このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

全ての肉好きに贈る!「キッコーマン ステーキしょうゆ」粉末タイプ発売

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年8月17日

ステーキや肉料理が大好きなあなたに、ぴったりの調味料が新発売となる。「キッコーマン ステーキしょうゆ 粉末しょうゆ&スパイス」は、自宅で焼き上げるステーキがより美味しく仕上がる調味料だ。ステーキに直接ふりかけるもよし、下味付けに使うもよし。ステーキだけでなく、様々な料理にも応用の効く万能調味料だ。さっそく新商品の魅力や、ステーキにまつわる耳寄り情報をご紹介していこう!

1. 「ステーキしょうゆ 粉末しょうゆ&スパイス」の魅力とは

ただの粉末醤油じゃない!こだわりぬいた風味がポイント

キッコーマンから発売となる「ステーキしょうゆ 粉末しょうゆ&スパイス」は、肉料理専用に開発された調味料だ。独自の技術で粉末化したしょうゆは、液体と同じように味や香りを感じることができる。大きめの粒仕立てになっており、サクサクとした食感も楽しい。

ポイントは、ただ醤油を粉末にしたわけではないということ。黒胡椒、オニオン、ガーリック、赤唐辛子、オールスパイス、コリアンダー、オレガノなど11種類のスパイスやハーブを組み合わせ、食欲をそそる香りも引き立つ。また、肉特有の臭みを消して、旨みやコクを引き出してくれるので、お肉料理のワンランクアップに一役買ってくれること間違いなしだ。

料理に幅広く応用が効く!

程よく焼き上げたステーキに「ステーキしょうゆ 粉末しょうゆ&スパイス」をふりかけていただくのももちろん美味しいが、楽しみ方はそれだけではない。さまざまな応用パターンがあるのでご紹介しよう。

たとえば肉を焼く前に「ステーキしょうゆ 粉末しょうゆ&スパイス」をふりかけると、肉汁を閉じ込めてジューシーな焼き上がりに。肉野菜炒めを作る際にも、具材にあらかじめふりかけておけば、野菜の水分でべちゃっとしてしまう心配もない。
そのほか、ローストビーフやから揚げなどの下味付け、炒飯やパスタなどの味付けなど、肉料理以外にも幅広く応用がきく万能調味料なのだ。

2. キッコーマン「ステーキしょうゆシリーズ」を徹底解説!

キッコーマン「ステーキしょうゆシリーズ」は、1994年の発売から25周年を迎えるロングセラー商品だ。現在は4種類のフレーバーをラインナップしており、今回シリーズ初の粉末タイプが登場する。それぞれのフレーバーについてご紹介していこう。

「あらびきおろし」は、たっぷりのおろし野菜入りのあっさりとした風味が特長。「にんにく風味」は、肉料理と相性抜群のローストにんにく入りだ。「じっくり炒めたたまねぎ風味」は、炒めたたまねぎの旨みとコクがポイント。「トリュフ&ポルチーニ風味」はトリュフとポルチーニ加え、隠し味に赤ワインビネガーをプラスした贅沢なソースだ。

3. 知っていれば自慢できる!?ステーキ豆知識

次のトレンドはこれ!?「トマホークステーキ」とは

あなたは「トマホークステーキ」をご存知だろうか?一斉を風靡したあのTボーンステーキに続く、トレンドメニューだ。

そもそも「トマホーク」とは、アメリカンインディアンが使う斧のこと。その名の通り、斧の形に似た牛のリブアイという部位を使っており、見た目のインパクト大だ。赤身と脂身のバランスが絶妙なトマホークステーキは、見た目だけでなく味も絶品。アメリカからブームに火がついたトマホークステーキだが、日本でもブームの兆しを見せている。SNS映えも間違いなし。気になった方はぜひチェックしてみてほしい。

これであなたもシェフ!「フランベ」のやり方解説

フランベは、フランス料理で使われる調理のテクニック。ブランデーなどのお酒をフライパンに回しいれ、具材に炎が立つ様子を一度は目にしたことがある人も多いだろう。フランベすることで、お酒の香りを具材に移したり、旨みを閉じ込めたりすることができる。そんなフランベは、コツさえ抑えれば初心者でもトライ可能だ。

初めに注意すべき点をチェック。フランベは火柱が立つため、燃えやすいものが周囲にないか、天井の火災報知器に火が届く恐れがないか確認が必要だ。次にフランベのやり方。ステーキを程よく焼き上げたら、フライパンの中央にブランデー大さじ3を投入。フライパンを傾けてコンロの火が着火すると、一気に火柱が立つ。火が消えたら出来上がりだ。決して炎の中を覗き込んだりすることのないよう気をつけよう。

結論

キッコーマン「ステーキしょうゆ 粉末しょうゆ&スパイス」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。発売日は8月19日(月)となっているので、気になった方は是非チェックしてみてほしい。普段のステーキがランクアップすること間違いなしだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ