このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かつてない品質!100回洗っても衰えない驚異の吸汗速乾インナーウェア!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月15日

幅広い層に支持されているインナーウェアブランドのB.V.D.から、この度驚くべき品質を誇る新商品が発売された。なんと100回洗濯しても見事な吸水速乾機能が損なわれないという「EVER DRY」シリーズだ。いつまでも快適な着心地を維持するこの新商品の正体、一体どんなものなのか早速迫ってみるとしよう!

1. 新たなドライ性は未知の領域

頻繁に着用と洗濯を繰り返す衣類は徐々にその機能性が衰えていくものだが、今回の新商品「B.V.D. EVER DRY」は非常に優秀な品質維持力を誇っているのが最大の特徴だ。100回もの洗濯で吸水速乾機能を損なわないという点には驚かざるを得ない。

さらに品のある柔らかい生地はしわや型崩れしにくい極めて細やかな繊維を織っているためだ。抗菌防臭処理が施されており暑い季節でも汗や臭いによる悩みを心配せずに済む。伸縮性に富んだ素材を立体的に裁断していることで体のラインを優しく包んでくれる軽い着心地もまた実現してくれるというわけだ。

シリーズラインナップはクルーネックとVネックの半袖Tシャツが白・グレー・黒の3色でS・M・L・LLともに税抜990円、ボクサーブリーフとロングボクサー2つとも前空きでグレー・黒の2色がS・M・L・LLともに税抜1190円となっている。

2. おすすめのB.V.D.メンズブランドラインナップ

まず紹介するブランドは「BODY GEAR」シリーズだ。レギュラー・ミドル・ロングのボクサーパンツラインナップであるこの商品は天然素材の繊維とともに化学繊維にドライコンフォートを使用することで抜群の肌触りと短時間での速乾機能を実現し、デザイン的にも日常での体の動きをもサポートしてくれる。

次に紹介する「GOLD」シリーズはB.V.D.が糸づくりから手掛け綿100%の快適な着心地を守り続けている代表的なブランドだ。繊維の細やかな部分までこだわったこのシリーズは、ナチュラルな着心地でいられるよう素材からデザインまで高い品質を持ったインナーウェアとして高い人気を誇っている。

最後に紹介するのは「Finest Touch EX」だ。極上の肌触りでふんわり柔らかな着心地が特徴のこのシリーズは、フジボウが独自に開発した糸「PLYMRS」を使用している。滑らかで輝きのあるこの糸は繊維がしっかりとまとまっていることで長く柔軟性を持続でき、質感のある生地に織り上げられた高級感溢れるインナーウェアシリーズだ。

3. 衣類の黄ばみの原因と解決法

気に入った衣類を何度も着たり長い間しまっておいたらいつの間にか黄ばんでいた経験は誰しもあることだ。ましてや素肌に直接着るインナーはなお黄ばみやすい。そこで、その黄ばみを解消するためにまずは原因から探っていくことにしよう。

黄ばみの原因

襟元や脇の下など生地が肌と擦れる場所に出やすい黄ばみの原因は皮脂から来る汚れだ。無色な汗も繊維に染み付き酸化が進むと黄ばみへと変化する。皮脂とともにほこりなどの汚れも一緒に付着すると黒ずみになる。黄ばみは早ければそれだけ落としやすいが繊維の奥までこびりついてしまうとその分落としづらくなることも理解しておこう。

黄ばみを落とす2つの方法

まずは最も簡単な方法から見ていこう。洗剤や漂白剤は液状のものより粉末状のもののほうが効き目があるので、粉末状のものを用意しよう。通常の洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を5gずつ50度ほどのお湯1000ccに溶かし、30分以上を目安に漬け置きした後に通常の洗濯をするという方法だ。

次に紹介するのはアイロンを使う方法だ。台所用洗剤と過酸化ナトリウムと水を同じ割合で混ぜて泡立たせ、歯ブラシなどでシャツの黄ばみ部分に優しく丁寧に塗っていく。時間をおかずに直ぐスチームアイロンをかけることできれいになるという方法だ。

いずれも共通しているのは黄ばみの成分を分解するために酸素系の漂白剤と水分と洗剤、そして何より化学反応を起こして酸化した皮脂汚れを中和させるために温度が必要だという点だ。

また塩素系の漂白剤が使える繊維の場合はいいがそうでない場合に使用すると柄物の色落ちや繊維が傷つき肌触りが酷いことになってしまうのでよくよく注意しておきたい。せっかくの着心地がいい衣類を長く清潔に着るためにも、日頃から上手な洗濯を心掛けることが大切というわけだ。

結論

定評のあるインナーウェアの老舗B.V.D.から新たなブランドとして生まれた「EVER DRY」シリーズの優れた特徴をご理解いただけたことだろう。汗ばむ季節でも心地よい肌触りを実現してくれるこの新ラインナップで快適な日々をぜひ過ごしていただきたいところだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ