このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

人気時短料理アイテムうちのごはんシリーズ新商品!まろやか白湯鶏キャベツ

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年8月14日

たった2種類の具材だけで本格的な家庭料理が短時間で作れるキッコーマンの人気調理アイテム「うちのごはん煮込み料理の素」シリーズに「まろやか白湯鶏キャベツ」が新たに加わることとなった。フライパン1つあれば忙しい日常の中でも簡単に美味しい料理が楽しめてしまうこの新商品の魅力をさっそく見ていくことにしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 商品の特徴と調理方法

今回の新商品は薄口醤油を下味にホタテや鶏油の香りと味わいが効いた白湯スープに焙煎ニンニクと生姜の風味を纏わせており、口当たりがよくコク深いその味は白米にぴったりで思わず箸が進むこと請け合いの一品だ。内容量102gで希望価格200円、8月19日(月)より全国で販売が開始される。

調理方法もとっても簡単で10分程度で作れてしまう。特製だしと特製白湯だれで1パッケージとなっているこの商品で作れる量は2~3人分で、あらかじめひと口サイズに切っておいたキャベツと鶏モモ肉それぞれ300g程(キャベツの目安はおよそ1/4玉)を特製だしと150mlの水と一緒にフライパンで煮込み、仕上げに特製白湯だれを加えて2分ほど火を通しながら絡めるだけで完成だ。

2. バラエティ豊かな「うちのごはん」シリーズ

「うちのごはん」は簡単調理で作ることができ、化学調味料及び着色料を一切使用しておらず優しい味わいに仕上げることができ、素材本来の味を引き立て美味しく野菜を摂れるよう安定の家庭料理の味をいつでも楽しむために作られたブランドだ。数々の本格的な料理を再現できるラインナップは様々なシーンに合わせて使い分けることができる。

ラインナップは今回の新商品がカテゴライズされている「煮込み料理の素」のほかに3つのシリーズがある。切り分けた素材と商品を加えて炒めるだけの「おそうざいの素」、炊き立てご飯や温め直したご飯に商品を混ぜ合わせておむすびやお弁当にもピッタリのしっとり炊き込みご飯の味が楽しめる「混ぜごはんの素」、指定の野菜を1品電子レンジで火を通し商品と絡めれて出来上がりの副菜アイテム「彩り野菜おかずの素」だ。

3. キャベツの栄養と保存方法

たっぷりの食物繊維をもつキャベツは、サラダなどの前菜や肉料理の付け合わせから始まり炒め物や煮込み料理まで幅広く楽しめる万能食材だ。そんなキャベツの特に豊富な栄養素はビタミンK・ビタミンC・葉酸だが、その他にもいくつものビタミンやミネラルなどを持っている。

そんなキャベツを長持ちさせるための保存方法を紹介しよう。条件によって保存可能な期間は変わってくるものの、芯を抜いた状態で保存するほうがはるかに鮮度を保ちやすいということだ。玉のままキャベツの芯をくり抜き湿らせたキッチンペーパーを詰めておく。同じく湿らせた新聞紙でくるみビニール袋に入れる。この時空気の出入り口を作るため袋の口は軽く開けておくようにしよう。芯の部分が下になるように冷蔵庫に入れ、使うときは1枚ずつ葉を剥がすようにするとよい。

結論

今回紹介してきた「うちのごはん 煮込み料理の素 まろやか白湯鶏キャベツ」は時短料理で鶏モモ肉とキャベツの味わいを白湯の深い味わいで楽しめる優れたアイテムだ。豊富なバリエーションのブランドラインナップとともに日常の食卓をより豊かにしてくれるこの商品で、楽しい食事のひと時をぜひ堪能していただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ