このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ときめき海藻屋から3種類の選べる海藻スープが新登場!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年7月23日

ときめき海藻屋から、海藻の持つ魅力を存分に詰め込んだスープが新発売されることになった。「あおさ」「太切りめかぶ」「うま塩海苔」の3種類であるが、いずれも素材本来の風味を堪能できる仕上がりになっている。早速、新商品の詳細を説明するとともに、気になるときめき海藻屋についても解説していくことにする!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新商品は「あおさ」「めかぶ」「海苔」から好みの海藻を選べる!

1965年に「生わかめ わかめちゃん」を発売してから、約50年にわたり食卓にわかめをお届けしたときめき海藻屋。近年の健康志向上昇に応えるかのように提案されたのが今回の3つのスープである。魚介や畜肉をもとにしたダシを使用している点や、忙しい社会人でも取り入れやすいインスタント製である点、好みの海藻を選べる点がおすすめポイントだ。

あおさスープ

鶏だしとホタテの旨みが引き立つ国産のあおさスープ。あおさの風味が豊かに香り、食欲をそそる。

太切りめかぶスープ

香ばしい焼きあご(飛魚)の風味がするめかぶスープ。太切りめかぶのトロトロこりこり食感を存分に味わえる。

うま塩海苔スープ

焼き海苔の豊かな香りを楽しめる塩味の海苔スープ。ごま油の香ばしい風味も魅惑的だ。

2. ときめき海藻屋のおすすめ商品とヘルシーレシピ

ときめき海藻屋は理研ビタミン株式会社による海藻商品のブランドだ。わかめのパイオニアとして家庭の食卓に海藻をお届けするとともに、わかめを使ったヘルシーレシピを提案している。

商品のラインナップ

北海道産のホタテの旨みとコクが効いた「わかめスープ」、三陸の歯ごたえのよいわかめを原料とする「ふえるわかめちゃん」、水に戻すだけで簡単に海藻サラダが食せる「ねばねば海藻サラダ(ノンオイル青じそ付き)」などがある。

ときめき海藻屋のレシピ

ときめき海藻屋によると、全世代に共通して食物繊維が不足傾向にあるとのこと。では、どのように食物繊維を摂取すべきかが問題となるが、乾燥わかめが断然おすすめだそう。キャベツに含まれる食物繊維が1.8gであるのに対し、乾燥わかめに含まれる食物繊維は32.7gであるからだ。

そんなわかめを使ったレシピをときめき海藻屋は提案している。トマト、ズッキーニ、たまねぎなど、使われる野菜の種類は多彩だ。詳細は公式HPで公開されているので、ぜひ作ってみるとよいだろう。

3. 海藻の種類をそれぞれ個別に解説!

今回の新商品では「あおさ」、「めかぶ」、「海苔」という三つの海藻が登場した。それぞれの特徴についてもご紹介しよう。

あおさ

あおさは、主に佃煮の原料に使われる海苔の一種だ。薄くて柔らかく舌触りがよいという特徴があり、日本ではみそ汁の具としてなじみ深い。産地としては三重県が代表的で、そのほかに福島、愛知、鹿児島なども養殖地として知られる。

めかぶ

トロトロ、コリコリ食感が楽しめるめかぶは、実は、わかめの根元であるのをご存じだろうか。つまり、わかめとめかぶは同じ食材なのだ。ちなみに、三陸が本場であるが、3月~4月の1か月間が旬の時期とされている。

海苔

海藻を板状にして乾燥させたものである。海苔というと韓国が有名だが、実のところ消費量は日本が世界一である。ちなみに、韓国海苔はごま油の味がする点に特徴がある。

結論

以上、新商品とともに海藻の特徴などを紹介した、海藻を日常的に食べている方であっても、新たな発見があったのではないだろうか。「あおさスープ」「太切りめかぶスープ」「うま塩海苔スープ」はそれぞれ8月19日(月)から発売される。早速、お好みの海藻を毎日の食卓に取り入れてみるとよいだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ