このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

不老不死の果実「いちじくのデザート」!大戸屋で期間限定販売!!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月27日

国内346店舗(2019年5月現在)を展開している大戸屋にて、期間限定「いちじくのデザート」が販売される。新鮮な国産いちじくを食後に味わえる、低カロリーのスイーツだ。これから新商品の紹介と、大戸屋の定番デザートの説明、いちじくの歴史・栄養価についての記載を行なっていく。旬のデザートについて気になる方は要チェックだ。

1. 国産いちじくを使用した「いちじくのデザート」

大戸屋は6月25日(火)より期間限定で「いちじくのデザート」の提供を始める。器のなかには新鮮な国産いちじく、いちじくソース、ミルクプリン、はちみつ生姜ゼリーなどが入っており、それぞれの味わいを堪能できる。

不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養をデザートからとることができるように、大戸屋では考えてデザートがつくられている。はちみつ生姜ゼリーの生姜は、大人な味の刺激を演出するだけでなく、冷房で弱りがちな身体に嬉しい新陳代謝を活発化させる効能がある。いちじくに含まれる豊富なミネラルと合わせて、とろとろっとした身体に優しい食後のデザートを食べてみてはいかがだろうか。

料金は税別で260円、そして気になるカロリーは116kcalのため、罪悪感なくいただくことができるのも選びやすいポイントだ。

2. 大戸屋の定番デザート紹介

どことなく和風を感じさせる手作りのヘルシーが大戸屋には揃えられている。これから代表的なメニューである、白玉ぜんざいパフェ、宇治抹茶プリンとわらび餅のパフェ、ぷるぷるコーヒーゼリー、宇治抹茶わらび餅、この4商品を紹介していこう。

白玉ぜんざいパフェ

ミルクアイスの上につぶあん・白玉が乗せられたデザート。ひんやりすっきりとした味わいを楽しむことができる。
料金は税別で380円。
カロリーは315Kcal。

宇治抹茶プリンとわらび餅のパフェ

きな粉がまぶされた宇治抹茶わらびもち、抹茶プリン、そしてほうじ茶カステラとつぶあんのハーモニーを堪能できるパフェである。抹茶のほろ苦さや、味わい深さを味わえるスイーツ。
料金は税別で399円。
カロリーは352Kcal。

ぷるぷるコーヒーゼリー

名前の通りプルプルした食感を楽しめるコーヒーゼリー。葛で作られすっきりとした味わいを楽しめる。低カロリーなのも嬉しい。
料金は税別で232円。
カロリーは72Kcal。

宇治抹茶わらび餅

抹茶粉をまぶした宇治抹茶わらび餅とミルクアイスを堪能できる一品。黒みつもついてくるので、好みに合わせて味を変えてみよう。料金は税別で362円。カロリーは188Kcal。

3. 不老不死の果実と呼ばれ、栄養素が豊富に含まれるいちぢく

いちじくの魅力についてこれから紹介をしよう。これから歴史と栄養価を説明していく。

いちじくの歴史

いちじくの歴史は古く、4,000年以上前から栽培をされていたと言われる。原生地については現在だとアラビア南部が有力だ。いちじくは古代ローマにも伝わっており、不老不死の果実と呼ばれていたようだ。

日本には1,600年代にポルトガル人から伝わった説が有力である。明治時代までは、一部の地域でのみ栽培をされていたが、大正時代から広範囲にわたって栽培が広がった。

いちじくの栄養素

カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄分や食物繊維が、いちじくには含まれている。栄養が豊富に含まれ、美容だけでなく健康にも効果が期待できるので、幅広い方におすすめの果実だ。

結論

新商品の「いちじくのデザート」、大戸屋の定番デザート、いちじくの歴史や栄養価について紹介をしたが、いかがだっただろうか。美容・健康に嬉しいいちじくの手作りデザートを食べれば、季節の変わり目を乗り越えられるかもしれない。期間限定品のため、お見逃しのないようご注意いただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ