃除が可能である。

3. 「Robot Smart Plan」を知ってお得に始める快適ライフ

月々の定額サービスでレンタルが可能に!

今回のサブスクリプションサービス内容は3年契約でのレンタルとなっており、しかも3年後の契約が満期を迎える際にはユーザーが所有者になれるというのだ。いきなり購入するには価格的に厳しいと思う人でも、このサービスを利用することでリーズナブルに使い始めることができるのはとてもありがたい。

どうしても合わなければ解約も可能!

実際に使用してみたところ自身の生活スタイルに合わないといった場合には、実はこのサービスを解約することもできる。ただし契約後1年間は解約ができないのでそこは注意が必要だ。とはいえ、今や大人気の高性能な自動掃除機を実際に試してみることができるのはとても大きな魅力の一つだ。

故障しても安心な無料サポート!

契約している間に発生した不具合や故障は無料でみてくれるというのも大変お得だ。多くの家電製品では購入したものであっても初期不良以外の修理では有料なケースが大半だが、このサービスでは契約期間中無料でサポートしてくれる。ただしユーザーの過失による故障などの場合はその限りではないのでこちらも注意が必要だが、大切に扱っていればいずれ契約が満了した時点で自分のものにもなるのだから大変太っ腹なサービスではなかろうか。

結論

これまで価格帯や機能面の不安により、購入するには敷居が高いと感じる方が多かったようだが、これらの不安を払拭すべく「Robot Smart Plan」というサブスクリプション方式でのサービスによって「ルンバ」がより身近な存在になった。清潔に生活することができるだけでなく掃除の時間を別のことにまわすことができるこの優秀な製品、手軽に入手できる今回のサービスをぜひ活用してみてほしいところだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ