このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ついに出た!あの「亀田の柿の種」味のマルちゃん焼きそばが新発売

投稿者:
オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年7月18日

「マルちゃん焼そば」と「亀田の柿の種」という、ロングセラー商品の夢のコラボが実現した。その名も「亀田の柿の種味焼そば」「亀田の柿の種わさび味焼そば」は、食べ応えのあるピリ辛焼そばだ。柿の種ならではのあられの風味を味わえるソースが焼そばとベストマッチ。さっそく新商品の魅力に迫りつつ、マルちゃん焼そばが愛される理由や、いつもの焼きそばをランクアップさせる方法についてもご紹介していこう。

1. 夢のコラボ!柿の種×焼きそばの魅力

食べ応えたっぷりのピリ辛焼きそば

新商品の特長は、なめらかでモチモチとの食べ応えたっぷりの麺と、そこにからむピリ辛ソースだ。「亀田の柿の種味焼そば」は、定番の柿の種のピリ辛和風しょうゆ味、「亀田の柿の種わさび味焼そば」はわさびが効いたピリ辛和風しょうゆ味となっている。

どちらもあられの風味を楽しむことができ、柿の種を加えればさらに美味しさがランクアップ。パッケージにはおなじみ柿の種のパッケージデザインを取り入れ、店頭でも目立つこと間違いなしだ。

「亀田の柿の種とは」

柿田の柿の種といえば、あまりにも有名な国民的米菓だ。ピリッと辛い唐辛子の風味が効いたあられで、ピーナッツも入っているのが特長だ。

1966年の発売から50年以上の歴史があり、お菓子やビールのおつまみとしても人気を集める。今回、マルちゃん焼きそばとのロングセラー商品同士の夢のコラボが実現したというわけだ。

2. マルちゃん焼そばが世代を超えて愛される理由

マルちゃん焼そばのこだわり

「お祭りの屋台で食べられていた焼きそばを、自宅でも手軽に楽しめるように」との思いから、1975年に発売となったマルちゃん焼そば。美味しさの秘密の一つが、商品に付属しているソースだ。粉末醤油をベースに、塩・砂糖・りんご・ポークエキスをブレンド。さらに秘伝のスパイスを20種類ほど使用しているそうだが、その内容については企業秘密ということで明らかにされていない。

また、麺には「細麺」「太麺」があり、ソースのタイプによって種類を変えている。時間が経っても固まりにくい細麺は、香辛料の風味が際立つ粉末ソースと相性が良く、コシと弾力のある太麺は、液体ソースの濃厚な味付けにぴったりだ。

マルちゃん焼そばの雑学をご紹介!

大人気定番商品のマルちゃん焼そば。その1日の販売数量は、平均27万パックにもなるというから驚きだ。また、おなじみのソース味だけでなく、塩味やたらこ焼そばなど、6種類のラインナップがあるので、毎日食べても飽きがこない。

麺がほぐれにくいと感じたら、フライパンで調理する前に麺を袋のまま電子レンジへ。30秒ほど温めるだけで調理しやすくほぐれるので、ぜひ試してみてほしい。

3. いつもの焼きそばをワンランクアップする方法

美味しい焼きそば作りのコツ

焼きそばをより美味しく食べるために押さえておきたいコツを4つご紹介しよう。まず、麺と具材は別々に炒める。麺と具材は火の通りやすさが違うので、麺がベチャッとしないように分けて炒めるのがベターだ。次に、麺を炒めるタイミングで生姜のスライスを加えて風味をプラスする。火を通すことで生姜の辛さが抜けるので、子どもでも食べやすい。

さらに、具材はラードで炒めるとコクと甘みがアップ!こちらは富士宮やきそばでも使われている上級テクニックだ。最後に、麺を酒蒸しにしてからソースで味付けする。こんがりモチモチの麺にしっかりソースを絡めてから具材を混ぜると、味付けがしっかり際立つのでおすすめだ。

カップ焼きそばをもちもちにするテクニックがあった!

手軽に楽しめるカップ焼きそばだが、やはりフライパンを使った焼きそばに比べると食感が劣ってしまう。そんな時に使える裏技をご紹介しよう。

まずはパッケージの指示通りにカップ焼きそばの麺の上からお湯を注ぎ、規定の時間より1分早く湯切りをする。カップの蓋を外したら、レンジに入れて500Wで2分ほど加熱。水蒸気で窓が見えなくなったところでレンジから取り出してソースを絡める。これでモチモチとしたカップ焼きそばの完成だ。

モチモチになる理由は、電子レンジで余分な水分を一気に飛ばしたから。ネットやテレビでも話題になった裏技でもある。注意したいのは、水分を飛ばしすぎると麺が硬くなってしまうこと。電子レンジから取り出したらソースを手早く絡めるのもポイントだ。

結論

マルちゃん焼そばの新商品「亀田の柿の種味焼そば」「亀田の柿の種わさび味焼そば」は、7月29日(火)より全国で販売開始となる。ランチに持参すれば職場の話題の中心になるかも!?期間限定なので、食べ逃すことのないようお店で見つけたらぜひ手に入れてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ