このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

レンジでチンするだけ!?うちのごはんシリーズ「ちゃんぽんの素」と「牛だしクッパの素」新登場

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年8月23日

「キッコーマン うちのごはん レンジにおまかせ」シリーズから、「ちゃんぽんの素」と「牛だしクッパの素」の二種類が新発売!どちらも電子レンジで簡単に1人前の主食を作れる優れた逸品だ。今回は、それぞれの商品の特徴とともに、気になるちゃんぽんやクッパに関する豆知識をご紹介していこう。

1. まろやかでコクと旨みのある味わい!ヘルシーなところもうれしい

まずは「ちゃんぽんの素」から紹介しよう。味についてだが、豚骨と鶏ガラのダブルスープに魚介だしを加えることで、旨みとコクのあるマイルドな風味を実現している。気になる具材は、豚肉とシイタケが入っている。また、一人前で約347kcalとヘルシーである点も、健康志向の人にとって魅力的であろう。

作り方については、まず、電子レンジに対応した深めの皿に、ちゃんぽんの素と、冷凍うどん1玉、市販のカット野菜1袋を入れる。そして、水を加えた後、ラップをかけてチンすれば完成だ。ちなみに、電子レンジのワット数と加熱時間は、それぞれ600Wと7分である。

この商品のパッケージにはうどんが描かれているが、その代わりにご飯や豆腐を用いるなどしても美味しくいただける。お好みの食べ方を見つけるのも楽しみ方の一つといえるだろう。

2. 牛肉の旨みが詰まったスープを堪能!ごま油の風味も食欲をそそる

次に、「牛だしクッパの素」を紹介する。最大の魅力は牛肉の旨みがしみこんだコクのあるスープだ。ごま油が含まれていて、豊かな香りが食欲をそそってくる。さらに、そこに加わるのが牛肉ときくらげの具材だ。それらによって、しっかりとした食べ応えに仕上がっている。「ちゃんぽんの素」と異なるのは、冷凍うどんの代わりに冷凍ご飯を使うところである。その点で、麺類よりお米を好む方におすすめできる。

作り方は「ちゃんぽんの素」と同様で、7分電子レンジで加熱するだけで本格クッパを作れる。まな板や包丁などの調理器具を使わずに済むので、料理の時間が取りづらい社会人にはありがたい存在といえよう。こちらの商品も、カロリーが352kcalでヘルシーになっている。食生活が偏ってしまいがちな一人暮らしの生活に役立つ逸品になるに違いない。

3. 意外に知らない「ちゃんぽん」と「クッパ」の豆知識

ちゃんぽんは長崎だけじゃない?

ちゃんぽんといえば長崎を思い浮かべてしまいがちだが、そのほかのエリアでもご当地ちゃんぽんがある。例えば、北海道の網走ちゃんぽん、滋賀の近江ちゃんぽん、愛媛の八幡浜ちゃんぽんなどだ。そのほか、鳥取ではカレーちゃんぽんなるものが存在しており、独自の発展を遂げている。機会があったら食べ比べてみてはいかがだろうか。

クッパが韓国の定番メニューである理由

なぜ、クッパは韓国の定番メニューになっているのかについて言及したい。韓国は湿気がなく、乾燥した気候である。その点で、水分を摂取できるスープが食卓に根付いたとのことだ。ちなみに、クッパの名前はスープご飯を意味している。具体的には、「クッ」がスープを表し、「パプ」がご飯を表しているとのことだ。

結論

「野菜をたべる ちゃんぽんの素」と「野菜をたべる 牛だしクッパの素」はそれぞれ2019年8月19日(月)から全国で発売される。これらの商品は自宅にある残りの野菜を使うなどしても独自のアレンジが楽しめる。公式HPでアレンジレシピなどが紹介されているのでぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ