このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ワンランク上のハーベストにチョコメリゼ・アイスコーヒーテイスト登場!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月 3日

わずか3mmという薄さに何層もの生地を重ね合わせることでエレガントな食感が楽しめるハーベスト。その中でワンランク上の美味しさが味わえる、WellーMadeシリーズに「ハーベストチョコメリゼ・アイスコーヒー」が加わった。冷やして食べれば夏にぴったりの贅沢なこの一品、さっそくその魅力に迫っていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チョコとコーヒーが奏でる抜群の美味しさ

今やたくさんのテイストがその食感と共に味わえる人気ビスケットのハーベスト。今回新たに発売された「ハーベストチョコメリゼ・アイスコーヒー」は、深煎りした豊かな香りを放つコーヒーが生地に練り込まれている。また、従来より50%増しのコーヒーフレーバーが施されたチョコレートを贅沢にフルコーティングし二度焼きした、ほろ苦さが魅力のリッチな味わいとなっている。

焼きチョコとして仕上げていることでコーティングしたチョコレートが手につくことなく、また冷やして食べればパリパリの口当たりが堪能できる。2枚入りが7包の14枚入りで税抜参考小売価格198円、6月17日より全国で販売中だ。

2. ハーベストファミリーの多彩なテイスト

楽しいティータイムにピッタリのハーベストは人気のビスケットとあってそのファミリーにはたくさんのテイストが展開されている。ローストバターの深い味わいが人気の定番テイスト「ハーベスト バタートースト」、煎りごまと発酵バターによる香ばしさが堪らない「ハーベスト 香ばしセサミ」、生地に4種類のナッツを加えた「ハーベスト 4種のナッツ」、瀬戸内のレモンとフランスのロレーヌ岩塩でさっぱりとした口当たりが楽しめる「ハーベスト 塩レモン」、洋菓子メーカー不二家の人気商品ミルキーとコラボした「ハーベストクリームサンド・ミルキー味」、焙煎コーヒーの深い味わいに仕上げた「ハーベスト 深煎りコーヒー」だ。

さらにリッチな口当たりが堪能できるWellーMadeシリーズには、今回紹介している「ハーベストチョコメリゼ・アイスコーヒー」のほかに「ハーベストチョコメリゼ・ダブルチョコ」、またアソートパックや長期保存ができる専用缶などもある。

3. ハーベストの意味とは?

商品名となっているハーベスト、この言葉のもともとの意味は穀物などの収獲を意味する「harvest」だ。原材料となる小麦の収穫から名づけられたこの商品名、しっかりと実って黄金色の輝きを放つ大きな麦畑を想像するに難くない。こんがり小麦色に焼きあがった生地と繊細なサクっとした食感にとてもマッチしている。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ