このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

軽量でコンパクトな充電式電動ドライバーの支援プロジェクトが絶賛実施中!

投稿者:
オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年8月 4日

コンパクトでスタイリッシュなデザインに充電式のバッテリーを内蔵した機能性の高い電動ドライバー「Screwdriver Electric Recharge」は精密機械の調整などからちょっとしたDIYまで幅広く使用できる優れものだ。今回はこの製品が一体どれ程優れているのか、その詳しい説明をしていくことにしよう。従来の電動ドライバーと比較してどのような魅力があるのかしっかりと理解して頂きたい。

1. 利便性と機能性に優れたツール

この度Makuakeにて大好評クラウドファンディング中の製品「Screwdriver Electric Recharge」の大きな特徴は2つある。

まず1つ目は19ものビットが使用でき、手早い作業が必要な場合には電動で1分間150回転という迅速な作業が可能なほか、増し締めなどのトルクを要する場合には手動に切り替えて使用することもできる点だ。

さらに2つ目の特徴はこれらの優れた機能性を持っているにもかかわらず取り扱いの利便性に長けているという点だ。アルミ製のスラっとしたコンパクトな設計はペンケースに納めて携帯することも可能で、さらにUSB TYPE-Cに対応しておりPCなどからも簡単に充電することができる。

従来の充電式電動ドライバーはそれなりの大きさがあるため携帯するには不便でちょっと必要な時に簡単に取り出して使用することがなかなか面倒だが、この製品の場合にはそういった煩わしさを感じることなく手早く使用することができ、さらにはそのコンパクトさで狭い場所や細かい部分の作業がとてもし易いというわけだ。

この製品と共に、より負荷のかかる場合や窮屈な場所でその能力を発揮する、ラチェットドライバー「ScrewDriver FreeTwist」も同じく好評クラウドファンディング中だ。

こちらも電動ドライバーと同じ19個のビットが付いており本体内部に納められるので扱いがとても便利で、本体の素材には強度の高いポリカーボネートを使用しているので強い負荷にも耐えうる強者だ。

2. アロカコ社が提供するサービスDesignNest

オランダのアロカコ社は世界の素晴らしいアイデアやデザインを実際の商品として世に送り出すべく支援する企業だ。今回紹介している製品もこの会社で提供しているデザインネスト(DesignNest)というサービスのもとクラウドファンディングプロジェクトとして形となったもの。優れた構想があっても原料の調達から始まり製造ラインや販売ルートの確保など越えなければならないハードルがいくつもあり、実際に製品化まで辿り着くのはごく僅かというのが現実だが、このデザインネストによってこれまでも数々のアイデアやデザインが商品化され大きく評価されてきている。

今ではこのアロカコ社の代理店は世界中の84もの国々にまで広がっており、巨大な販売ネットワークを形成している。現在もそのノウハウを生かし世界へと踏み出す次のインベンターを排出すべくアイデアを募集中だ。また日本においてはこのアロカコ社の理念や事業内容に共鳴しそのサプライチェーンを共に構築する目的で株式会社ワッションが支援している。

結論

この度紹介したコンパクト電動ドライバー「Screwdriver Electric Recharge」はアロカコ社のサービスによってその優れたアイデアが製品として生み出された高機能ツールだ。ともにプロジェクトに紹介されているラチェットドライバー「ScrewDriver FreeTwist」も含めいくつかの支援プランが用意されているので、興味がある方はぜひMakuakeにてその全貌をチェックしていただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ