このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

極上の滑らかさ!パルムからキャラメルチョコレート味が新発売!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年8月19日

日常にちょっとした贅沢をもたらしてくれるPARM(パルム)は、口どけのよいチョココーティングと、なめらかでコクのあるアイスクリームの相性が抜群である。そのパルムから、さらに贅沢感あふれるキャラメルチョコレート味の新商品が発売される運びとなった。早速新商品の特徴を解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 今回のパルムはロレーヌ産岩塩と奄美大島産サトウキビの原料糖を使用!

新商品のパルムは、従来のものとクリームが一味違う。何が異なるのかというと、二種類のクリームが渦巻き状に充填されているのだ。まず、茶色いカラメルアイスクリームは香ばしいビターな味わい。奄美大島のサトウキビから作った原料糖を使用しているところにこだわりを感じる。

もう一方のキャラメルアイスクリームは、カラメルアイスクリームより若干薄色で、隠し味にフランスロレーヌ産の岩塩が仕込まれている。甘じょっぱさが好きな人にはたまらないポイントだろう。もちろん、それらのアイスクリームの上にはパルムならではの口どけのよいチョコレートがコーティングされている。素材にこだわった内側のアイスクリームとチョコの相性を、ご自身の舌でぜひ味わってみてほしい。

2. パルムが目指したのは大人が満足できる極上の滑らかさ!

数多くのアイスクリームが存在する中で、誰にもまねできないようなオリジナルアイスクリームを目指して作られたのがパルムである。具体的には大人が満足できる極上の滑らかさをコンセプトにしている。

なぜ、滑らかさに焦点を絞っているのかというと、客観的な分析に基づいていることがわかる。実は、日本人は舌が繊細で、食感や口当たりを重視する傾向にある。おいしさにこだわる大人こそ、その傾向が特に強いらしく、そのような観点からパルムの開発は進められたとのことだ。

現在、パルムは大人向けアイスクリームの市場を確立することに成功し、300円の箱アイスクリームが主流の中で、450円の価格でちょっぴり贅沢な逸品として販売されている。ほかのアイスクリームとの違いを食べ比べてみるのも面白いかもしれない。

3. パルムのラインナップをおさらい!

ちょっぴり贅沢なパルムは、多彩なラインナップでも大人の味わいを楽しませてくれる。スタンダードのチョコ味をはじめ、そのほかの商品も紹介しよう。

チョコレート味

バニラの味をさらに引き立てるためにマスカルポーネチーズを使用している。また、外側のシンプルなチョコレートには実は大きな秘密がある。体温と同じ温度になると液状になるように工夫されているため、チョコがポロリとこぼれる心配がない。

ストロベリー味

チョコの代わりに口どけが甘酸っぱいストロベリーチョコでコーティングしている。苺本来の甘みと酸味を体感できる大人の逸品だ。

抹茶味

コーティングされている抹茶チョコレートは宇治抹茶を使用。抹茶由来の旨み、甘みが感じられるほか、苦みまでしっかり再現されている。単なる甘いアイスクリームでは満足できない大人にぜひおすすめしたい。

結論

「PARM(パルム) キャラメル&チョコレート」は8月26日(月)から、2020年3月頃までの期間に限定発売される。奄美大島産のサトウキビやロレーヌ産の岩塩などにより、いつもと違った複合的な味わいを楽しめるパルムは、日常に新たな癒しのひと時をもたらしてくれるに違いない。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ