このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

手軽なのに本格的!NESPRESSOから2つの新コーヒーメーカーが新登場!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月15日

今回紹介するのは「至福のコーヒー体験」を提供し続けてきたNESPRESSO(ネスプレッソ)が新たに送り出す2つの商品Essenza Plus(エッセンサ プラス)とPIXIE Ⅱ(ピクシー ツー)だ。それぞれ魅力的なこのコーヒーメーカーの詳しい説明と、NESPRESSOがこだわり続けてきた美味しいコーヒーへの秘密を見ていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 2つの新商品それぞれの特徴

スイッチを入れてからわずか30秒ほどで起動でき、最高出力19気圧で本格的な香り高いコーヒーを淹れることが可能になったこの2つの新商品をそれぞれ詳解していこう。

Essenza Plus(エッセンサ プラス)

エスプレッソからルンゴ・アメリカーノ・アメリカ―ノXLまでのおよそ40ccから200ccまでの4サイズを選んで淹れることができる商品だ。スマホアプリと連携させることで簡単にオーダー可能な機能が初めて実装されたモデルで、可動式タンクにより環境にあわせて設置できるという優れた機能を持っている。

ラインナップはスタイリッシュなスリムデザインのCライン、安定感のある末広がりのデザインをしたDラインがある。公式HPほか一部を除く全国家電量販店などで販売されるとのこと。

PIXIE Ⅱ(ピクシー ツー)

3つの賞を受賞した経歴を持つ前モデルのデザインを譲り受けた近代的な洗練されたフォルムを誇るこの商品は、スタイリッシュなキッチンやインテリアにも違和感なく収まりメタリックでコンパクトな外観とは裏腹に本格的な抽出力と簡単に手入れができてしまう実に魅力的なモデルだ。こちらも、公式HPほか一部を除く全国家電量販店などで販売される。

2. NESPRESSOのこだわりとサービス概要

コーヒーへの熱い想いをその商品に注いできたNESPRESSOは、1986年の発売開始からカプセルコーヒーメーカーの先駆者としてこれまで歩みを進めてきた。そのこだわりは世界中で活躍する熟練の職人によって成り立っている。栽培地でのコーヒーチェリーの目利きをはじめ、スイスではブレンドや焙煎など高い技術を持つ専門家たちの手によって淹れた時の高貴な香りと、滑らかで品のある泡立ちを実現しているのだ。

NESPRESSOでは専用のカプセルを定期購入することでマシンを無料レンタルできるサービスも行っている。また新規申込者には期間限定で強化ガラスでできた「ヴュー レシピグラス」をプレゼントするキャンペーンも実施しており、このグラスを使えばエスプレッソやカプチーノはもちろんアイスコーヒーやマザグランなど色んなアレンジコーヒーを楽しむことができる。

詳しいサービス内容が気になる方はメーカーHPでアレンジレシピとともに公開されているので是非ご覧いただきたい。

3. コーヒー豆の雑学を知ろう

豆じゃない!?

コーヒーの原料は言わずと知れたコーヒー豆だが、その正体はコーヒーの木になる果実だということはご存じだろうか。最初は青々とした実が収穫時期になると熟して真っ赤に染まる。まるでサクランボのような見た目からコーヒーチェリーと呼ばれるのはそのためである。この実を乾燥させ取り出した種の部分がいわゆるコーヒー豆というわけだ。

種類は大きく分けて3つ

世界中の様々な地域で栽培されているコーヒー豆は数多く存在するが、大きくは3大原種として分類されている。まずはひとつ目、世界的に最も流通しているアラビカ種は平べったい楕円形をしており、甘い香りと酸味のある味わいが特徴だ。次にロブスタ種は大粒で丸い形をしており、渋みと強い苦みとふくよかな香りが特徴の品種で別名カネフォラ種とも呼ばれている。

最後にリベリカ種だが、ひし形に育つこの品種からは実に200以上もの種別へと派生している一大原種だ。香りは他の原種に劣るものの非常に強い苦みと栽培しやすいことが特徴だが、その性質ゆえに日本では比較的馴染の薄い原種となっている。

結論

一日の始まりとして朝食に添えるコーヒーから優雅な午後のコーヒータイムまで本格的な味と香りを楽しめるNESPRESSOの最新コーヒーメーカーは7月31日(水)より販売開始だ。これを機に一段上のライフスタイルへと踏み出すきっかけにもなることだろう。日頃からコーヒーを楽しむ方はもちろん、これからコーヒーを味わってみたい方にも是非この2つの新商品を検討して頂きたいところだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ