このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自動無水調理鍋「ヘルシオホットクック」がもっと便利に進化して登場!

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年7月17日

シャープが販売する「ヘルシオホットクック」に、新たに3機種が登場する。「ヘルシオホットクック」とは、水を使わずに自動で煮込み調理してくれる家電。予約調理も可能で、忙しい現代人の味方だ。このたび新発売になる機種は、より美味しく便利に調理を楽しむ機能が満載!さっそく新商品の魅力に迫りつつ、ヘルシオシリーズの特長についても深く掘り下げていこう。

1. 今度のヘルシオは一味違う!進化したポイントとは

カラーバリエーション追加

新たに発売になる3機種のうち、ファミリー向けの2.4Lタイプにホワイトカラーが登場する。これまで2.4Lはレッド系一色だったが、小家族向けタイプ(1.6L)で好評だったホワイトを2.4Lにも新たに追加したかたちだ。シンプルなホワイトは、清潔感のあるキッチンと好相性。自宅のキッチンインテリアにあわせて、好みのカラーを選ぼう。

使い慣れた鍋のように煮込み具合を調節できる

自動で調理できるホットクックだが、これまでは使用頻度が増えるにつれて手動操作が多くなっていく特長があった。これは自分好みの煮込み具合を調節するためだが、「もっと自分流に設定したい」という声を受けて、新機種には「好みの設定加熱」機能が搭載された。

「強火」「中火」「弱火」の3種類の火加減と、「まぜない」「たまにまぜる」「よくまぜる」「高速でまぜる」の4種類のまぜかたを選択。最後に時間を設定すれば、自分流の煮込み方が簡単に叶う。また、蓋を開けたまま調理できる「煮詰め」機能も新搭載。水分を飛ばしたい時に大変便利だ。

2. 忙しいあなたの味方!ヘルシオの魅力をおさらい

ヘルシオシリーズのラインアップ

シャープが販売する「ヘルシオ」は、調理家電のシリーズ。ここではメイン商品であるオーブンやオーブンレンジについてご紹介しよう。ポイントは、忙しい現代人をサポートしてくれる機能だ。自動調理機能を搭載した機種は、豊富なメニューを画面から選択し食材を入れるだけでOK。

高性能センサーにより、火加減や時間を調節しながら調理してくれる。さらに、ヘルシオだけの高温スチーム「過熱水蒸気」で焼く機能や、 AIoTを使った音声対話機能など、先端技術も搭載。未来を感じられる調理家電なのだ。

ヘルシオの健康効果

ヘルシオで調理するメリットは、時間や手間を短縮できることだけではない。ヘルシオの特長である「過熱水蒸気」で焼き上げると、健康面にさまざまな良いことがあるのだ。例えば脂分や塩分は、高温スチームを使った調理の過程で余分な量を落としてくれる。

逆にビタミンなどの栄養素はぎゅっと凝縮。これはレンジ内をスチームで充満させることで酸素を追い出し、酸化によって失われる栄養素を食材に閉じ込めるためだ。さらに旨味成分も凝縮するので、手早く健康的に、おいしい料理を楽しむことができる。

これは便利!ヘルシオデリとは?

ヘルシオデリは、シャープの食材キット宅配サービスだ。ヘルシオシリーズに搭載されたメニューと連動した調理キットを、自宅で受け取ることができる。

キットは下ごしらえ済みなので、受け取ったあとはヘルシオで調理するのみ。「シェフコース」「デイリーコース」の設定もあるので、日常使いに、特別の日にと使い分けるのも楽しい。

3. どこが違う?ヘルシオと過熱水蒸気オーブンレンジの違い

ヘルシオの健康効果

加熱水蒸気を使った調理はヘルシオだけの特色、とご紹介したが、じつは過熱水蒸気で調理できるオーブンレンジは他社でも販売されている。では、ヘルシオと一般的な過熱水蒸気で調理するオーブンレンジにはどのような違いがあるのだろうか?最大の違いは「過熱水蒸気だけで焼き上げるかどうか」だ。

一般的なオーブンレンジは、過熱水蒸気だけでなくレンジやヒーターなど複数の機能を用いて調理をする。対してヘルシオは、調理スタートから完成まで使用するのは過熱水蒸気のみ!シャープ独自の高機密性や、水蒸気の発生量が叶えた機能なのだ。

結論

「ヘルシオホットクック」の新機種やヘルシオシリーズについてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。シャープのヘルシオ特設サイトには、製品のお役立ち情報やこだわりの機能など、ここでは書ききれないほどの情報が掲載されている。この機会にぜひチェックしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ