このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ごはんとの相性抜群!のっけるふりかけからさば味噌味が新登場!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年9月 2日

ごはんにのっけるだけで絶品に仕上がるのがビン入りの鮭フレークだ。ただ、毎日同じ種類を食べていると飽きてしまうこともあるかもしれない。その際におすすめしたいのが、さば味噌のふりかけだ。鮭フレークとは異なる魅力で毎日の食卓を彩ってくれる。早速、その詳細に迫ってみよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ごはんにのっけるだけで贅沢なさば味噌ごはんを堪能できる!

「のっけるふりかけ さば味噌」はその名の通りごはんにのっけるだけで、贅沢なさば味噌ごはんを堪能できる優れものだ。

特徴1:ごはんによく合う

しっとり食感でたっぷり具材がギュッとつまったふりかけは、ごはんとよく合って箸が止まらなくなる。おにぎりの具としても相性がよさそうだ。

特徴2:国産サバを使用

旨みたっぷりの国産さばを採用。じっくりと味噌で煮込まれた素材は甘さとコクがやみつきになる。

特徴3:生姜の香りでスッキリ

甘さがしつこくならないように生姜を効かせている。ほんのりとした香りが後味をスッキリと引き締めてくれる。

特徴4:瓶入りタイプ

さば味噌100gが瓶にぎっしりと詰まっている。一度開封してもふたを閉めなおせるので、自分が食べたい分だけ取り出せるのは気軽だ。

2. のっけるふりかけシリーズとは?豊富なラインナップにも注目!

新商品の説明を受けて、のっけるふりかけシリーズについて興味を持ったかたもいるかもしれない。のっけるふりかけシリーズの特徴についても改めて説明しよう。のっけるふりかけシリーズは、数種の具材が丁寧に煮込まれ、素材本来の美味しさをお届けしている。

瓶のふたを開けるだけで、しっとりとザクザクした具材がおかずの一品として食卓に並ぶ。ちなみに、のっけるふりかけシリーズは数多くのラインナップが魅力的だ。鮭の旨みと明太子の辛味が絶妙にマッチした「のっけるふりかけ 鮭明太」、ごま油風味のピリ辛加減がたまらない「のっけるふりかけ 高菜鶏そぼろ」、レモンの酸味が爽やかな「のっけるふりかけ ねぎ塩豚そぼろ」などが挙げられる。

そのほかの種類もたくさんあるので、丸美屋の公式HPでぜひチェックしてみるとよいだろう。

3. さばについての食知識

新商品に使われているさばは、さまざまな形で日本国民に親しまれ続けている食材の一つだ。ここからはさばについての食知識を紹介していこう。

さばに含まれる栄養素

骨や歯の健康に欠かせないビタミンDや、脳を活性化して記憶力の向上をもたらすとされているDHA(ドコサヘキサエン酸)などがある。さばは、美味しいだけでなく、豊富な栄養素が含まれているところも魅力的だ。

さばのおすすめの食べ方

一風変わったおすすめの食べ方として、さばサンドを紹介したい。実はこれ、イスタンブールの名物料理で、現地では「バリック・エクメッキ」という名で親しまれている。主に、鉄板で焼いたさばを野菜と一緒にパンで挟むだけで完成する。世界で最もヘルシーなファーストフードともいわれるサンドイッチであるため、健康志向の人にもうってつけだ。

結論

「のっけるふりかけさば味噌」は8月22日(木)から新発売される。たっぷり詰まった具材としっとりした食感は、一度味わったらやみつきになる。のっけるシリーズを試したことのない人は、今回の新商品の発売を機に、のっける幸せを味わっていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ