このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

あなたは何とあわせる?食事と相性抜群の「いろはすスパークリング」が新発売

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年6月16日

ナチュラルミネラルウォーターのいろはすから「いろはす スパークリング」が新登場する。無糖ですっきりした味わいとのことだが、さらに魅力的な特徴が隠されている。今回は、いろはすの概要とともに、新商品の魅力をお伝えしていく!また、新商品への理解を深めるために「水」の基礎知識にも触れている。合わせて、ぜひ、参考にしていただきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 今回のいろはすは食事との相性抜群! ほどよい炭酸の刺激が次の一口を誘う

甘みがないことでさらに爽快感が引き立つ無糖炭酸水。現在、日本国内の消費量は増加傾向にある。その背景もあり、この度「いろはす スパークリング」が新発売されることになった。無糖炭酸水といえば、ほかにもたくさん出回っているが、食事が美味しくなるように作られている点が、当商品の特徴といえる。

ほどよい炭酸の刺激と無糖の爽やかさが口の中をスッキリさせ、食事の次の一口が美味しくなるのとのこと。「あなたは何と合わせる?」と視聴者に呼びかけているTVCMも印象的だ。それぞれの食卓で相性の良い組み合わせを探っていくのも面白いといえるだろう。

2. 身近で採れた美味しい天然水!名前の由来と採取エリアは知ってる?

いろはすの名前の由来は?

ミネラルウォーターブランドとしていろはすが発売されたのは2009年。日本の天然水を厳選して使用しているのが特徴的だ。そんないろはすの名前は、日本古来の「いろは歌」の最初の三文字と、健康と環境に関わる「LOHAS」という言葉を掛け合わせることで誕生した。ひらがなを用いたやわらかな語感が、国産の天然水であることを表現しているだけでなく、環境への配慮までさらりと想起させている。

天然水はどこから採っているの?

国産天然水のいろはす。具体的な採取エリアをご存じだろうか? 北海道、岩手県、富山県、山梨県、鳥取県、宮崎県の7つのエリアだ。それぞれのエリアで、コカ・コーラー独自の規格を満たすように、品質管理が厳しく徹底されており、そのおかげで、赤ちゃんのミルクにも安心して使える軟水として仕上がっている。公式HPでは、各エリアでの品質管理の取り組みが動画配信されている。いずれも水へ込められた想いが深く伝わってくる内容だ。

3. 硬水と軟水の違いは? ミネラルウォーターについてのあれこれ

ミネラルウォーターの「ミネラル」は?

ミネラルウォーターに含まれているミネラルは、人の身体に必要な主栄養素の一種であり、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどがある。それぞれの成分は、骨や歯などの組織を作るなど、大切な働きを担っている。

硬水と軟水の違い、それは硬度にある!

硬水と軟水の違いは、カルシウムとマグネシウムの量を示す数値の「硬度」にある。世界保健機関WHOによると、硬度が120mg/l以下だと軟水、120mg/l以上だと硬水とされている。軟水は口当たりが軽く、硬水は飲みごたえがしっかりしているのが特徴だ。

ダシが溶けやすい軟水は食事にピッタリ!

いろはすは、安心な軟水であると触れさせていただいたが、軟水の魅力はほかにもある。軟水は、食材のダシ成分であるアミノ酸が溶けやすいとして知られている。それを知ると、食事と軟水の相性がよいのもうなずける。今回の新商品は軟水の特徴をうまく活かしているといえるだろう。

結論

ナチュラルミネラルウォーターの「いろはす スパークリング」は6月24日(月)より全国で発売される。食事とぴったりの炭酸水としてお伝えしたが、もちろんシンプルに冷たい炭酸としても楽しめる。さまざまな長所があるミネラルウォーターの一つとして、この機に飲んでみるとよいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ