このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ついに出た!ファン待望「じゃがりこ チーズタッカルビ味」が新発売

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年6月24日

ロングセラースナック「じゃがりこ」から「チーズタッカルビ味」が新初売となる。今回で11品目となるファンとの共同開発商品で、トレンドのチーズタッカルビの甘辛い味付けを再現。6万通を超える応募から選ばれた、ファン待望の新作だ。さっそく「じゃがりこ チーズタッカルビ味」の魅力に迫りつつ、じゃがりこやチーズタッカルビについての情報もご紹介していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ファンと考案した「チーズタッカルビ味」とは?

ファンの熱い思いが詰まった新作

新発売となる「じゃがりこ チーズタッカルビ味」は、ファンとの共同開発で生まれた商品だ。新商品の味について一般に募集をかけたところ、なんと6万件を超える応募が集まり、最終的に選ばれたのがチーズタッカルビ味なのだ。

なお、パッケージのデザインやおなじみの"ダジャレキャッチコピー"は、じゃがりこの会員制ファンサイト「あつまれ!とびだせ!じゃがり校」の会員によって選ばれたもの。このファンサイトも奥が深いので、後ほど詳しくご紹介しよう。

味わいの特長

チーズタッカルビといえば、日本でも人気を集める韓国発祥のグルメ。新商品では、鶏肉と野菜のうまみをベースに、味噌・香辛料、チーズを使って料理の味わいを再現した。甘辛い味付けで、クセになること間違いなしだ。

2. もはや国民的スナック「じゃがりこ」人気の秘密とは?

じゃがりこの歴史と誕生秘話

今や国民的スナックとなった「じゃがりこ」。1994年に「じゃがスティック」という名称でテスト販売されたのがはじまりだ。それまでのスナック菓子と異なるカップ入りの形状は「女子高生がかばんに入れて持ち歩けるように」という発想から生まれたとのこと。

じゃがりこのネーミングも、担当者の友人・りかこさんが美味しそうに食べているのを見て思いついたものだという。現在までに100品以上が発売されたということからも、長く愛されてきたことを知ることができる。

ファンなら必見!「じゃがり校」とは?

今回の新商品開発にも大きく関わっているのが、カルビーが運営する「あつまれ!とびだせ!じゃがり校」だ。会員制ファンサイトとなっており、会員になるには年に1度行われる入学試験に合格しなければならない(合格人数は非公開)。

会員になると、今回のように新商品開発プロジェックトに参加することができるほか、サイト上のコンテンツにも参加できる。気になった方はぜひ来年度の入学試験に応募してみてはいかがだろうか。

3. 日本でも大人気!チーズタッカルビについて

チーズタッカルビ人気の秘密

そもそもチーズタッカルビがどんな料理かご存知だろうか?巷で若者を中心に人気を集めるこの料理は、韓国グルメ「タッカルビ」にチーズをたっぷり加えた日本独自のアレンジ。

「タッカルビ」とは、鶏肉と野菜を甘辛いタレで炒めたもので、チーズを加えることで辛さがまろやかになる。鉄板の上に広がるチーズの海がインスタ映えグルメとして注目を集め、若者たちの間で一気に火がついたというわけだ。

自宅でもチーズタッカルビを楽しめる?

元々は新大久保のお店から人気となったチーズタッカルビだが、自宅でも楽しむことができる。鶏肉やさつまいもなどの具材に、コチュジャンやたっぷりのチーズを用意し、フライパン一つで出来上がるのがうれしい。締めにご飯と卵を投入すれば、男性も大満足の一品の出来上がりだ。

結論

気になる「じゃがりこ チーズタッカルビ味」は、6月24日(月)よりコンビニエンスストアで先行発売となる。7月8日(月)からはコンビニ以外でも販売がスタートするので、ぜひ手に入れてほしい。トレンドのチーズタッカルビの味わいを、じゃがりこで楽しもう!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ