このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

さわやかでトロピカル!パイナップルが効いた濃旨ヨーグルトが新発売

投稿者:
オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年7月 8日

メイトーから夏にぴったりの「Dole®濃旨ヨーグルトパイナップル」が新発売となる。濃厚な味わいのヨーグルトに、パイナップルのフルーツソースを加えたトロピカルな風味の一品だ。しかも、フルーツソースに使用しているパイナップルは、日本人好みに改良されているという。一体どんな特長があるのか、メイトーの歴史やパイナップルの豆知識も交えつつ、新商品の美味しさのヒミツに迫っていこう!

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「Dole®濃旨ヨーグルトパイナップル」美味しさのヒミツ

メイトーから新発売となる「Dole®濃旨ヨーグルトパイナップル」は、生乳を使用したコク深い味わいが特長のヨーグルトだが、美味しさのヒミツはそれだけではない。美味しさの決め手であるフルーツソースは、原材料に「Dole®スウィーティオパイナップル」を11.0%使用。

この「Dole®スウィーティオパイナップル」、じつは日本人の味覚に合わせて開発された特別なパイナップルなのだ。酸味を抑えつつ豊かな甘さと香りを楽しめる品種で、その味わいは国際的にも高い評価を受けるほど。さわやかな酸味と甘さで、夏の気分を盛り上げてくれるトロピカルなヨーグルトに仕上がっている。

2. ロングセラー多数!メイトーブランドが愛される理由

メイトーの歴史と思い

協同乳業株式会社の商品ブランドであるメイトー。誰でも一度はスーパーの売り場で目にしたことがあるであろう「農協牛乳」や、国民的アイス「ホームランバー」などのロングセラー商品が有名だ。そもそもメイトーは、戦後間もない1953年に「農民による農民のための新しい酪農事業」という理念のもとに設立された会社のようである。

その思いは現在まで引き継がれ、酪農家の思いを大切にした商品づくりをおこなっている。また、社内の研究機関では「"乳のチカラ"で、健康に貢献する」という思いのもと、特定保健用食品の研究開発なども進めているという。

発売から60年!「ホームランバー」が愛され続けるワケ

1960年の発売から、今年で60周年を迎える「ホームランバー」。もはや、食べたことのない人はいないのでは?というほどの大人気ロングセラー商品だ。じつはメイトーは、1955年に日本で初めてカップ入りのアイスクリームを販売した企業でもある。その流れから、アイスクリームバーの「ホームランバー」も発売。

リッチなミルク感を味わうことができつつも、子どもが駄菓子屋で買えるリーズナブルさで、たちまちヒット商品となった。最近ではフルーツフレーバーやプリン味など、ラインナップも強化中。現役世代からその子ども達まで、幅広い世代で楽しむことができるだろう。

3. これであなたもパイナップル博士!豆知識3選

美味しいパイナップルの見分け方

パイナップルは夏が旬。美味しいパイナップルを見つける上でチェックしたいポイントは 2つだ。まずは全体的な形をチェック。果実に丸みがあり、お尻が少し下膨れ気味になっている方が良いとされる。

さらにお尻を詳しくチェックしよう。押した時にジュクジュクと熟れすぎた感じがあるのは避けるのがベターなようだ。カビが生えていないかも注意しておきたい。お尻についている葉が緑であれば、収穫したての新鮮なパイナップルのサインだ。

固いお肉がやわらかくなる!?

パイナップルの意外な使い道として、お肉を柔らかくする用途があるのはご存知だろうか?これはパイナップルに含まれる酵素・ブロメラインの働きによるもの。

酢豚はもちろんのこと、鶏肉のパイナップル煮やリブ肉とパイナップルのカレーなど、トロピカルな料理がおすすめだ。すりおろしたパイナップルにお肉を30分ほど漬けて柔らかくするという方法もある。

パイナップルを美味しく保つには

パイナップルは追熟ができない果実のため、買ったあとはなるべく早く食べきるのが美味しく食べるコツだ。保存する場合は、常温の冷暗所で2~3日が目安となっている。

冷蔵庫に入れる場合は、新聞紙などにくるみ乾燥を防げば5日前後保存可能だ。一度カットすると、カット面から酸化してしまうので注意したい。ラップに包んでできる限り密封し、2~3日以内に食べきるようにしよう。

結論

新発売の「Dole®濃旨ヨーグルトパイナップル」についてご紹介してきたがいかがだっただろうか。商品は7月15日(月)より発売となるのでぜひ店頭で手に入れて欲しい。ちなみに、メイトーのホームページには様々なコンテンツが充実している。特に「モーちゃんと工場見学」のコーナーは子どもも楽しめる内容となっている。夏休みに親子で一緒に勉強するのもおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ