このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

突き抜ける美味さ!キリンメッツから期間限定「スイカ」味登場

投稿者:
オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年6月16日

誕生以来ロングヒットし続けているキリンの「メッツ」。これまでも様々なラインナップが話題を呼んだ。今年40周年を迎えたこの人気商品に新テイスト「キリン メッツ 超刺激スイカ」が加わった。今回発売となった新しい「メッツ」を、ブランドの歴史などと共にみていくことにしよう!

1. 「キリン メッツ 超刺激スイカ」ってどんな商品?

夏のフルーツといえばスイカ。その爽やかな甘さとはじけるような瑞々しさは暑い時期には堪らない。キリンビバレッジ株式会社で初のテイストとなる「メッツ 超刺激スイカ」は、日々の暮らしに刺激や変化を提供してくれる一品。

マイクロクラッシュゼリーにより更なる刺激に富んだブランドのオリジナル方式である「超刺激スパークル製法」を取り入れ、コンセプトとなっている「夏の超刺激体験」を存分にエンジョイさせてくれる。ミネラル補給に嬉しいかすかな塩味も加わり、まさしく夏に相応しい新ラインナップとなっている。

パッケージは一目でわかるスイカのラベルで存在感も抜群。480mlで希望小売価格140円(税抜)で7月9日(火)に発売だ。

2. 「メッツ」ブランドをもっと知りたい!

「キリン」の前身となった会社が設立されたのは1885年の横浜。当時ビールの普及を目指し創業を開始し、清涼飲料製造に着手した1928年に人気炭酸ドリンク「キリンレモン」が生まれた。

その後1979年に初の「メッツ」ブランドが発売された。当時成人向けのアルコール飲料と子ども向けの清涼飲料は発売されていたものの、青少年向けの商品がなかったためできたブランドだ。発売当時の「渇きにトドメ!イエローネームのキリン メッツ」のキャッチコピーが印象的だ。現在のキャッチコピー「ふつうの刺激じゃ、退屈だ。」にも通じている強いインパクトのある炭酸が醍醐味だ。

「メッツ」という名称の由来は「刺激的な味と格好良さ(Millennium METS is Exciting Taste & Stylish)」と「Metropolitans(大都会)」の2つからきている。たくさんの商品展開を繰り広げてきた「メッツ」だが、現在の主要ラインナップは7種類だ。
発売当初のグレープフルーツ味を受け継ぎ進化した「超刺激クリアグレープフルーツ」をはじめ、「超刺激クリアストロベリー」「ライチ」、特保食品の「コーラ」、機能性表示食品の「レモンスカッシュ」、忙しく働く人に嬉しいコーラ「ブラック」と「アルギニンVパワフルエナジー」がある。

今回紹介している「超刺激スイカ」のほかにも2018年に発売された「超炭酸ピンクグレープフルーツ」や「ザ・ビター(無糖)」、過去に北海道限定で発売された「ガラナ」、2017年には「スプラトゥーン2」とのコラボ期間限定パッケージなど様々なラインナップがある。ブランドHPではRADIO FISHによる超ラジオ体操の格好良い動画も公開されているので
ぜひチェックしてみて欲しい。

3. 「スイカ」に関する豆知識

「スイカ」の原産は紀元前の南アフリカ。シルクロードを渡って西から来たことから「西瓜」と呼ばれるようになったのだそう。良い物を選ぶコツは4つで、くっきりとしたコントラストの縞模様がある・完熟前で日持ちがいい目印となるお尻が小ぶりなもの・軽く叩くと心地の良い音がしてずっしりしている・カット売りの場合は色鮮やかで種がしっかり黒く染まっているものを選ぶとよい。

「スイカ」の成分のほとんどは水分だが、ビタミンやミネラルなど多くの栄養分に富んでいて夏バテ防止や血流改善効果が期待できるとされている。カロリーも100gあたりおよそ37kcalと、ほかの果物と比較しても断然低い。古くから暑い地域で食されていただけあって、夏の果物としてとても有能な食材だということがわかる。

結論

冷涼な爽やかさを感じられる「クーリングフレーバー」を利かせ、強炭酸ならではの強い刺激が堪らないこの「キリン メッツ 超刺激スイカ」。体力や気力を失ってしまいがちなこれからの暑い夏、活力を高めて忙しい毎日を乗り越えられるようぜひお試しいただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ