このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

本格料理の味と香りを実現する「菜館」シリーズに新商品「えび油」が登場!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月30日

エスビー食品は調理をサポートしてくれる幅広い商品の数々を提供している。このほどそのエスビー食品から、本格的な中華料理の味わいを与えてくれる「菜館」シリーズより家庭でも手軽に楽しめる香味油として「えび油」が新発売されることが決まった。さっそくこの新商品をシリーズと共に見ていくとしよう!

1. 豊かな風味で家庭の味が本格的に!

家庭料理を本格的な料理店の味にしたいと思っていてもなかなか近づくのは難しいものだが、今回の新商品「菜館 えび油」はそんな悩みを解決すべく生まれた香味油だ。菜種油にえびを殻ごと入れ時間をかけて火を通すことでその旨味と香りを抽出し、ニンニクの豊かな風味とコーン油による味の広がりをプラスしている。

ラーメンやチャーハンをはじめとする中華料理を本場の味に近づけることができるこの商品は、和食や洋食の料理も華やかな中華風の味わいと香りに仕上げてくれる一品だ。また、容器にワンプッシュボトルを採用することで一押しで簡単に手を汚すことなく使うことができる。1本31gで税別希望価格150円、8月12日(月)より販売開始予定だ。

2. 「菜館」シリーズでプロの味に!

「菜館」シリーズは家庭でも簡単に料理店の味わいが楽しめるブランドだ。前菜となるサラダ用のシーズニングや副菜の素からはじまりメイン料理の素に至るまで多くの料理を簡単サポートし美味しく仕上げてくれる。
そのレシピの数々も商品HPで公開されているので気になる方はぜひチェックしてみていただきたい。

「菜館にんにくチューブ」がリニューアル!

使用されるメニューの約3割が中華料理とも言われている「にんにく」。香りはもちろん、味に深みももたらすとあって日々使われている方も多いだろう。そんな方々に使いやすい、「菜館にんにくチューブ」が8月12日(月)からリニューアルし発売となるようだ。

二重構造の特殊チューブを採用することで、開封後の鮮度をより保ち、香りの持ちも長くなるよう改善されている。おろしタイプとみじん切りタイプの2種類を、ぜひ料理メニューに合わせて使い分けてみてはいかがだろうか。

新発売する「麻辣湯の素」とは?

中国で広く親しまれ、今国内でも辛いもの好きのファンも多い「麻辣湯」。「簡易版火鍋」とも言われており、メディアでも取り上げられ話題の料理だ。そんな麻辣湯を自宅で簡単に楽しめる「菜館 小鍋の素」シリーズの新商品「菜館 麻辣湯の素 辛口」が、同じく8月12日(月)から発売となる。

刺激的な辛みと香りが自慢の特製ラー油と合わせる白湯スープには豚・鶏の旨みと6種のスパイスが凝縮されるなど、贅沢に仕上げられている。

豚肉ときのこで5分煮込むだけの簡単アイテムで税別230円と、値段もお手頃なのが実に嬉しいポイントだ。ぜひこちらも気になった方は手に取ってみてほしい。

3. 濃厚で香ばしいえびの出汁の取り方

えびはプリっとした食感と濃厚な味でフライや天ぷら、炒め物や煮込み料理など幅広いレシピに使われており家庭料理でもよく使われている。しかしながら、えびの出汁を使った料理となると一気にハードルが高く感じてしまう方も多いことだろう。実はえびの出汁の取り方は意外にも簡単なのでここで紹介するとしよう。

えびの頭や殻を調理の段階で棄ててしまう人もいるだろうが、しっかりとした旨味が摂れるのでそのまま処分するのは実に勿体ない。まずえびの頭や殻を香り立つまで乾煎りし、浸る程度の水を加えて後はじっくり煮込むだけ。最後にザルや清潔な布巾などで漉し出せば濃厚で香ばしいえびの出汁が完成だ。

塩などで味を調えてスープとして味わうもよし、えびの風味ががっつり効いたいつもと違った料理を楽しむもよし、料理のレパートリーが増え毎日の食事が楽しくなることは間違いないだろう。

結論

えびの旨味を丸ごと取り出したこの新商品「菜館 えび油」は、日常の家庭料理を手軽に本格的な風味豊かな味わいへと仕上げてくれる。容器も使いやすくちょっとした一品のちょい足しにもうってつけのこの香味油を、ぜひ日常の様々な食事シーンで楽しんでいただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ