このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

瑞々しいフレーバーへと生まれ変わった「秋香るエール」が今年も発売!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月18日

名誉あるモンドセレクションにおいて最高金賞に2年続けて選ばれた「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール」は世界中からその確かな味と香りが認められている。今回そのシリーズに秋を感じるフレーバー「ザ・プレミアム・モルツ 秋香るエール」が今年も加わることとなった。今までより一段と鮮やかな味と香りに進化したこの商品の魅力をさっそく見ていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一段と美味しく生まれ変わった「秋香るエール」

8月27日(火)より数量限定で販売が決定した「秋香るエール」は、これまでの素材配分を改めて吟味し直すことでよりふくよかな瑞々しい味わいと清々しい香りが味わえるようになった。パッケージデザインは舞い降りるイチョウの葉が輝いている様子をイメージした秋らしさ溢れるものとなっている。

350mlのレギュラーサイズと500mlのロングサイズが用意されるほか、「ザ・プレミアム・モルツ」と「香るエール」、そして今回の新しくなった「秋香るエール」が2本づつの「秋の3種飲み比べパック」も同時に数量限定で販売が開始される。

2. 「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール」の詳解

芳醇な香りと味わい深いのど越しが楽しめる「ザ・プレミアム・モルツ」はサントリーが生み出した人気商品の一つだ。さらにエール酵母による香りの部分にこだわり作り上げたのがこの「香るエール」である。フルーティーな香りが特徴のこの「香るエール」は1000種類以上の酵母から見つけ出したものだ。

麦芽もホップも厳選された高品質のものを使用しクリアな天然水とこの酵母で醸造することで、独特の醸造の香りとホップの香りが溶け合った最高の馨しいエールが出来上がった。香りにこだわり抜いたエールはワインなどに引けを取らず様々な料理と相性がよく、ブランドHPにて特におすすめのレシピが紹介されているのでこちらもぜひ覗いてみていただきたい。

3. ビール・発泡酒・第3のビールの違い

違いは何を定義にしている?

ビールのような味わいが楽しめる発泡酒と第3のビール、これらとビールの違いは原料にある。原料のうち3分の2以上麦芽を使用しているものがビールで、麦芽の割合がそれ以下のものが発泡酒、原料に麦芽が使われていないものや発泡酒に他の酒類が加えられたものが第3のビールでリキュール類として分類されている。

エールってビールとは違うの?

結論から言うとビールには3種類あり、エールはその中のビールの1つとして分類されている。その大きな違いは発酵過程にある。一般的にビールと呼ばれているのはラガービールのことで、発酵タンクの下部で低温発酵する酵母を使ったものを指し、エールは逆に上面で常温に近い温度で発酵する酵母を使ったものを指す。

さらに天然酵母による自然発酵で出来上がるものを自然発酵ビールという。これに当てはめると「ザ・プレミアム・モルツ」はラガービール、今回紹介した「秋香るエール」はエールビールに分類されるというわけだ。

結論

8月27日(火)から発売が開始される「ザ・プレミアム・モルツ 秋香るエール」は食欲の秋へと移り変わっていく季節に相応しい商品だ。美味しい料理やおつまみの数々にこの「秋香るエール」を添えて贅沢なひと時をぜひ楽しんでいただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ