このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

収穫後24時間以内!もぎたてシリーズから期間限定商品が発売

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年7月14日

今年の夏もアサヒもぎたてシリーズから期間限定商品が販売される。「手摘み青梅味」と「マスカットオブアレキサンドリア味」の二種類だ。どちらも、「もぎたて」のフレーズにふさわしい見た目の果物を使用しているが、果たしてどのような風味を楽しませてくれるのか?早速、これらの新商品について解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「アサヒもぎたて手摘み青梅」の注目ポイント!

まずは、「アサヒもぎたて 手摘み青梅」から紹介しよう。この缶チューハイは、一つ一つていねいに手摘みした青梅から、収穫後24時間以内に搾汁した果汁を含んでいる。その果汁によるすっきりとした甘酸っぱさは、これから迎える夏にピッタリの風味といえよう。

ちなみに、「青梅味」は、これまでに期間限定商品として提供されているが、今回さらに美味しくリニューアルされている点が見過ごせない。なんでも、原材料や香味のバランスを見直すことで鮮度のある果実感を追求したとのことだ。それにより、従来以上のスッキリとした飲みやすさを実現している。

青梅の特徴

商品に使われている青梅だが、熟す前の青い梅の実のことをいう。意外にも、この青梅は、熟した黄色い梅よりも利用の幅が広いという特徴がある。例えば、梅干しをはじめ、梅シロップや梅ジャム、梅の甘露煮などに使われる。今回の商品である梅チューハイもその一つだ。

2. 「アサヒもぎたてマスカットオブアレキサンドリア」の魅力は?

次に紹介するのは、マスカットオブアレキサンドリア味だ。最大の特徴は、ただのマスカットではなく「葡萄の女王」と呼ばれる高級品種のマスカットオブアレキサンドリアを使用しているところにある。青梅味と同様に収穫後24時間以内に搾汁しており、そのおかげで上質な香りとみずみずしさが漂う缶チューハイに仕上がっている。

マスカットオブアレキサンドリアの特徴

主に岡山県で栽培されているこのマスカットは、淡いエメラルドグリーンカラーで、透き通っている。口に入れた途端に、ふわっと高貴な香りと上品な甘さが広がるのが特徴的だ。

名前の由来は、地中海沿岸のアレキサンドリア港から広まったことが関係しているとのことだ。ちなみに、岡山県では「アレキ」との略称で愛されている。

3. 「アサヒもぎたてシリーズ」の美味しさの秘密

ここまで「アサヒもぎたてシリーズ」の新商品を紹介したが、いずれもスッキリとしたみずみずしい果実感が特徴的だった。では、その鮮度は、いったいどのように保たれているのだろうか。早速、同シリーズの秘密に迫っていくことにする。

秘密1:収穫後24時間以内に搾汁

収穫から1日以内に果実を搾汁することで果実感を高めている。

秘密2:鮮度の落ちにくい容器

容器内の隙間を減らすことで酸素量を軽減。それにより鮮度の低下を防いでいる。

秘密3:短時間で製造

製造時間を4%短縮することで、店頭に素早く届けられるようになっている。

秘密4:超低温殺菌を採用

製造において殺菌は必要な工程だが、そこで果実の味や香りが失われないように超低温殺菌を採用している。
もぎたてのような果実感あふれるチューハイを楽しめるのは、これらの徹底した鮮度マネジメントのおかげである。

結論

「アサヒもぎたて 手摘み青梅」と「アサヒもぎたて マスカットオブアレキサンドリア」はともに8月6日(火)から全国で販売される。ちなみに、もぎたてシリーズはアサヒビールで1番売れているチューハイとのことだ。商品ラインナップとして、「レモン味」、「グレープフルーツ味」、「ブドウ味」などもあるので、期間限定商品とともに、そちらもぜひ味わってみてはいかがだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ