このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

3Mの新発売ポストイットは「色」と「カタチ」が新しい!

投稿者:
オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年7月28日

3Mのポストイットといえば、職場や学校、家庭でも大活躍の定番文房具。このたび、新色や新たなシルエットが追加となった商品が発売となった。豊富なカラーの組み合わせで与える印象を変えたり、可愛らしいシルエットでコミュニケーションに潤いを与えたりと、楽しみ方の幅が大きく広がることだろう。どのような魅力があるのか詳しく探りつつ、ポストイットの誕生秘話についても紐解いていくことにしよう!

1. 強粘着タイプのポストイットに新色が登場!

色の組み合わせで気分が変わる!?

強粘着タイプで、はがれやすさを解消したポストイット。目を引くカラフルなマルチカラーに、新たに8色が加わり、全21色での展開がスタートした。

ポイントは色の組み合わせ方によって与える印象が変わることだ。21種類のカラーを、トーンや濃淡の違いで8つの組み合わせにグルーピング。ビビッドな配色パターンは想像力と効率を高めてくれ、明るいパステルカラーの配色パターンは気分をやさしくしてくれる。それぞれの特長の中から、今の自分の気分に合ったパターンを選ぶのも楽しいかもしれない。見出し・ふせん・ノートの3種類のサイズで発売となっている。

コンセプト「color your story」とは

今回の商品で3Mがプロモーションコンセプトとして掲げているのが「color your story」だ。これは、色彩が人の心理に与える影響に着目したもの。豊富なカラーのポストイットを使うことで、思いもしないアイディアが生まれたり、気持ちが穏やかになったりという効果が期待できるかも!?ぜひ試してみてほしい。

2. 気持ち伝わる!シルエットノート強粘着がリニューアル

可愛らしいアイテムのシルエットを取り入れた「シルエットノート強粘着タイプ」は、家庭や職場でのコミュニケーションに最適。新色と新たなシルエットが加わり、全20種類の豊富なバリエーションでの展開がスタートした。

パッとみて直感的に伝わるシルエット形状は、家庭内での夫婦や親子のコミュニケーションにもぴったりだ。忙しくてなかなかコミュニケーションが取れない毎日でも、伝えたいことを分かりやすくアピールできる。

ギフトボックスやキャンディなどのシルエットは、感謝やお祝いのメッセージにもおすすめ。職場のコミュニケーションに使えば、殺伐とした雰囲気にも潤いを与えてくれるに違いない。

3. 意外と知られていない!?ポストイット誕生秘話

世の中には「失敗から生まれた名品」が数多く存在するが、3Mのポストイットもその一つ。はじめ強粘着の接着剤の開発を依頼された研究者が試行錯誤を繰り返していたところ、「粘着性はあるがすぐに剥がれてしまう」という奇妙な性質の接着剤が出来上がってしまった。

失敗作で終わるかと思いきや、ある日、別の研究者が教会で讃美歌集を開いた際に、ページの間からすり落ちたしおりを見て「のりが付いたしおり」のアイディアを発見。失敗作と思われた接着剤と組み合わせたことで、ポストイットの誕生へとつながっていったのだ。

なお、ポストイットといえば「カナリアイエロー」を思い浮かべる人も多いかもしれないが、これも偶然の産物。研究所で使用できる紙で手元にあったものが偶然黄色だった、というのが理由だという。

結論

ポストイットの新商品・リニューアル商品についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。普段何気なく使用することの多いふせんやメモも、色や形の違いに注目するとまた違った楽しみ方が生まれるかもしれない。気になった方は、ぜひ文房具店などに足を運んで手に入れてみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ