このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

気分爽快!この夏ピッタリなウェハースチョコ「ザクビー チョコミント味」が新発売!

投稿者:
オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年6月16日

チョコミン党に朗報だ!ブルボンから、ザクッと食感の広がる「ザクビー チョコミント味」が、6月18日(火)から新発売されることになった。ザグビーを食べたことがないこともいるかもしれない。今回は新商品の紹介も合わせてザグビーの魅力もお伝えする。また、新商品への理解を深めるためにミントについての雑学も紹介しよう。合わせてご覧になっていただきたい。

1. チョコ、ミント、ウェハースが軽快に混じりあう!美味しいだけじゃなく食べやすい秘密も!?

新商品は夏向けのチョコウェハース!

今回の新商品はチョコミント味。パッケージを見ると、ミントの爽やかなイメージにふさわしいライトブルーを基調としている。ほのかに散らばるミントも涼しげな雰囲気を醸し、夏にピッタリなデザインだ。

ザクビーはウェハースにクリームがサンドされているお菓子であるが、今回サンドされているのは爽快感のあるミントクリームだ。口の中でチョコレートの甘さとミントの清涼感が、ウェハース生地とともに軽快に混じり合う。

ザクビーは美味しいだけじゃない!?

ザクビーは美味しいだけではなく食べやすさにも配慮している。通常、チョコレートといえば、どうしても手に付着してベトベトしてしまう傾向にあるが、ザグビーは違うようだ。表面が艶出し加工されているため、手につく問題が解消されている。また、パッケージはバッグサイズ形態になっていることから持ち運びやすいという点も嬉しい。いつでもどこでもチョコレートを楽しめるところもザクビーの魅力といえよう。

2. チョコミントには不思議がいっぱい!歴史、クールダウン効果について解説

チョコミントのはじまりは?

今ではよく見かけるチョコミント味だが、いつから登場したのかは意外と知られていない。チョコミントが日本で知られるようになったのは、1974年に東京目黒に初めてサーティワンアイスクリームが開店されたことがきっかけだそう。海外ではさらに歴史が古く、1948年の時点で、同ブランドでグリーンミントにチョコチップを入れたレシピが米国ですでに販売されていたとのことだ。

ミントが夏にピッタリな理由は?

ミントはスースーすることから、夏にピッタリなイメージがある。しかし、本当のところ涼しくなっているのかも気になる。日本アロマ環境協会によると、ミントの香りをかぐだけで体感温度が4℃下がるとされている。香りの情報が他の感覚を変化させることが実験で明らかになりつつあるようだ。ほかにもミントのクールダウン効果について詳細がまとめられている。気になった方はぜひご覧になってみるとよいだろう。

結論

「ザクビーチョコミント味」の魅力とともにチョコミントの雑学を紹介した。各社からチョコミント味の新商品が発売される時期だが、ただ人気なだけでなく、クールダウン効果も相まっていることは意外な気づきだったのではないだろうか。この夏、ぜひザクビーの新商品でミントの爽快感を味わってみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ