このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

するりと注いでキリッと切れる【雪平鍋】が人気沸騰中!

投稿者:
オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年8月 4日

汁物や簡単な炒め物を作る際に必要となる鍋は、暮らしに欠かせない調理器具の一つだろう。そんな鍋の利便性をとことん突き詰めた商品の開発がスタートしている。「aikata ミルクパン」である。このアイカタというフレーズは、相方という文字をなぞらえている。いったいどのようにサポートしてくれるのか、早速その詳細に迫っていくことにしよう!

1. 液だれのストレスから解放!コンパクトで見せたくなるデザインも魅力的

特徴1:液を注ぐときのストレスが少ない

鍋の中の汁をお椀に注ごうと思ったときに、鍋を伝って汁がこぼれてしまった経験はないだろうか。「aikata ミルクパン」なら注ぐ際に液だれしにくいのはもちろんのこと、最後にキリっと汁が切れる。汁を注ぐ際の緊張感が和らぐのはストレスフリーだ。

特徴2:小回りの利くコンパクトサイズ

ちょっとした料理がしたい場合や、一人分温めたいというケースは日々の暮らしでは頻繁に現れる。そんなときに気軽に使える調度よいサイズであるところも「aikata ミルクパン」の魅力の一つだ。小回りが利きやすく、片手で持ちながらお弁当箱に料理を詰めていくようなこともたやすい。

特徴3:見せたくなるようなモダンなデザイン

調理器具はものによっては生活感が出てしまうことから、収納する必要が出てくることがある。その点、「aikata ミルクパン」は槌目加工を無くして、直角に近いスマートなフォルムを追求している。結果として、棚にしまうより壁にかけて見せたくなるようなモダンなデザインに仕上がっている。

2. 「aikata ミルクパン」のプロジェクトが発足した背景

料理に欠かせない調理器具の一つが鍋であるが、選び方や使い道を誤るとそのまま使わなくなってしまうという問題が目立つ。例えば、大きいものを選ぶと、狭いシンクで洗うのが大変だったり、汁物を作りすぎて余らしてしまったりする。また、収納するときにも厄介なことが起こりがちだ。ほかの調理器具を上に重ねてしまうと、次に使おうとしたときに取りづらくなる。これらはあくまで一例だ。

理由はともあれ、すでに鍋を使わなくなり、眠らせてしまっているご家庭もあることだろう。このような背景を踏まえて、「aikata ミルクパン」の開発プロジェクトが立ち上げられた。現在、makuakeで開催されている本プロジェクトには、数多くの支援者が集まり、目標金額を達成している。どれほどの人々が新しい鍋の存在に期待を寄せているのかを、makuakeのHPでぜひ確かめてみるとよいだろう。

3. 雪平鍋が日本で親しまれている理由

今回の紹介した鍋は、その種類にも特筆すべき点がある。鍋の中でも雪平鍋を採用しているのだ。果たしてどのような特徴があるのか詳細をまとめてみよう。雪平鍋は和風料理店でよく見られる鍋だ。鍋全体に熱が回るのが早くて水分が蒸発しやすい。その点から、煮物料理やみそ汁など、日本料理を気軽に調理できる代物として浸透している。

また、小ぶりなデザインに加えて、注ぎ口と持ち手がついている点も特徴的である。この点については今回の開発商品にもその特徴が見受けられる。そのほか、アルミ製の雪平鍋だと、酸化反応が起きやすく、使い込むほどに味が出てくるという長所もある。雪平鍋が日本で広く親しまれているのには、これらの長所や利点が少なからず関係しているといえよう。

結論

「aikata ミルクパン」の魅力を紹介したがいかがだったろう。ちなみに、「aikata ミルクパン」は現在makuakeにて好評クラウドファンディング中である。支援することで通常よりお得な割引価格で商品を入手できる。本製品がほしいという人は、ぜひ支援してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ