このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

今話題のバスクチーズケーキを味わえる専門店が箱根にオープン!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年7月31日

SNSを中心に大きな話題を呼びブームとなってきているバスクチーズケーキを提供する専門店が有名リゾート地である箱根にオープンした。新しい箱根の定番商品を目指しお土産にもピッタリなこのチーズケーキは、こだわりがたくさん詰まったグルメには堪らない一品だ。さっそくこのバスクチーズケーキの魅力をお店の紹介とともにお伝えしていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 有名人気リゾートの新グルメスポット

古くから交通や流通の拠点として栄えてきた箱根は、自然豊かな癒しのひと時を過ごせる絶大な人気のリゾート地として有名だ。そんな絶好のロケーションに暖簾を掲げた「箱根チーズテラス」はその名の通りチーズケーキの専門店。カップケーキとして提供することで食べ歩きしながら美しい自然の中でリゾート気分を満喫でき、さらに箱根を代表する新たなお土産品としても喜ばれるようその魅力を発信している。

芦ノ湖元箱根港からリゾート感満載の商店街を北に3分ほど歩いた場所に構える「箱根チーズテラス」は箱根神社にもほど近く、白を基調にした水色のロゴマークが目印の清潔感あるお洒落な佇まいだ。営業時間は午前10時から午後4時までとなっている。

2. 商品づくりのこだわり

コク深い味わいとスムーズな舌触りが特徴のチーズケーキは地場産の素材から作り上げられたものだ。とれたて新鮮なミルクと質の高いチーズクリームを絶妙なバランスで仕立て上げ、トッピングには岩塩・醤油・ブラックペッパーの3つを用意している。

このチーズケーキはお店でスタッフが毎日手作りしているもので、できたてのフレッシュな美味しさが味わえるのもこだわりの1つだ。ラインナップはチーズケーキ本来の美味しさが堪能できる「プレーン」、静岡県産のお茶とコク深いチーズとの相性が抜群の「抹茶」、果実感がしっかりと楽しめる爽やか濃厚な味わいの「いちご」の3つで、取り扱いは冷凍も可能なのでテイクアウトやお土産にも適している。

商品は目玉となるチーズケーキの他にもチーズソフトやチーズタピオカミルクティー、チーズケーキにぴったりのコーヒーや紅茶があり、どれも夏の陽気の中でその味わいとともに最高の気分を感じさせてくれる。

3. バスクチーズケーキが生まれた街

バスクチーズケーキの発祥の地はスペイン北部に位置するバスク地方のサン・セバスチャンという都市だ。欧州の名だたる貴族たちが訪れるこの高級リゾート地は美食の街として有名なだけでなく、美しい街並みや多くの文化や芸術が見られ活気に満ち溢れている。

そのサン・セバスチャンの人気飲食店「ラ・ビーニャ」で提供し始めたチーズケーキがこのバスクチーズケーキの元祖だ。香ばしい焦がしキャラメルのようなパリッとした食感の焼き目と、濃厚で滑らかなチーズの食感が特徴で、コク深い味わいは1つの完成されたデザートとしてはもちろんのことワインなどのお酒にもピッタリで食べ歩き飲み歩きの最後のシメとしても楽しめる。このお店の看板名物料理が元となり、世界中でバスクチーズケーキが親しまれるようになったというわけだ。

結論

景観を欲しいままにする箱根の地だからこそ味わうことができる「箱根チーズテラス」のバスクチーズケーキは、原料からこだわった本格手作りの逸品だ。大切な人たちへのお土産に、そして美しい箱根の空間を満喫しながら頑張っている自分の労に報いる一品として、ぜひその贅沢で新たな味わいを感じてみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ