このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「紅茶花伝 クラフティー」第3弾!リッチなアップルフレーバーが新発売!

投稿者:
オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月 4日

「紅茶に果汁をたっぷり注ぐ」という新たなテーマのもとこれまでの2つの商品を発売してきた「紅茶花伝 クラフティー」。このシリーズに新たな商品「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりアップルティー」が加わることとなった。日常の中で一息入れる時間を贅沢にしてくれるこの新商品、さっそく紹介していくとしよう!

1. 新たに加わったラインナップを紹介

今回の新商品、茶葉には丁寧に手摘みされたセイロン茶葉を使用。より馥郁とした香りとともに100%のアップル果汁と優しい甘味のはちみつを足すことで瑞々しい爽やかな仕上がりを見せている。

贅沢に2倍も使っている茶葉を低温で時間をかけ紅茶を淹れることで、嫌な渋みや苦みを感じない飲みやすくも深い味わいだ。また使用されているアップル果汁はこのシリーズを販売しているコカ・コーラのフルーツ飲料ブランド「ミニッツ メイド」の中から選び抜かれたもの。

煌びやかな金色のベースにアップルが描かれたパッケージに相応しい、とても豪華な味わいが楽しめる。希望小売価格は410mlペットボトルで140円(税抜)、7月1日(月)より全国で発売開始となった。

2. 「紅茶花伝」ってどんなブランド?

「紅茶花伝」のこと

1992年に初めて発売された「紅茶花伝」、それまでの紅茶飲料よりも上品な味わいで楽しませてくれてきたことで多くの人々から支持を得ているコカ・コーラを代表するブランドだ。このブランドで使用する茶葉は、厳しい基準をクリアした茶園でのみ栽培されたもの。

良いものを選び手摘み収穫することで深い味わいと香り高さを実現している。そんな「紅茶花伝」の名前は、紅茶と花のつながりを意識することで四季の豊かな花々から時の流れを感じられるようにという願いを込め、能の理論書として高名な風姿花伝をなぞらえて付けられたものだ。

ブランドの代名詞ミルクティー

「紅茶花伝」のミルクティーシリーズ、香り高い紅茶と国産の牛乳との相性がとてもよく、今やブランドの代名詞といえるラインナップだ。また2017年にリニューアルしたロイヤルミルクティーはロイヤルストレートティーやロイヤルレモンティーとともにこだわりの茶葉の美味しさをより深く味わえるように作られており、3つのロイヤルシリーズとして好評を博している。

「紅茶花伝 クラフティー」シリーズ

人気のブランドから生まれたシリーズ名のクラフティー(CRAFTEA)に込められた意味は2つ。さながらプロの手仕事のような味へのこだわりを指すクラフト(CRAFT)とお茶(TEA)を組み合わせたものだ。

シリーズ初商品は2018年3月発売の「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりオレンジティー」、第2弾として2018年10月発売の「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりピーチティー」、そして今回の「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりアップルティー」の3つがシリーズラインナップだ。

3. 紅茶をもっと愉しむために

紅茶と他のお茶の違い

日本でなじみの深い緑茶、中国を代表するウーロン茶、これらと紅茶の葉は実は同じ種類。加熱したり発酵させるかさせないかの違いで違いが生まれる。ちなみに紅茶は半発酵させたもののことを指す。

紅茶の味は職人の腕にかかっている

同じ品種でも産地や収獲した年によって味などが違うというのはワインなどでも知られるところ。では紅茶の味はどのようにして均一化させているのだろうか?それはティーブレンダーという職人の腕によるもの。色・香り・味わいなど常に同じ品質を保つために存在する彼らは言わば紅茶のソムリエのような存在だ。

スタンダードな紅茶の楽しみ方はミルクティー

紅茶の本場イギリスではミルクが先か紅茶が先かと議論を交わすほどミルクティーが一般的で、テイスティングでもミルクを入れめるほどだ。日本で言うストレートティーはイギリスでは通じず、ブラックティーと呼ばれている。またクリームティーと注文するとスコーンやクリームやジャムなど付いた豪華なセットで出てくるので注意しよう。

本格ティータイムの作法

イギリス貴族たちの社交場に用いられた紅茶。伝統や格式を重んじられたこの場では紅茶の嗜みの一つとしていくつかのティーフーズが用意され、その順番にも作法が存在する。例えばいくつかの軽食やお菓子が用意される中でケーキは一番最後に手を付けるべきというものがある。またティーカップは右手に持ち、ティーフーズは左手に持つのも作法の一つなので知っておこう。

紅茶をより美味しく淹れるには

紅茶はその色合いと香りから楽しめるようカップは浅く広いものが適している。淹れるお湯に適した温度は95度で緑茶よりもだいぶ高めで、水道水を使う場合はしっかり沸かして塩素を飛ばすといい。ティーポットにお湯を注ぐときは勢いよく、中で茶葉が上下に踊るように淹れると紅茶の美味しさがしっかり出せる。

結論

「紅茶花伝」シリーズ商品第3弾となる「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりアップルティー」、高級でフルーティーな紅茶の味をはちみつの優しい甘さでまとめ上げた上品な1本だ。日頃から紅茶を楽しむ方も、仕事などの合間のひと時にも、ぜひ一度この新商品を試してみていただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ