このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マイナス8度以下でおいしい!「チョコパイ」夏の新商品が発売

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

株式会社ロッテの大人気シリーズ「チョコパイ」シリーズから、ひんやりパリッとした口当たりの新商品「ー8℃以下がおいしいチョコパイ<アイスガトーショコラ 甘酸っぱいベリー仕立て>個売り」が販売される。「チョコパイ」シリーズの特徴やラインナップ、ガトーショコラについての豆知識とともに解説をしていこう!暑い夏にぴったりの商品のため、お見逃しのないようご注意いただきたい。

1. 凍らせるとおいしい?新商品の魅力

大人気の「チョコパイ」シリーズから、新商品の「-8℃以下がおいしいチョコパイ<アイスガトーショコラ 甘酸っぱいベリー仕立て>個売り」が7月2日(火)から新発売する。ガトーショコラをイメージし、マイナス8度以下に冷凍して食べることを考えてつくられたスイーツだ。

ケーキとクリームの部分はココア味、チョコレートソースの部分はラズベリーソースの風味を楽しむことができる。クリームが通常のチョコパイよりも1.3倍と多いのも嬉しいポイントだ。

凍らせるといつもの「チョコパイ」とは違う、パリパリっとした味わいを堪能できる。甘酸っぱさとひんやりした口当たりのため、これからの暑い時期にぴったりだ。子どものおやつや、家事や仕事のリフレッシュにいかがだろうか。

2. 「チョコパイ」の特徴と、ラインナップの紹介

人気商品の「チョコパイ」の特徴と、豊富なラインナップについて紹介をしていく。食べたことがない新鮮な味に触れてみてはいかがだろうか。

チョコパイの特徴

ケーキのような口どけを堪能できる「チョコパイ」は、口当たりのよい生地と、やさしく甘いクリームがマッチしたお菓子だ。チョコレートの香りや味わいもしっかりと堪能でき、幅広い年代の方に愛され続けている。

ラインナップ紹介

「チョコパイ」シリーズはバリエーション豊かに新商品を発売してきた。定番商品としては全国的に親しまれているオースドックスな「チョコパイ」、一口サイズで気軽につまめる「プチチョコパイ」、宇治抹茶のクリームと黒蜜ソースの「和のチョコパイ」などがある。その他にも期間限定の商品も販売されており、個性的な味を楽しむことができる。その日の気分にあう「チョコパイ」を探してみるのもおすすめだ。

3. ガトーショコラとは

ガトーショコラとは

ガトーショコラはフランス語で、「焼いたチョコレート菓子」という意味だ。フランスでは1700年ごろに発祥したと言われており、日本では1980年ごろに広まった。日本で一般的にガトーショコラというと、チョコレートを混ぜて焼いた濃厚で甘みのあるケーキを指すことが多い。

ブラウニーとの違い

ブラウニーは、アメリカ発祥のチョコレートケーキだ。ガトーショコラの形はさまざまだ、ブラウニーはほとんどが四角い形をしている。作り方もガトーショコラと比べると手間がかからず、気軽に手で食べることがチョコレート菓子だ。

気になるカロリーは?

気になるガトーショコラのカロリーは100gあたり350kcalほどである。ちなみにブラウニーは400kcalほど、ショートケーキだと300kcalほどと言われている。食べすぎには注意が必要だ。

結論

「チョコパイ」新商品の魅力とともに、シリーズのラインナップをご紹介したがいかがだったろうか。新商品ではひんやりとした夏チョコパイを楽しむことができるので、ぜひ凍らせて暑い夏のリフレッシュに楽しんでみることをおすすめする。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ